ゴッドファーザー PARTII(2作目)

映画史に残る傑作「ゴッドファーザー」の続編

映画『ゴッドファーザー PARTII』のフル動画を無料視聴する方法をシリーズ完備でレコメンドしています! 目移りするたくさんのリンクはないです。
今すぐ『ゴッドファーザー PARTII』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Godfather Part II(「ゴッドファーザー2」「ゴッドファーザー PART2」) / アメリカ(1974年) / 日本公開:1975年4月26日 / 202分 / 制作:The Coppola Company / 配給:パラマウント映画 / 前作:『ゴッドファーザー』 / 次作:『ゴッドファーザー PARTIII

ゴッド・ファーザーPART2 – 予告編
動画
▼『ゴッドファーザー PARTII』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『ゴッドファーザー PARTII』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作には価値がある!
不朽の名作として語り継がれている作品はそれだけの魅力が詰まっている証拠です。そんな映画はまだ見ていない人でも、見返したい人でも、見ごたえは変わりません。そういうときに役に立つのが、動画配信サービスです。ネット配信なので、シリーズものには強く、一気見するのも簡単。スマホでも見られるので旧作をいつでも手軽に鑑賞できます。レンタル店に行かずに今では自由に映画を持ち歩くのが当たり前になりました。

「無料」より安いものなし!
しかも、ビギナーズの皆さんに朗報です。無料体験の提供がプレゼントされているのはほぼスタンダードになってます。言葉だけでは理解しづらいのですが、具体的には登録日から2週間などタイムリミットありきで、これといって制約を生じさせずにサービスを無料で試せます(詳細な期間は各社のサービスで違うので注意)。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。フランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー PARTII」もアリ。

どんな作品であっても!
不正な動画ウェブサイトはそれ自体が根本的なリスクを持つのであり適法性・実用性の二点で非推奨。それでアル・パチーノ主演の「ゴッドファーザー PARTII」の視聴はダメです。「気をつければ大丈夫では?」そういう油断は足元をすくわれます。悪意をもった人間が裏で暗躍しているのです。個人情報が悪用されたり、大事なスマホがのっとられたり、目も当てられない惨状になれば手遅れです。たかが違法動画サイトでもそのリスクは想像以上に甚大です。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんてひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

これに決めた!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。ところが、どのVODでお目当ての作品が配信しているのでしょうか。一応、Google検索で映画タイトルをググるとVODが示されますが、それは一部にすぎません。ロバート・デュバル出演の「ゴッドファーザー PARTII」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。配信サービスを示すアイコンがズラリと並べば、それは迷ってしまう一方で、そのぶん選択の幅が多いです。その中でも未利用のものをセレクトして無料視聴へGOです。

古い作品ならもしかして…
公式ではないかたちでネット上に映画本編の動画がアップされていればそれは違法性が極めて高いですが、そうではない特殊事例があります。それがパブリックドメインというものです。覚えておいて損はしない言葉です。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは権利者による著作権がコンテンツに生じていない作品のことです。法律で決まっている期限が切れてしまった場合、何らかの事情で権利が生じなかった場合、その映画はネットにアップロードしても後ろめたい問題ありません(字幕などは翻訳として別に権利があるので注意です)。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画は邦画とは違う雰囲気を楽しめるのが醍醐味ですが、「字幕」にするか「吹き替え」にするかというのは考えないといけません。動画配信サービスはそのまま再生するとデフォルトの翻訳スタイルになりますが、しっかり選択できます。再生画面内の下部にある設定をチェック。場合によっては片方しかないときもありますし、常に選択肢が豊富というわけではないですが、個々のサービスによっては充実した外国語翻訳があなたを待っていることもあるのです。「ゴッドファーザー PARTII」の面白さの発見につながるかもしれません。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ダイアン・キートン出演の伝説的犯罪映画「ゴッドファーザー PARTII」鑑賞完了後に解約もアリ。解約はできないと困ります。ましてやそこで制限があったりすると極めて不便です。しかし、VODの退会手続きはワンタッチで可能なのでどこよりもスピーディに実行可能。これといって躓くことは全くありません。まずは公式サイト内にある専用ページへ行き、そこで契約解除をクリック。これで完了です。メールでの再確認を求められた場合は、そのリンクからアクセスして認証すればいいだけ。もう見る動画がない、個人情報を削除したい…そういう場合には気軽に実施できますので、変に考えすぎなくてもOK。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。ロバート・デ・ニーロ出演のマフィア映画の金字塔「ゴッドファーザー PARTII」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的な視点で見てみるだけでも新しい扉が開けて、映画の沼にハマれます。

