沈黙 サイレンス(2016)

マーティン・スコセッシが日本時代劇を描く

映画『沈黙 サイレンス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『沈黙 サイレンス』を見るなら動画リンクをチェック。

遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。製作総指揮にはデイル・A・ブラウン、マシュー・J・マレク、マニュ・ガルギ、ダン・カオなどが名を連ね、製作にはエマ・ティリンガー・コスコフ、ランドール・エメット、バーバラ・デ・フィーナ、ガストン・パブロビッチなどが名を連ねる。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出す。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。そこは思っている以上に厳しい世界だった。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、その地の信仰への障害を思い知る。厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。

原題:Silence / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年1月21日 / 162分 / 制作:Sharpsword Films、AI Film / 配給:KADOKAWA / 製作費:4000万ドル / 興行収入:830万ドル

映画『沈黙 -サイレンス-』日本版予告編
Behind the scenes of Martin Scorsese latest Silence (2016)

(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『沈黙 サイレンス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

初心者なら耳より情報です
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を貫く人間模様を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。少数の映画でいいなら、ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。大勢見るならもうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。最高に役立つのでお試しあれ。

「無料」を嫌う人はいない!
粛々と使い始めようとするなら「ちょっと待った」です。まずはあなたが初回の無料トライアル適用可能かを調べましょう。たいして難しい計算ではないですが、劇場の映画代は1700円~1800円、高いとそれ以上します。でもVODはその1回分の料金で映画を無数に見られるのです。最高ではないでしょうか。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。どうしても違法性ばかりに目がいきがちで、それだととどまらせることはできない面もありますが、再三に渡って注意は一応しておきます。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「沈黙 サイレンス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「沈黙 サイレンス」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。たくさん存在するクレカのどれが最適なのかと気になる人もいるかもしれません。正直なところ、どの会社のカードも同じです。まだ持っていない人なら、審査が比較的簡単で、容易に入手できるものが良いでしょう。申し込みから数日程度で手に入るので、そこまで長く待つこともないはずです。一度登録した後に別のクレカに変更することもできるので、深く悩まなくてもOKです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「マーティン・スコセッシ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『沈黙 サイレンス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『沈黙 サイレンス』をさらに知る

★スタッフ
監督:マーティン・スコセッシ(関連作品:『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:キム・アレン・クルーゲ、キャスリン・クルーゲ

★キャスト
アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈

★雑学(トリビア)
・バチカン市国でプレミア上映され、マーティン・スコセッシ監督はローマ教皇フランシスコに謁見した。

★『沈黙 サイレンス』の評価

IMDbRTMETA
7.283%79
映画comY!FM
3.84.033.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『沈黙 サイレンス』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
・町山智浩の映画ムダ話『沈黙 サイレンス』解説
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画無料夢心地 
長年の原作のファンですが、大満足です。まさかここまで質の高い映像化となっているとは…。それだけで感激しました。しかも、この名著をマーティン・スコセッシに映画化してもらえるなんて夢にも思わなかった。こんな贅沢な映画経験をしていいのか。これを観ていないなんて日本人として恥ずかしいし、むしろ日本に生きる我々こそ視聴すべきなのではないでしょうか。溢れる和への敬意に震えるばかりであり、感謝してもしきれないです。
●FILMAGA
宗教、人種、日本社会…さまざまな論点で議論したくなる凄まじいパワーを持った映画。間違いなくスコセッシ作品のなかでも傑作のひとつになるでしょう。鑑賞中は何度も何度も息がつまり、詳しく言語化するにはあまりにも曖昧で客観的な苦しみに無情にも襲われた。絵を踏むだけでいいんだという日本人の方が、井上の言葉の方が、突き刺さる。信仰とは他人から見ればどうでもいいかもしれない。でもそんな陳腐な無関心で片づけていいものか。
●TOHOシネマズ
踏み絵や宗門改など、様々な方法を使って江戸幕府がキリスト教を厳しく制限した事実は歴史の教科書で習うとおり知っていたが、その様子をここまで克明に描いた作品を観るのは初めて。冒頭から痛々しい拷問シーンがあり、その後も容赦なく処刑される人々の姿に胸が痛み、言葉を失う。肝心の世界観表現だが文句のつけようがない。日本人キャストが多く登場するが、皆素晴らしい演技で、違和感を感じさせる人はひとりもいなかった。