咲 Saki(実写映画)

人気麻雀漫画、美少女だらけで実写映画化

映画『咲 Saki』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『咲 Saki』を見るなら動画リンクをチェック。

ヤングガンガン(スクウェア・エニックス)にて2006年より連載され、テレビアニメ化も幾度となくされた、小林立の人気漫画「咲-Saki-」の実写映画。プロデューサーには行実良、竹内崇剛、深迫康之、山田香菜子などが名を連ねる。21世紀、世界の麻雀競技人口は1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されるようになっていた。これこそが若者が青春をかける最高の存在だった。高校1年生の宮永咲は、天才的な麻雀を打つ同級生・原村和に感化され、麻雀部に入ることを決意する。とても賑やかで個性豊かな仲間に囲まれながら、勝負の緊張感をともなう刺激的な麻雀の魅力に一層とりつかれていく宮永咲。しかし、彼女たちの前には強烈な強者たちが待ち受けていた。

原題:咲 Saki / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年2月3日 / 109分 / 制作: / 配給:プレシディオ / 次作:『咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A

映画『咲 Saki 』 60秒予告

©小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『咲 Saki』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

夢中になれる動画がここに!
熱烈なファンによって支えられている作品はそれだけの魅力が詰まっている証拠です。何よりも俳優が楽しんで演じているとなおさら楽しいです。そんな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスは外せません。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、メリットもたくさん。とくにダウンロード機能が便利で、外出先でも通信制限を気にすることなく、スマホでも自由に鑑賞できるのは非常に嬉しいです。

「無料」より安いものなし!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。利用した後に好みに合わないことが発覚しても嫌なものですが、多数のサービスを無料範囲内でお試しすることで「これはOK。これはまあまあ」と採点しながら自分なりの比較もできます。「解約制限みたいなのはないのだろうか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「咲 Saki」の再生はダメです。問題点はいつも潜んでいます。例えば問題性がクローズアップされているリーチサイトの中にはユーザーを有害コンテンツへと巧みに陥れようとしてくるものも。それらはマイナスダメージだけを受けるのですぐにブラウザバックしましょう。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、ここで難問がひとつ。それが、VODの種類の膨大さであり、加えて現状の配信動画もこうしている間にも変化するという、不安定な把握のしづらさです。「咲 Saki」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。無料ホームシアターライクな動画体験を適切に堪能できるのはこれだけ。チャンスは有限。ずっとあるとは思わないでください。千載一遇です。

登録情報は最小限
何を登録時に情報として必要なのか。基本はユーザーネーム(名前)、使用可能なメールアドレス(使えないのは論外)、パスワード(複雑なもの)、生年月日、認証用の電話番号など、最小限のみです。これらの情報はサービス利用のみに使われ、不要な電話がかかってきたりはしません。この登録作業完了時にいきなり料金が生じるのかといえば、初回お試しの条件を満たしているなら(つまり初利用者なら)、無料としてしばらくは使えます。情報は後で変更できるのでご安心を。あとは「咲 Saki」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

原作もついでに見よう
映画も楽しいですが、そのもとになった原作を読んでみると「え、こんな展開になっていたの?」「ここはこういう気持ちだったのか」そんな新発見があり、ただのファンアイテムではない面白さに満ち溢れています。でも本屋に行ったり、Amazonのような通販サイトをチェックするのは面倒です。そこでVODの出番。サービスの中には電子書籍提供もしている複合マーケットを完備しているものもあり、さすがに全ての原作は置いていないですが、見つけやすくなるのは事実。流れるように原作読破も可能なのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「咲 Saki」は? 複雑難解というわけではなく、初回の料金が期間限定で無料になるという意味であり、利用を促進させるためのものです。「どれが見られるのか?」という最重要ポイントはサービスの中身を見ないとわかりません。見放題タイプは話が単純。全部が基本は無料です。単体作品ごとにポイント購入するタイプは、初回時にゲットできたポイントの範囲内で各自があれこれとやりくりしないといけませんが、新作が見れる可能性も高く、劣っているわけではありません。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。「浜辺美波」の怪演に圧倒されたいのでは? その強い欲求はあなたがいつのまにかそのパフォーマンスに魅入られている証拠。けれどもおカネのハードルは無慈悲。そこでVODの手を借りるのは悪くはないです。

『咲 Saki』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『咲 Saki』をさらに知る

★スタッフ
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
撮影:長野泰隆
音楽:T$UYO$HI

★キャスト
浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいか、古畑星夏、山田杏奈、加村真美、樋口柚子、星名美津紀、吉崎綾、武田玲奈、岡本夏美、あの、大西亜玖璃、長澤茉里奈、山地まり、永尾まりや、柴田杏花、小篠恵奈、金子理江

★『咲 Saki』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.53.793.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『咲 Saki』の感想

●無料ホームシアター
実写といえばハズレが多いですが原作知ってる人なら「上手く再現してるな!」と言えると思える作品です。登場するキャストの方々もみんな可愛い!評価はひとそれぞれかもしれませんが個人的に満足した作品です。是非原作知っている人も知らない人も見てもらいたい映画ですね。注目は最後、エンドロール。ここで流れる演者さんたちの笑顔。もちろんその中には衣を演じた菊地さんも。みなさん役の格好をしているので、衣がやっと解放された嬉しさ。
●シネマトゥデイ
しっかりエンドロールまで魅せる。ここだけでも見て!という感じです。アイドル映画としての最大の観客サービスでありながら、これを見せてくれればだいたいの人は親指を上げるのです。原作やアニメと比較せずに「これはこれ」と切り分けて楽しんだもの勝ちな世界ではあるのですが、ちゃんとリスペクトがあるし、各人が楽しそうになり切っているのがわかるので、嫌な気持ちはしません。理想的な実写映画化といえるのでしょう。
●BILIBILI
全くの初見ですが独特のスピード感が非常に癖になり、大勢のキャラも立っていてとても楽しかったです。説明臭くなく状況を一瞬で把握でき、恋愛要素がないのも対戦に集中できて最高です。すっかりファンになってしまい、終わってからすぐに二回目を観たいと思いました。こんな個性の爆発した実写化はそうそうないでしょう。最初聞いたときは絶対に失敗すると思っていたのに、予想外の完成度ですっかりファンになった人も多いはずです。
●MOVIX
麻雀という地味な競技でこんな熱い青春を魅せてくれるなんて、最高! 金字塔の青春を見せてくれた。心理戦、攻守がある、大逆転、点数の駆け引きなどなど麻雀ならではの知的な戦略は光るので、想像している以上に真面目な戦いになっていくというギャップ。浜辺美波がめっちゃくちゃ可愛いというのも特筆されるポイント。透明感がありながら、キャラにハマっているので、まさにこの役のために生まれてきたのではないかと思わせる。