バック・トゥ・ザ・フューチャー(1作目)

シリーズ第1弾。これが世界に愛されたSF

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のフル動画を無料視聴する方法を未来永劫にレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Back to the Future(「バックトゥザフューチャー1」) / アメリカ(1985年) / 日本公開:1985年12月7日 / 116分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 次作:『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

動画
▼『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2【Huluで動画を見る 機能充実

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

-
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも利用拡大中!
世代を超えて末永く愛されている名作と呼ばれる映画はそれだけの魅力が詰まっている証拠です。そんな不朽の有名な映画をお得に見たいなら、動画配信サービスを利用しましょう。古い作品でも大丈夫。ネット配信なので、ハイクオリティな映像を安定的にお届けします。レンタル店でDVDを借りるのとは違って、返す必要もないので、時間を気にすることなく利用し、好きなタイミングで好きな媒体で視聴できるのもユーザーにはメリットです。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。言葉だけでは理解しづらいのですが、具体的には登録日から2週間などタイムリミットありきでサービスを自分のマイペースを崩すことなく無料で試せます(詳細な期間は各社のサービスで違うので注意)。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」もアリ。

名作に見惚れる前の留意点!
なお、巷に溢れる邪道満載のイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の鑑賞はダメです。最近も続々と新手の危険性がバージョンアップしており、いかにも怪しいサイトではなく、既存の有名なブランドに偽装して広告スタイルで表示してログインさせようとしてくるものもあります。これはURLで目視判断するしかなく、油断中のユーザーが気づくのを困難にさせます。ハイリスクなサイトの怖さはじゅうぶんわかったでしょうが、その恐怖に怯えることもなく、実は回避するのも簡単です。使わなければいいだけの話。単純です。

これに決めた!
「全然興味なしだったのに今では準備運動もバッチリで動画視聴意欲のボルテージが上がっている!」だったら最高です。ただし注意点があることをうっかり忘却しないように。あなたの見たい映画がどんなものであれ、それを扱っているVODが具体的にはどれなのかを分析しないと始まりません。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。なんちゃら知恵袋に尋ねるまでもありません。フルムビバースの真価がVODアイコン表示。これで配信中のものをダイレクトに理解可能。インフォアナウンサーになっているのがこの映画ページの主たる目的です。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているのでとくに意味不明な心境にならずに混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

あなたはどっち派?
海外映画をウォッチングする際に気にかける要素として「字幕」と「吹き替え」の選択問題は語らないわけにはいきません。オリジナル言語で楽しめる語学力のある人はなんの心配もないでしょうが、基本は日本語で触れる人が多いはず。そうなってくると避けられない問題があるものです。日本語字幕がいいのか、吹替がいいのかは、判断の悩みの種。「いや、私はいつも決まっている」そんな方にもVODの対応力は満足できるでしょう。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

古い作品ならもしかして…
インターネット上に非公式な形で映画本編の動画がアップロードされていたら、それは十中八九間違いなく違法性の高いものです。しかし、そうじゃない場合がかなり限定的な作品で存在します。それはパブリックドメインの映画です。もしこれに該当するならラッキーと考えていいかもしれません。本来であれば発生するはずの著作権が切れている古い映画があり、これらは何も問題なくネットにアップされています。法的には問題ないので視聴しても責められることはありません。フルムビバースではそうした映画はカテゴライズして独自にレコメンドしています。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているソーシャルなコミュニケーションを促進してくれるSNS。映画を見た後にもその感想などを思ったままに語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のあるトリプルな魅力に浸って映画に触れることで未来につながる新しい扉が開けます。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月10日時点での『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をさらに知る

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の下、ロバート・ゼメキス監督がてがけて、大ブームを巻き起こしたSFアドベンチャー。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の製作はボブ・ゲイル、ニール・キャントン。1985年、高校生のマーティ・マクフライは、近所に住む変わり者の科学者のエメット・ブラウン博士(通称ドク)が愛車デロリアンを改造して開発したタイムマシンの実験を手伝うが、誤作動で1955年の世界にタイムスリップ。それは自分の良く知っている場所の昔の姿だった。一方で肝心のタイムマシンは燃料切れで動かなくなってしまう。困ったマーティは1955年のドクを探し出し、事情を説明して未来に戻る手助けをしてもらうことになるが、トラブルはおさまらない。その過程で若き日の両親の出会いを邪魔してしまう。このままでは未来が改変されて自分が生まれないことになってしまうため、マーティは未来に戻る前になんとか両親の仲を取り持とうとあれこれ策をめぐらして奮闘する。

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のスタッフ
監督:ロバート・ゼメキス(関連作品:『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』)
脚本:ボブ・ゲイル、ロバート・ゼメキス
撮影:ディーン・カンディ
音楽:アラン・シルベストリ

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のキャスト
マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、クリスピン・グローバー、トーマス・F・ウィルソン、クローディア・ウェルズ、フランシス・リー・マッケイン、サチ・パーカー、ジョージ・ディセンゾ、ジェームズ・トルカン、J・J・コーエン、ケイシー・シマーシュコ、ビリー・ゼイン、ハリー・ウォーターズ・Jr

★雑学(トリビア)
・映画冒頭で数多く並んでいる時計が映る場面は1960年の映画『タイム・マシン 80万年後の世界へ』のオマージュ。

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の評価

IMDbRTMETA
8.596%87
映画comY!FM
4.44.584.2
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の受賞
第58回アカデミー賞で音響効果編集賞を受賞。

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の感想

●『バック・トゥ・ザ・フューチャー』無料ホームシアター
「映画というものはこんなにも凄い体験を提供してくれるんだ!」そんな無邪気な確信を子供の頃に抱けたのは本当に恵まれていた。まったく無駄なシーンがなく、シリーズお約束のシーンや設定を活かした気の利いたセリフがこれでもかってくらい詰まっていることで、1作目ですでに映画としての王道とファンを生み出すだけの要素が完備されていました。この時点では続編予定はないのでしょうが、それでもじゅうぶん1作で大満足でした。
●『バック・トゥ・ザ・フューチャー』イオンシネマ 
動く時計、動きすぎてる電化製品、暴発するアンプ、時間が物語で扱われる予兆。このシーンだけで心がワクワクしてくる。若かりし母親は自分に惚れるし、父親は小説執筆に夢中だしと、タイムトラベル定番の「過去が変わっちゃうと、未来も~」というやつがふんだんに入っているのが嬉しい。何十年経っても色褪せない、極上のエンターテインメントっていうのはこういうものを言うんだよ!と2000年代に入っても力説されるような傑作でした。