『ゴッドファーザー PARTII』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月11日時点での『ゴッドファーザー PARTII』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『ゴッドファーザー PARTII』をさらに知る

フランシス・フォード・コッポラ監督の代表作にして、マフィアのコルレオーネ・ファミリーの歴史を綴る、1972年に公開された『ゴッドファーザー』の続編。ゴッドファーザー、ビトー・コルレオーネの縄張りを継いだ三男のマイケルが次々に宿敵を倒し、ファミリーを形成していくまでの過程を、若き日のビトーの足跡を挿入しながら描く。時代は動く中で、この家族も動き出す。1901年。シチリアのコルレオーネ村で、ヴィトー少年の父アントニオ・アンドリーニの葬儀が行われている。いつも殺しが身近にある世界だったが、今回の死はある出来事によるものだった。彼は地元マフィアのボス、ドン・チッチオへの上納金を拒んだため、そのせいで殺された。葬列に銃声が響いて、一人の女性が叫び声を上げる。チッチオに復讐しようと目論んだヴィトーの兄パオロが、返り討ちにあったのだった。

★『ゴッドファーザー PARTII』のスタッフ


監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:フランシス・フォード・コッポラ、マリオ・プーゾ
撮影:ゴードン・ウィリス
音楽:ニーノ・ロータ

★『ゴッドファーザー PARTII』のキャスト


アル・パチーノ、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ、ジョン・カザール、タリア・シャイア、リー・ストラスバーグ、マイケル・V・ガッツォ、マリアンナ・ヒル

★『ゴッドファーザー PARTII』の評価

IMDbRTMETA
9.097%90
映画comY!FM
4.14.424.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ゴッドファーザー PARTII』の感想

●『ゴッドファーザー PARTII』FILMAGA  
ファミリーを何よりも大切にしてきたビトーとの対比の意味でも、ビトーの過去とマイケルの現在を交互に描いていくことで人生の分かれ道の残酷さを描いている。「ゴッドファーザー」シリーズというのは犯罪集団という非社会的な存在を描いてはいるものの、その本質は私たちとなんら変わりないことがわかる。だからこんなにも感情移入してしまうのだろう。それが彼らの人生であってもどこかで鏡のように自分を見ているような気分になるのだ。
●『ゴッドファーザー PARTII』シネマトゥデイ  
今作は何と言っても、ロバート・デ・ニーロのなりきりマーロン・ブランドに尽きると言いきれる! 声、喋り方、佇まいなどなど、後半にはマーロン・ブランドに見えてくるぐらいの驚異的なそっくりさで驚きだ。最初に家族を殺され孤独になるヴィトーのシーンから始まり、信頼を失って孤独になるマイケルという締め方も、一種の王道的な起承転結があって美しいほど。なぜここまで世界の違う彼らに心を委ねてしまうのだろうか。不思議だ。
●『ゴッドファーザー PARTII』FANDANGONOW  
絵がいい。前作のヴィトー・コルレオーネの死に際を撮ったものと同様、あまりにも印象的なロングのフィックスショットに唸る。続編はオリジナルを超えられないと言うのが通説だが、甲乙付けがたい出来映えにまで仕上げてしまった製作陣の手腕が怖いくらいだ。複雑な感情描写に成功していることですでにキャラ愛が生まれてしまい、観客も他人事では観られなくなっていく。この術中にハマってしまったら、もう逃げられないのだろう。