スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

オリジナル3部作完結。運命の戦いが決着する

映画『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無数にあったりはしません。
今すぐ『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Star Wars Episode VI Return of the Jedi / 製作:アメリカ(1983年) / 日本公開:1983年7月2日 / 132分 / 制作:Lucasfilm Ltd. / 配給:20世紀フォックス / 前作:『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』 / 次作:『スター・ウォーズ フォースの覚醒


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作を見ていないとは言わせない!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっているという証明。そんな王道の名作をお得に見たいなら、人気も増えている動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるのと違って、シリーズものを揃えやすいという非常に嬉しいメリットがあります。一気見するのも簡単ですし、場合によっては一挙配信していることも多いので、そのタイミングを逃がさないようにしましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。これは慎重にサービスが自分に合うかを試したい人には朗報で、登録時から一定期間を費用無しで使えるというもの。その間はもちろん無料なので料金の心配は無視できます。「美味しい話があるわけない。登録が難しいんだろ」と疑り深い人も拍子抜け。登録は1分以内に完了できると保証します(文字を打つのが下手でない限り)。何も複雑さはありません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」の視聴はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

あなたはどっち派?
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「マーク・ハミル」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』をさらに知る

スペースオペラ映画の金字塔として名高い傑作シリーズ『スター・ウォーズ』の第3作で、後に製作された新3部作とあわせるとエピソード6にあたる。製作はハワード・カザンジャン。惑星タトゥイーンへと向かったルークとレイアは、大悪党ジャバ・ザ・ハットに捕まったハン・ソロの救出にいろいろな戦闘が勃発しながらも成功。その後に別行動となり、修行を続けるため再び惑星ダゴバを訪れたルークは、熟練の知識を持つヨーダから驚くべき自身の出生の秘密を明かされる。一方、反乱軍は不穏な情報を察知し、行動にあたっていた。帝国軍が衛星エンドアに第2のデス・スターを建造しているとの脅威となる内部情報をキャッチし、これを打ち破るための大規模な作戦を展開する。今度こそ帝国の横暴に終止符を打つ必要がある。レイアやソロは、偶然出会ったエンドアの原住民イォーク族の力を借り、デス・スターを守るバリア施設破壊を目指して迫りくる敵を倒していく。そしてルークは、ダース・ベイダーを暗黒面から目覚めさせようと、自分のフォースを信じて単身帝国軍のもとへ乗り込むが…。

★スタッフ
監督:リチャード・マーカンド(関連作品:『針の眼』)
脚本:ローレンス・カスダン、ジョージ・ルーカス
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、セバスチャン・ショウ、イアン・マクダーミド、フランク・オズ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、デビッド・プラウズ、アレック・ギネス、ケニー・ベイカー、ケネス・コリー、ジェレミー・ブロック、マイケル・カーター、デニス・ローソン、ティム・ローズ、ダーモット・クロウリー、キャロライン・ブラキストン

★『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の評価

IMDbRTMETA
8.380%58
映画comY!FM
3.94.193.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』の感想

●無料ホームシアター 
文句なしの大団円。これがエンターテインメントとしての終わり方の正しい形です。変なトリッキーなストーリーもなし、わざとらしいオチもなし。純粋にキャラクターたちが活躍してぶつかりラストに帰結する。このシンプルさは古いのではなく、映画のテンプレとして神話になっていくのです。ダークサイドとの狭間で揺れるルークの葛藤に終止符を打つという意味ではこれ以上必要なし。えっ、続編? そんなものは聞いたことがありませんね…。
●VUDU  
当初「ジェダイの復讐」と訳されていたがエピソード1~3を観た後だとこの命名にしっくりくるものがある。エンドアの戦いでイウォークの原始的な攻撃にストームトルーパーが容赦なくやられていくくだりが本当に好き。まさに「お前らは本当にプロの兵士なのか」と疑いたくなる残念さだが、ここはまさかの原住民族にスポットがあたるというSW的にも印象的な展開が良い。「フォースの覚醒」以降にはこういのうがないので、物足りないのです。