スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

全てはここから始まった! 3部作の第1弾

映画『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 意味のないリンクの羅列は掲載していません。
今すぐ『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Star Wars: Episode IV A New Hope(「スターウォーズ4」) / 製作:アメリカ(1977年) / 日本公開:1978年7月1日 / 121分 / 制作:Lucasfilm Ltd. / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1100万ドル / 興行収入:7億7500万ドル / 前作:『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』  / 次作:『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】和訳オプション
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

歴史に名を残す映画を!
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が映画全体に溢れている証拠です。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用して上手く見ましょう。レンタル店でDVDを借りるのではどうしても「この作品だけ見当たらない」ということもあり得ます。しかし、このサービスならそんな心配はいりません。ウェブサイトにアクセスするだけで簡単に見つかり、一挙配信していることも多いです。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。「具体的にどんなものなのかわからないから手を出しにくい…」そんな不安も大丈夫。簡単に言えば期間限定で無料試用できるものであり、悩まず利用できます。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは明確な危険があります。それで「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の鑑賞はダメです。そういう絶対にデンジャーなサイトを見分けることはできるのでしょうか。一般的にランキングサイトのリンクを大量に設置して誘導するようなサイトは黄色信号。アダルト系の広告を大量に配置するサイトは完全に赤信号です。リスクしかありません。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんてひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、どのVODでお目当ての作品が配信しているのでしょうか。一応、Google検索で映画タイトルをググるとVODが示されますが、それは一部にすぎません。「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」の面白さの発見につながるかもしれません。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

無料動画サイトとの違い
インターネット利用者ならば何もネット依存症でなくとも動画共有サイトを使ったことのある人はほぼ100%じゃないでしょうか。映画ひとつとっても予告動画から感想動画まであらゆるビデオ媒体のコンテンツが溢れかえっています。しかし、大手の動画サイトでも欠点はあり、低品質と高品質が入り乱れるごちゃまぜの状態なので期待どおりとはいきません。場合によっては詐欺的なハズレかも。でもVODはそんな二の舞を踏むこともないです。必ず満点の最高水準をお約束できる、「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。「スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』をさらに知る

遥か彼方の銀河系を舞台に繰りひろげられる善と悪の壮大な戦いを描いた「スター・ウォーズ」シリーズの記念すべき第1作。製作はゲイリー・カーツ。帝国の支配下にある銀河系で、反乱軍が帝国の宇宙要塞デス・スターの設計図を奪取した。それはこの支配による恐怖から解放されるための唯一の希望。ダース・ベイダー率いる帝国軍の攻撃を受けた反乱軍の指導者レイア姫は、ドロイドのR2-D2に救援メッセージを託す。なんとかこの希望を引き継いでくれる者の手に届くことを願って。やがて砂の惑星タトゥイーンにたどり着いたR2-D2とその相棒C-3POは、農場で暮らす青年ルーク・スカイウォーカーに出会い…。

★スタッフ
監督:ジョージ・ルーカス(関連作品:『アメリカン・グラフィティ』)
脚本:ジョージ・ルーカス
撮影:ギルバート・テイラー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ピーター・カッシング、アレック・ギネス、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、ピーター・メイヒュー

★『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』の評価

IMDbRTMETA
8.693%90
映画comY!FM
3.84.263.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』の感想

●シネマトゥデイ 
誰が何を言おうとも私にとっては「新たなる希望」。「エピソード4」ではありません。オリジナル3部作の1作目であり、超人気作のシリーズは全てこの1作目から始まりました。信じられないことに当初の企画は誰も見向きもせずにジョージ・ルーカスを信じてくれたのはスピルバーグだったとか。これでもしルーカスが諦めていたら、このシリーズが映画史に残ることはありえなかったと思うと、不思議な気分です。何が起こるかわからないものですね。
●ユナイテッドシネマ 
田舎で退屈そうに古臭い家の仕事に従事している青年。夢はたくさんあるのに何も希望が持てず、地平線を見つめるだけ。その男の名前はルーク・スカイウォーカー、そしてジョージ・ルーカスでもあります。このシナリオは昔、田舎でくすぶっていたルーカスの実体験をもとにしていることは有名な話。その鬱屈した感情がフォースという謎めいた力に導かれるままに、全く新しい未知なる世界へと開けていく。そういう背景を知ると感動もひとしおです。
●DAILYMOTION 
続編としてプリクエルやら新世代の新三部作やらスピンオフやらいくつもの作品が作られる、ビック大作になりましたが、1作目となるこの映画は実はとてもこじんまりとした個人的な成長譚です。今のスターウォーズはとにかくド派手なアドベンチャーになりましたが、本来はひとりの主人公の青春映画のようなものなのでした。この映画が描き出したその原点を忘れず、これからのシリーズ作品が生み出されていくと良いのですが、どうなることやら。