スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲

オリジナル3部作第2弾。因縁の対決の行方は…

映画『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列に邪魔されたりはしません。
今すぐ『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Star Wars: Episode V – The Empire Strikes Back / 製作:アメリカ(1980年) / 日本公開:1980年6月28日 / 124分 / 制作: / 配給:20世紀フォックス /  前作:『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』 / 次作:『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

シリーズ一気見の味方!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけのパワフルで魅力的な面白さが詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。最近では家にパソコンやテレビがない人も増えてきましたが、これであればスマホでも視聴できるので安心です。シリーズものを一気に鑑賞したいのであれば、作品抜けも気にすることなく連続で満喫できるこのサービスが一番です。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは慎重にサービスが自分に合うかを試したい人には朗報で、登録時から一定期間を費用無しで使えるというもの。その間はもちろん無料なので料金の心配は無視できます。「大事な瞬間に解約できないのは大問題だ!」それはそのとおりで、お試し期間中に解約ができないまま過ぎれば結局は無料から有料になってしまい、無意味。でも解約は自由にちゃんとできます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトにはアクセスしないでください。それで「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」の鑑賞はダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

これに決めた!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。でも、浮かれる前に気をつけるべき点がひとつ。「さっそく登録したのにお目当ての映画が配信してない!」という残念無念な状況が待ち受けているかもしれません。「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。判断しにくいので視聴できないことにしてしまう…なんて考える前にそのショートカットになるこのページを活用しましょう。アイコンが表示されていませんか。数が多いほど無料の機会は増加します。「映画動画」と記されたリンクを見つけてクリックすれば、そこはランキングページで動画は無い…そういうガッカリとは縁を切りましょう。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
映画観客を大きく二分することになる「字幕」と「吹き替え」の翻訳スタイル問題ですが、もちろんどれが正しいという真理はないので、そこまで厳密さに気にすることはありません。トランスレーション自体は絶対に正確というのはなく、字数制限の中でさまざまな苦労があるものです。しかし、好みで選ぶうえでも必ず自由度は欲しいです。VODは鑑賞時にセレクトできるので、嗜好に合わせられるでしょう(両方あるかどうかは作品によります)。心がワクワクする「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」の面白さの発見につながるかもしれません。

古い作品ならもしかして…
公式ではないかたちでネット上に映画本編の動画がアップされていればそれは違法性が極めて高いですが、そうではない特殊事例があります。それがパブリックドメインというものです。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは権利者による著作権がコンテンツに生じていない作品のことです。法律で決まっている期限が切れてしまった場合、何らかの事情で権利が生じなかった場合、その映画はネットにアップロードしても後ろめたい問題ありません(字幕などは翻訳として別に権利があるので注意です)。

ホームシアターのススメ
視聴媒体が自由自在のVOD。その中でも最高級にリッチな体験ができるのはホームシアターです。自宅にホームシアターシステムを構築できれば、もはやスマホやパソコン鑑賞なんて馬鹿らしく思えるほど。映画館を家に用意してチケットも要らずに無料で出入りしているようなものです。「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

高評価作品は観る価値あり
あなたの映画を観るうえでの作品選びの基準は何でしょうか。動画配信サービス上でサムネイルをただ眺めているだけでは永遠に決まらないこともあります。なにしろ多すぎるという問題もあり、お手上げになったりしますから。そこで賞の受賞やレビュー評価を参考にしてみるのもいいでしょう。映画サイトなんてヤラセだよと疑うかもですが、しっかりしているところは根拠もあって納得させられます。こちらのページでは一括確認も可能です。「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』をさらに知る

映画史に残る傑作のスペースオペラ映画シリーズ『スター・ウォーズ』の第2作で、後に製作された新3部作とあわせたシリーズのエピソード5にあたる。製作はゲイリー・カーツ。帝国軍のデス・スターを破壊し、反乱軍が一矢を報いてから3年。帝国軍は猛反撃を開始し、反乱軍は極寒の惑星ホスに新たな秘密基地を築いて時をうかがっていた。しかし、それを許す相手ではない。圧倒的な戦力を持っている帝国軍の攻撃によりホスの秘密基地からも撤退を余儀なくされ、やっと力を蓄えていた反乱軍は窮地に立たされる。そんな中、ルークはフォースの修行を積むため、惑星ダゴバにいるという名高いジェダイ・マスター、ヨーダの元を訪れる。そのヨーダは最初は信用できるかもわからなかったが、どうやらかなりの知識の持ち主だった。一方、ホスから逃げ延びたハン・ソロとレイア姫は、ハン・ソロのかつての仲間ランドを頼って雲の惑星ベスピンにたどりつくが、そこでは思わぬトラブルが。一行はランドの裏切りによってダース・ベイダーに捕らえられてしまう。仲間の危機を知ったルークは居ても立っても居られないために救出に向かい、暗黒の力を持つダース・ベイダーと対峙するが…。

★スタッフ
監督:アービン・カーシュナー(関連作品:『特攻サンダーボルト作戦』)
脚本:リー・ブラケット、ローレンス・カスダン
撮影:ピーター・サシツキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ、デビッド・プラウズ、ピーター・メイヒュー、ケニー・ベイカー、フランク・オズ、アレック・ギネス、ジェレミー・ブロック、クライブ・レビル、ケネス・コリー、ジュリアン・グローバー、マイケル・シェアード、マイケル・カルバー、ブルース・ボア

★『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の評価

IMDbRTMETA
8.895%82
映画comY!FM
3.74.323.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の感想

●無料ホームシアター 
「帝国の逆襲」の何が楽しいって戦争をしている感じです。序盤からドンパチの数々。そして独自の兵器による恐ろしい脅威に対して独自の手法で対抗する。これだけでテンション上がる。フォースの力なんてなくても工夫で勝っていく。このスタイルがもう最高。初登場のヨーダがマスターと思えないほど可愛い、というかよぼよぼでこれはこれで味があっていいですよね。だからこそ「最後のジェダイ」のあれの感動にもつながるわけでね…。
●FANDANGONOW  
ルークとダースベイダーの根深い対立、時々挟まれるハンとレイアのラブロマンス、C3POとR2D2の凸凹コンビ。関係性を楽しむという意味ではこんなにもキャラ愛に溢れる映画があるでしょうか。この映画がシリーズ最高傑作と言われている理由は、全ての要素が最高潮に達するピークがあるからであり、エンターテインメントとして完成度の高さがピカイチなのです。「いつ誰が観ても面白い」ことこそが一番凄いこと。時代を超えるとはこれなのか。