FAKE(2016)

最後まで観た時、あなたは何を感じるだろうか

映画『FAKE』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『FAKE』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:FAKE(「フェイク」) / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年6月4日 / 109分 / 制作: / 配給:東風

映画『FAKE』予告編

(C)2016「Fake」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『FAKE』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者なら耳より情報です
自分では気づかなかった著名人の知られざる姿や事件の真相を突きつけるドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんな驚きを与えてくれる作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるこのサービス。まだ使ったことがないという人でも安心です。初心者でも敷居の低い、優しいサービスなので、簡単に始められます。

「無料」で感謝!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。「FAKE」もアリ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「FAKE」の再生はダメです。最近は巧妙化する一方です。サイト利用中に不正なプログラムを悪用し、ユーザーの使用機器をクラッシュさせようとするものから、ひたすらにしつこく広告を流すものまで、面倒なことこのうえない鬱陶しさ。不愉快極まりない気持ちになります。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

これに決めた!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。しかし、ここで難問がひとつ。それが、VODの種類の膨大さであり、加えて現状の配信動画もこうしている間にも変化するという、不安定な把握のしづらさです。「FAKE」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

試写も良いけど…
最新映画はできるかぎり早く見たいという気持ちを抑えることはファンなら無理難題でできません。でもネタバレ暴露に怯えるのも嫌です。そんなときのベストチャンスが試写会です。当たるかどうかは運しだいで、人気作はなかなかの幸運が必要かもしれませんが、激選を生き抜けば新作本編が誰よりもお先に鑑賞可能。オンライン試写レビューもあったりするので、映画配給会社のウェブサイトを確認しましょう。試すだけはタダなので、この労力を惜しむよりは、ガンガンやってみると良いです。

情報の充実度はピカイチ
映画の予告動画を見る人はどれくらいいるのでしょうか。ネタバレ回避のために見ないようにしている人から、作品の雰囲気を掴むために積極的に見る人までいろいろ。こちらのページでもそのトレイラービデオを掲載しています(もちろん公式提供のものです)。やはり映画の質や傾向を把握するには実際の映像が一番なので貴重な判断材料です。VODに登録する前にまずは見たい映画の面白さをあらためて確認するも良し。「森達也」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「FAKE」は? 初めて利用する人は必ず登録が必要になるものですが、その日を起点に特定の期間、支払い料金が保留されると考えると良いでしょう。月額の料金請求はその期間後となります。期間が終了したからといって2月分の料金になるわけではありません。まさに初回無料ということです。当然、すでに過去に登録したことのあるユーザーは基本的に使えないテクニックとなるので注意(その場合は登録した時から有料)。しっかり覚えておきましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「FAKE」の視聴ですっかりご満悦になって「あとは寝るだけ」そんな感じで就寝する前に、ちょっとだけその感想をSNSに呟いてみましょう。現在進行形の利用者だけでいいのです。できれば作品のハッシュタグをつけて。運が良ければ公式配給アカウントがリツイートしてくれるかも。それだけでなくそれがきっかけで鑑賞者をぐんと増やすこともできたり、この動画促進効果は侮れません。

『FAKE』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『FAKE』をさらに知る

2014年にいわゆる「ゴーストライター騒動」で日本中の注目を集めた佐村河内守の知られざる姿をとらえたドキュメンタリー。プロデューサーは橋本佳子。聴覚に障害を抱えながら「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの作品を手がけたとし、「現代のベートーベン」と称されるなど高い評価を受けた佐村河内。しかし、音楽家の新垣隆が18年間にわたってゴーストライターを務めていたことや、佐村河内の耳が聞こえていることを暴露。それは名声が崩壊する瞬間であり、その一件で全てがひっくり返った。佐村河内は作品が自身だけの作曲でないことを認め、騒動について謝罪したが、新垣に対しては名誉毀損で訴える可能性があると話し、その後は何も語らずに沈黙を守り続けてきた。本作では佐村河内の自宅で撮影を行ない、メディアでは映らないその素顔に迫るとともに、取材を申し込みに来るメディア関係者や外国人ジャーナリストらの姿も映し出す。

★スタッフ
監督:森達也(関連作品:『A2』)
撮影:森達也、山崎裕

★キャスト
佐村河内守

★『FAKE』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.83.863.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『FAKE』の感想

●無料ホームシアター 
佐村河内守という人物について、色々思うところがあるでしょうが、それはひとまず置いておいてまずこの映画を観て欲しい。この映画を観ずして佐村河内守という人物は語れません。人は他人を理解しているように思えて全然わかっていないのかもしれない。そう思わせるほど、この作品に映っている彼の姿は極めて平凡で、ただの男です。しかし、そこには世間の注目の的だったという過去だけが重くのしかかっています。それが人間なんです。
●イオンシネマ  
最初に言っておくと、佐村河内守は正しいのか、間違っているのか、それを明らかにする映画ではないです。むしろ、私たちはどれだけ自分の考える正しさに囚われて、偽っているかを静かに映し出す作品でした。まず思ったのはマスコミは全然信用ならないということ。もちろんネットもです。結局これらのメディアは騒ぎ立てて炎上させることしか考えていないのですから。作中に登場した海外のジャーナリストが一番理性的で的を射ていましたね。
●DAILYMOTION  
公開当時は結構話題となり、ミニシアター系ながらお客がかなり入ったドキュメンタリー。その話題性のとおり、一見の価値がある。もはや佐村河内守については過去の人であり、知らないという若い人もいると思うが、簡単に言ってしまえば炎上した人である。こういう人物を今も散々世間はバカにしながらはしゃぎまわるのがお約束になっている。でも誰もその真実に向き合う気はない。楽しければいいのだ。そこへこの作品はフェイクで切り込む。