トレインスポッティング(1996)

麻薬で全てを狂わせていく男に一発逆転はあるか

映画『トレインスポッティング』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『トレインスポッティング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Trainspotting / 製作:イギリス(1996年) / 日本公開:1996年11月30日 / 93分 / 制作:Channel Four Films / 配給:アスミック、パルコ / 次作:『T2 トレインスポッティング


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】一時停止可
VOD2【Hulu】スマホ可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『トレインスポッティング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及は止まる気配なし!
名作として語られるような作品は観たことがない人でもその価値はすぐにわかるほどパワフルな映画ばかり。そんな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。スマホでも、パソコンでも、テレビでも、タブレットでも、ユーザーの好みに合わせて自由に選択可能。字幕や吹き替えも自由に選べるものもあります。映像自体はDVDと遜色なく、画質も良いので、今ではレンタル店でDVDを借りることの長所はほとんどありません。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。「迂闊に手を出すのも怖いから…」そんな警戒心もいりません。簡単に言えば期間限定で無料であれこれと動画を見たりとできるものであり、ライトに試せます。「解約したい時にできなかったら困る!」確かにそのとおりで、お試し期間中は無料でもその間に解約ができないなら半強制的に結局は有料になってしまうので意味ないです。でも解約可なので大丈夫。「トレインスポッティング」もアリ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「トレインスポッティング」の鑑賞はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「トレインスポッティング」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているので混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「トレインスポッティング」の面白さの発見につながるかもしれません。

古い作品ならもしかして…
インターネット上に非公式な形で映画本編の動画がアップロードされていたら、それは十中八九間違いなく違法性の高いものです。しかし、そうじゃない場合がかなり限定的な作品で存在します。それはパブリックドメインの映画です。本来であれば発生するはずの著作権が切れている古い映画があり、これらは何も問題なくネットにアップされています。法的には問題ないので視聴しても責められることはありません。フルムビバースではそうした映画はカテゴライズして独自にレコメンドしています。

表現規制を避けるなら
映像で提供されるメディアコンテンツならばどうしても立ちはだかるのがレーティング。これは子どもから大人まで幅広い相手に多様な動画をお届けするための、いわば互いに不快な思いをしないための配慮のシステム。VODもそういう年齢区分があり、残酷な作品やアダルトな作品が子どもの目に入らないようになっていますが、作品自体は編集がなされておらず、そのまま楽しめるのが売りです。これも完全なデジタルならではのメリット。テレビ放送みたいな制限もないので、変な規制にイラつかずに済みます。「トレインスポッティング」も規制なしでどうぞ。

高評価作品は観る価値あり
あなたの映画を観るうえでの作品選びの基準は何でしょうか。動画配信サービス上でサムネイルをただ眺めているだけでは永遠に決まらないこともあります。なにしろ多すぎるという問題もあり、お手上げになったりしますから。そこで賞の受賞やレビュー評価を参考にしてみるのもいいでしょう。映画サイトなんてヤラセだよと疑うかもですが、しっかりしているところは根拠もあって納得させられます。こちらのページでは一括確認も可能です。「トレインスポッティング」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『トレインスポッティング』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トレインスポッティング』をさらに知る

ヘロイン中毒に陥った若者たちの生態を、斬新な映像感覚で生々しく描いたドラマ。製作はアンドリュー・マクドナルド。マーク・レントンは平凡な生き方よりも、「誠実で真実あふれる麻薬の習慣」を選んだ麻薬常習者の青年。人生は全てが麻薬によって狂っていき、自分でもどうにかしたいがどうにもできない。彼は何度目かの麻薬断ちを決めた。仲間のシック・ボーイも麻薬を止めるが、それはレントンに嫌がらせをするためだった。しかし、それは簡単なことではない。麻薬よりも健全な性欲を満たすべく、レントンたちは解放感を求めてディスコに行く。そこで彼はダイアンという美女に魅かれて彼女の家でセックスする。

★スタッフ
監督:ダニー・ボイル(関連作品:『シャロウ・グレイブ』)
脚本:ジョン・ホッジ
撮影:ブライアン・テュファノ

★キャスト
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ケビン・マクキッド、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、ピーター・ミュラン、ジェームズ・コスモ、アイリーン・ニコラス、スーザン・ヴィルダー、ポーリーン・リンチ、シャーリー・ヘンダーソン、スチュアート・マッカリー

★『トレインスポッティング』の評価

IMDbRTMETA
8.290%??
映画comY!FM
?????3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『トレインスポッティング』の感想

●シネマトゥデイ  
ドラッグ、ロック、バイオレンス、セックス…イギリス底辺層の汚い部分を全て突っ込んだ作品なのに、なぜこんなにもクールに思えてしまうのか。退廃した青春に憧れる、ないものねだりな欲望か、はたまた人生に疲れているだけか。そんなことを思いながら彼らの人生崩壊史に付き合ってあげよう。こいつらの乗った列車はもう止まらない。各駅ですらない。ノンストップな暴走ドラッグ・トレインなのだから。間違っても飛び降りてはいけない。
●TOHOシネマズ  
UKドラッグ映画の代表作であり、超有名な一作。スタイリッシュな映像表現がUKロックと心地よく組み合わさって、ひとつのアートのようでもある。禁断症状や幻覚表現の数々もユニークで、あの汚物を爆発させたかのようなトイレが有名だが、他にも目を見張るシーンは多い。この作品自体、アーティスティックな方向に全力で傾いているので、幅広い客層にウケるものではないが、人生でもがいた経験のある人は他人事じゃないかもしれない。
●DAILYMOTION 
この映画を観たせいで、だいたいイギリスはこんな感じの国だと思うようになってしまったのは良い思い出。これはジャンキー謳歌映画だと顔を真っ赤にして怒っている人もいるが、これのどこがドラッグを推奨しているように見えるのか。この作品は「薬物はダメです」というありきたりなお説教などしない。描いているのは、薬物に依存してしまう若者たちはどうやったら救われるのかという話である。彼らに寄り添う姿勢を貶すなどそれこそ薬物推奨だ。