TAXi(1作目)

シリーズ第1弾。タクシー運転手、アクセル全開!

映画『TAXi』のフル動画を無料視聴する方法をダイレクトにレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『TAXi』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Taxi(「タクシー」) / フランス(1997年) / 日本公開:1998年8月15日 / 85分 / 制作:TF1 Films Productions / 配給:コムストック / 次作:『TAXi2』

動画
▼『TAXi』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2【Huluで動画を見る 一時停止可

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

-
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『TAXi』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

視聴は初心者に有利です
退屈なんて吹き飛ばすアクロバティックでクレイジーな映画を満喫するなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、シリーズものを一気に見るのにぴったり。さらにハイクオリティな映像を大画面でテレビで見ることもできますし、スマホで外出先に少し見て暇つぶしするのも、OK。ダウンロード機能もあるので、通信制限を気にすることなく、安心して鑑賞できるのもスマホユーザーには嬉しいです。

「無料」を嫌う人はいない!
いきなり有料になることを警戒しなくてもOK。まずは初回無料でじっくり自分にちょうどいいのかを体験確認できます。これは慎重にサービスが自分に合うかを試したい人には朗報で、登録時から一定期間を費用無しで使えるというもの。その間はもちろん無料なので料金の心配は無視できます。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」「どうしてもにわかには信じられないのですけど」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。ジェラール・ピレス監督の「TAXi」もアリ。

危険はハイスピードで迫ってくる!
なお、巷に溢れる避けられないイリーガルな動画サイトの登場には要注意。それでサミー・ナセリ出演の「TAXi」の鑑賞はダメです。そもそも、そうした悪質なサイトにわざわざ「無料」というワードに釣られて手を出すこともありません。なぜならそれよりもはるかに優れた正規のサービスが存在するからです。デメリットしかないサイトを利用する価値は微塵もないです。自分の重大な個人情報が洩れて良いことなんて言うまでもないことではありますがひとつもありません。そこまでして見たい動画があるといえますか。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。ところが、どのVODでお目当ての作品が配信しているのでしょうか。一応、Google検索で映画タイトルをググるとVODが示されますが、そんなものはパーツにすぎず、それは一部にすぎません。フレデリック・ディフェンタール出演の「TAXi」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。対応しているVODサービスの多さは、おそらくアンオフィシャルなデータベースサイトの中ではどこよりも情報更新度では随一で、新規にも続々対応します。無料体験の有無は常時確実性を保障できることはないのですが、というのも結局はサービス運営側の判断になります。利用者ができるのは飛びつくことのみ。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。その意見は重々承知なので好みを優先してください。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。マリオン・コティヤール出演の「TAXi」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の内部エラーやサーバー品質の問題というよりは、あなたのユーザー自身の取り巻いている通信環境の影響もかなり大きいです。エマ・シェーベルイ出演の「TAXi」の動画がスムーズに再生できない、頻繁なストップで読み込みが終わらない、そうしたケースは多発するならば、考える必要があります。通信環境の最大の悪影響は無線電波の範囲。届く範囲には目に見えないですが限界があります。ルーターはどこにあるでしょうか。もしそれが遠いのなら近づけてみましょう。有線にするのもアリです。回線速度を計測するアプリを使ってみると具体的な数値でわかるので状況をグッと理解しやすくなります。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画は、たっぷりと時間をかけて見るものであり、だからこそよそ見もできません。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。マヌエラ・グーレリ出演の「TAXi」をフル視聴(full)できるというその一点に絞った意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が包括的には優れているのは明らかです。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」「高価だとさすがに手を出すのは難しい」なんて不安も当然。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。リチャード・サメル出演の「TAXi」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『TAXi』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月11日時点での『TAXi』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『TAXi』をさらに知る

フランスのマルセイユの街を舞台に、目も眩むようなスピード感たっぷりのカー・アクションが繰り広げられる痛快エンターテインメント。『TAXi』の製作はリュック・ベッソン、ロラン・ペタン。フランスの港町マルセイユ。スピード狂のダニエルは、ルール無視の性格のせいで仕事をなくす。このままではまずいので恋人リリーとの生活を始めるために、趣味と実益を兼ねたタクシー運転手の仕事を始める。ダニエルは改造車を猛スピードで走らせるので、警察は彼をスピード違反として呼び止めることさえできない。それは乗客にはスリルのありすぎる運転スピードとテクニックだった。あるとき、全然運転の得意ではない新米刑事エミリアンを乗せてしまったことで、事態は大きく急変し、とてつもないカーチェイスが展開されていく。

★『TAXi』のスタッフ
監督:ジェラール・ピレス
脚本:リュック・ベッソン
撮影:ジャン=ピエール・ソーヴェル
音楽:アイエーエム

★『TAXi』のキャスト
サミー・ナセリ、フレデリック・ディフェンタール、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベルイ、マヌエラ・グーレリ、リチャード・サメル

★雑学(トリビア)
・ダニエルの愛車は「プジョー・406」で、本作で知名度が上がった。2005年に販売終了している。

★『TAXi』の評価

IMDbRTMETA
7.0??%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『TAXi』の感想

●『TAXi』FILMAGA
なんにも考えずに楽しく観られます。ダニエルとエミリアンの息の合った掛け合いが面白いし、なんでこんなにアホな奴らしか出てこない映画を作れちゃうのか。フランスってもっと真面目な文学的作品も多いのに、ときどきこうやって異様に弾けるのはなんなのでしょうか。ストレスが溜まっているのか、上品なんて捨てようみたいな気分のムラなのか。どっちにせよ楽しいからいいか。ヨーロッパって日本と比べると交通マナーが悪いからかな…。
●『TAXi』DAILYMOTION  
登場人物の9割が頭のネジが外れている。警察さえも機能していない。大丈夫か、この国。マリオン・コティヤールとか、今なら超有名じゃないかと驚愕するのに。リュック・ベッソンの片手間適当プロデュースは、ときにとんでもない怪物を生み出すので本当に予測がつかない。やっぱり才能がある人って、どこか意味不明な映画を作れる人じゃないといけないのかも。撮影上等!のバリバリカーアクションは、観客の脳みそを機能不全にしますよ。
●『TAXi』イオンシネマ  
ワイルドスピードほどの派手さはないけどそれなりのカーチェイスは楽しめるし、そこはかとない古風さがいい。CGをガンガン使うよりもこうやってガチでアクションするほうが良いものですね。ツッコミどころがありすぎなんだけど、休日にアホで痛快なアクション映画が観たいという需要には100%お答えできる名作です。コメディ要素もいい塩梅で仕上がっていて、娯楽映画として最高なので、本当に何も考えなくていいストレスゼロなのです。