ファイト・クラブ(1999)

ブラッド・ピットが狂気に溺れる

映画『ファイト・クラブ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列が無駄にあったりはしません。
今すぐ『ファイト・クラブ』を見るなら動画リンクをチェック。

チャック・パラニュークの同名小説の映画化し、ブラッド・ピット主演で現実と狂気が交差して不確かになっていく姿を描くサスペンス。製作はアート・リンソン、シーン・チャフィン、ロス・グレイソン・ベル。心の中に問題を抱える青年ジャックはタイラーと名乗る男と知り合う。ふとしたことからタイラーとジャックが殴り合いを始めると、そこには多くの見物人が集まり、意外な盛況になる。それはあるアイディアの原点となった。その後、タイラーは酒場の地下でファイト・クラブという名の拳闘の秘密集会を仕切ることになり、どんどんとその活動にハマっていく。たくさんの男たちがスリルを求めて集まるようになるが、やがてそのクラブは恐るべき姿へと変貌していく…。

原題:Fight Club(「ファイトクラブ」) / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開:1999年12月11日 / 139分 / 制作:Fox 2000 Pictures / 配給:20世紀フォックス / 製作費:6300万ドル / 興行収入:1億ドル


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ファイト・クラブ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作こそ観ておこう!
批評家からも注目度の高い名作と呼ばれる作品はそれだけで見ごたえがあります。まだ見ていない人も一見の価値がありますが、そんな初心者でもオススメなのが動画配信サービスです。ネット配信という特性を活かして、さまざまなメリットがあるこのサービス。旧作でもスマホで見られるのでとても簡単に視聴を開始できます。ダウンロード機能もあるので、通信制限を気にすることなく、安心して鑑賞したいという現代人の悩みにも答えます。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。「迂闊に手を出すのも怖いから…」そんな警戒心もいりません。簡単に言えば期間限定で無料であれこれと動画を見たりとできるものであり、ライトに試せます。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは明確な危険があります。それで「ファイト・クラブ」の鑑賞はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。利益と損失を考えても、圧倒的に公正サービスの方がずっと良いに決まっています。騙されないようにしましょう。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。ただし、配信リストは固定ではありません。つまり、ずっといつでも配信している映画もあれば、ある期間で配信が終わってしまうものもあります。「ファイト・クラブ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。慣れてなくても大丈夫で、インターフェースがしっかりしているので混乱しないで済みます。見たい映画を選んで再生するだけの簡単な作業です。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「ファイト・クラブ」合法視聴方法を拡散しましょう。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「ファイト・クラブ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ファイト・クラブ」だって1回の鑑賞では満足してもいいのですか? 映画の価値は意外なところでわかったりします。考えてもみてください。映画館でリピーターになる人は相当な思い入れのある人でマニアです。そんなレベルに到達するのは財力と情熱が少し足りないかもしれません。でもVODはそのハードルをグッと下げてくれます。それこそ子どもでも使えるほどに。何気ない普段の生活でBGMよろしくBGV(バックグラウンドビデオ)として繰り返し再生するのもアリなのです。

『ファイト・クラブ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ファイト・クラブ』をさらに知る

★スタッフ
監督:デヴィッド・フィンチャー(関連作品:『ゲーム』)
脚本:ジム・ウールス
撮影:ジェフ・クローネンウェス
音楽:ザ・ダスト・ブラザーズ

★キャスト
ブラッド・ピット、エドワード・ノートン、ミート・ローフ、デビッド・アンドリュース、ジャレッド・レト、ヘレナ・ボナム・カーター、ザック・グルニエ、リッチモンド・アークエット、アイオン・ベイリー、デヴィッド・リー・スミス

★雑学(トリビア)
・ラストシーンにはほんの数コマだけサブリミナル的に男性器が写し出される。

★『ファイト・クラブ』の評価

IMDbRTMETA
8.879%??
映画comY!FM
?????4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ファイト・クラブ』の受賞
第72回アカデミー賞で音響効果編集賞にノミネート。

★『ファイト・クラブ』の感想

●FILMAGA  
現実と対になる理想と栄光。痛みのみが現実と自分自身の境界線を明確にしてくれるという心理的な映画らしいストーリーテリング。公開当時は酷評もあったらしいし、確かにネタバレなしで説明不可なこの作品について魅力を語るのは難しかったのかもしれない。それでもカルト的な人気を支持するにはじゅうぶんな素材を持っており、それが今のファン層につながっているのだから、やはり映画というのは後で評価が増えるのもあるのですよね。
●VUDU 
オチを知ってしまったという人は可哀想。なるべく情報を入れないでと言いたいところだが、ネットにたくさん出回っているので危険センサーを発揮してなんとか回避してほしい。解説レビューや考察動画などは厳禁。この映画が伝えているメッセージは白黒で決着できる問題ではないし、善悪で論じるものでもないが、ブラピの生き様にやってやれよ!と思ってしまう感じは共感できる人も少なくないのではないか。人生はいつもファイトするもの。
●FANDANGONOW  
デビットフィンチャー作品の中でも「セブン」に次いで好きな作品。あり得ないほどの意味不明な展開に脳みそがぶん殴られるような気分に。優しい人格者の役から、静かなサイコな役から、イかれた野郎の役までなんでもできるエドワード・ノートンが凄いとしか言いようがない。もちろんブラピも死ぬほどかっこいいので文句なし。映画としてのエンタメ性が非常に高く、後半で伏線が巧みに回収され、謎が紐解かれていく様は本当に痛快スッキリ。