傷だらけの悪魔(2017)

学園での復讐を描く話題の人気コミックが衝撃の映画化

映画『傷だらけの悪魔』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 目移りする膨大な数のリンクはないです。
今すぐ『傷だらけの悪魔』を見るなら動画リンクをチェック。

累計2000万ダウンロードを超える漫画アプリ「comico」で連載の澄川ボルボックスによる同名マンガを実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは芦田健、升田年則、堀内大示、丸山俊。親の都合で田舎のとある高校に転入した葛西舞。そこで出会った小田切詩乃は、中学時代に舞のグループからひどいイジメに遭っていた。学校という狭い世界での暴力と陰湿な迫害は思春期の若い心をゆがめていく。舞は詩乃のことをまったく覚えていなかったが、過去の恨みを忘れていない詩乃は舞に復讐を決意。詩乃による舞へのクラスメイトを巻き込んだ予想外の復讐劇がはじまる。

原題:傷だらけの悪魔 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年2月4日 / 97分 / 制作: / 配給:KADOKAWA

【予告】傷だらけの悪魔

(C)2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『傷だらけの悪魔』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに利用拡散中!
人間が抱えている闇をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな愚直なほどインパクトのある映画を満喫するなら、動画配信サービスを利用しましょう。これは2種類のタイプがあります。まずは単体作品ごとにレンタルするもので、コストを一番少なく抑えられることが多いです。もっとたくさん見たいなら、対象作品が見放題になるものがベスト。月額や年額で無数の映画を観ても自由になるので、たっぷり楽しめます。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。「具体的にどんなものなのかわからないから手を出しにくい…」そんな不安も大丈夫。簡単に言えば期間限定で無料試用できるものであり、悩まず利用できます。「無料ホームシアター的な体験がしたいのだけど…」そんな要望にも限りなくお答え。視聴媒体を選びませんからどのような再生環境にも対応させやすいのが最大級の利点でもあります。「傷だらけの悪魔」も配信中。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「傷だらけの悪魔」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんてひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「傷だらけの悪魔」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。意外な話ですが情報が更新されるサイトというのはマイナー系では珍しいです。コツコツと毎年毎日頑張っています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

原作もついでに見よう
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので、経験すれば病みつきに!

悪いサイトを追い出すために
インターネットの動画は金鉱山のように魅惑と危険に満ちていますが、その中にある海賊版動画は爆弾のようなもので周囲を巻き込んで甚大な被害を与えます。それを一掃するにはどうすればいいのでしょか。先行研究の進んでいる専門家の指摘によれば、ブロッキングやフィルタリングは必ずしも完璧な効果を与える特効薬にはならないことがわかっています。そこでVODの役割は大事です。不正なユーザーを公正なサイトへの誘導して状態を健全化する、ネット自由度に影響も与えない、前向きな対策。「傷だらけの悪魔」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「傷だらけの悪魔」は? 初めて利用する人は必ず登録が必要になるものですが、その日を起点に特定の期間、支払い料金が保留されると考えると良いでしょう。月額の料金請求はその期間後となります。期間が終了したからといって2月分の料金になるわけではありません。まさに初回無料ということです。当然、すでに過去に登録したことのあるユーザーは基本的に使えないテクニックとなるので注意(その場合は登録した時から有料)。しっかり覚えておきましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
不法アップロード動画が出回っている海賊版動画サイトは、いろいろなタイプがあり、共通点があるとすれば海外のサーバーで機能し、外国語で成り立っています(場合によっては稚拙な日本語訳でトランスレーションされていることも)。これら動画の数々は無料に見えて1円も無料ではありません。「傷だらけの悪魔」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『傷だらけの悪魔』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月22日時点での『傷だらけの悪魔』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『傷だらけの悪魔』をさらに知る

★スタッフ
監督:山岸聖太(関連作品:『全員、片想い』)
脚本:松井香奈
撮影:ナカムラユーキ
音楽:吉川清之、田勇気

★キャスト(キャラクター)
足立梨花(葛西舞)、江野沢愛美(小田切/玖村詩乃)、加弥乃(藤塚優里亜)、岡田結実(名取静)、藤田富(黒木唯)、小南光司(当麻篤史)、川原亜矢子(葛西京子)、宮地真緒(大瀬戸翠)、仲谷香春(栄千翔子)、芋生悠(近藤千穂)、高野海琉(大倉涼)、YUKINO(山本萌菜)、中島愛蘭(阿部美波)、花影香音(花房宏子)、吉増裕士(市川直治)、キタキマユ(長谷川里香)、蓑島宏美(青山玲奈)、岩井七世(墨田葉子)、伊藤万理華(マリコ)

★インタビュー
・足立梨花「最初“いじめられる役”と言われて、“いじめる役の間違いじゃないですか?”とマネージャーさんに聞いた記憶があります(笑)」
・足立梨花「原作で“ゲス顔”と呼ばれるニヤッっとした表情が印象的だったので、ゲス顔をしっかりマスターしようと(笑)」

★雑学(トリビア)
・主題歌「NAI NAI NAI」を歌うLily’s Blowは、応募総数約1万人の中から選ばれた。
・主題歌「NAI NAI NAI」のMVは、本作のスピンオフショートムービーとなっている。

★『傷だらけの悪魔』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『傷だらけの悪魔』の感想

●FILMAGA 
いじめ系の映画ってあえて見ようとはなかなかしない。それはもしかしたら日常でいじめなんて観飽きているからかもしれないし、自分の中にある罪悪感にチクりと心が痛むからかもしれない。いじめられた子もいじめられた子も誰も救われない話。現実のいじめも、腑に落ちるような解決に至ることはないので、この作品の流れは当然のように理解できる。それでもときおり見せる映画的な飛躍に少し心が弾んだのも正直な気持ちでもありました。
●BILIBILI  
「ポップで残酷なガールズバトル」という表現がぴったり。イジメの内容は陰湿だけれど、イジメられる足立梨花の負けん気が強いから、そこまでの劣等的な下地からくる不快感を感じないつくり。いわゆるifを描くのが狙いなのだろう。メンタルが弱いとあっという間に飲み込まれてしまうイジメの構図。皆が勝者であろうと常に強いものになびくなか、彼女の振り切れた解放は清々しい。社会問題に警鐘を鳴らすのはほどほどに映画としてまず楽しめる。