タクシードライバー(1976)

俺に話しかけているのか?

映画『タクシードライバー』のフル動画を無料視聴する方法を自由かつ適度にレコメンドしています! 紛らわしいリンクに惑わされることはないです。
今すぐ『タクシードライバー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Taxi Driver(「タクシー・ドライバー」) / アメリカ(1976年) / 日本公開:1976年9月18日 / 114分 / 制作: / 配給:


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『タクシードライバー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

視聴は初心者に有利です
批評家から大絶賛されている名作はそれだけの価値のある映画であり、見たことがない人でも必見です。そんな素晴らしい作品をお得に見たいなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。旧作でもネット配信という特性を活かして、安定なハイクオリティ映像で楽しむことができるので、レンタル店でDVDを借りるよりも楽です。そんな魅惑的な体験をしたいなら、ウェブサイトにアクセスするだけでいいので、簡単に試せます。

「無料」で感謝!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「無料の映画動画が手に入るなんて信じられない!」「それはフリーという事実があるならにわかには信じられない」それは普段からその手のフィッシング広告に見慣れてしまったせいでしょうが大丈夫。公式も自認する確かな無料試用は嘘でも誇大表現でもないです。マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」もアリ。

その動画は怖いだけ!
なお、巷に溢れる重大な欠落をずっと抱えるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでロバート・デ・ニーロ出演の「タクシードライバー」の鑑賞はダメです。そもそも、そうした悪質なサイトにわざわざ「無料」というワードに釣られて手を出すこともありません。それはただの転落にしかなりません。なぜならそれよりもはるかに優れた正規のサービスが存在するからです。デメリットしかないサイトを利用する価値は微塵もないです。もう後は理解しているはずです。今すぐにオフィシャルな方向に移っておけば、何かに怯えるようなことも無しです。

あなたの選択は自由!
デジタルの荒波に乗っかってやってくる映画の配信。それを乗りこなすにはVODは最強のサーフボードになります。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。シビル・シェパード出演の「タクシードライバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。なんちゃら知恵袋に尋ねるまでもありません。フルムビバースの真価がVODアイコン表示。これで配信中のものをダイレクトに理解可能。インフォアナウンサーになっているのがこの映画ページの主たる目的です。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。無料体験の有無は常時確実性を保障できることはないのですが、というのも結局はサービス運営側の判断になります。それはしょうがない部分ではあります。利用者ができるのは飛びつくことのみ。

古い作品ならもしかして…
インターネット上に非公式な形で映画本編の動画がアップロードされていたら、それは十中八九間違いなく違法性の高いものです。ただちに見なかったことにしましょう。しかし、そうじゃない場合がかなり限定的な作品で存在します。それはパブリックドメインの映画です。本来であれば発生するはずの著作権が切れている古い映画があり、これらは何も問題なくネットにアップされています。法的には問題ないので視聴しても責められることはありません。フルムビバースではそうした映画はカテゴライズして独自にレコメンドしています。

配信はいつ終わる?
VODで扱われている無数の作品のそれぞれの配信が終了する月日をアナウンスしてくれるとかなり嬉しいですが、公式内でも目立たないことが多く、明記された月日どおりにならないことも。ユーザーとしては文句を言いたくなります。これはストリーミング権やコンテンツ権の問題なため、複雑な事情を抱えていますが、結局はサイトで当日に目視するのが妥当な手段になります。明日のことはわかりませんので、確実に見るなら今です。ピーター・ボイル出演の「タクシードライバー」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分の好きなように視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料動画サイトとの違い
Youtubeなどの巨大な動画プラットフォームは無料であることもあり、今やプライベートでもビジネスでも、子どもでも大人でも、グローバルに利用されている日常化したサイトです。もはや巨人であるネット世界の重鎮を無視できません。しかし、不便さもあるのは重々承知の事実。無料という言葉は品質を保証するものではなく、中身のないコンテンツも溢れており、映画をフルで見られると偽った嘘のタイトルやサムネイルの動画もあります。VODはそんな残念体験をさせません。心配事を杞憂にさせる、素晴らしいフル品質の、「タクシードライバー」に最適の優良動画のみのバシッとハマるサービスなのです。

高評価作品は観る価値あり
昔はインターネットも発達しておらず映画情報を知る手段も無かったのでトレジャーハントのように映画との出会いを一喜一憂しているのも普通でした。それはそれで楽しいものなのですが、時代は変わります。しかし、今ならば高評価の作品を事前に調べることも容易いのです。それによって有効的に1日を無駄にせずに、より多くの作品を見られるのなら、全体を考えればプラスの利点と考えても良いのではないでしょうか。レビューサイトもいいですし、受賞の有無で判断するのも良いです。ジョディ・フォスター出演の「タクシードライバー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値を認められている大御所映画に触れることで新しい扉が開けます。

『タクシードライバー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月22日時点での『タクシードライバー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『タクシードライバー』をさらに知る

マーティン・スコセッシ監督の代表作として世界的に高く評価されているサスペンスドラマ。製作はマイケル・フィリップス、ジュリア・フィリップス。大都会・ニューヨークを舞台に、うっ屈した生活を送る1人のタクシードライバーが、自分の存在を世間に認めさせようと大胆な行動を起こす心のプロセスを追う。タクシー運転手のトラビス・ビックルはこの大都会で彷徨っていた。彼のタクシーは他の運転手のようにルートのような仕事場を決めていない。客の命令するまま、あちこちを走る。高級地区だろうと黒人街だろうと、どんなところへも一切気にすることなく行く。そんなトラビスを、仲間たちは守銭奴と仇名して、変わり者とみなしていた。ある日、トラビスは大統領候補パランタインの選挙事務所に勤める美しい選挙運動員ベッツィに惹かれていき、目をつけて常に頭を埋め尽くしていく。

★スタッフ
監督:マーティン・スコセッシ(関連作品:『アリスの恋』)
脚本:ポール・シュレイダー
撮影:マイケル・チャップマン
音楽:バーナード・ハーマン

★キャスト
ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ピーター・ボイル、ジョディ・フォスター、アルバート・ブルックス、ハーベイ・カイテル、レナード・ハリス、ダイアン・アボット、ヴィクター・アルゴ、レオナルド・ハリス

★雑学(トリビア)
・監督のマーティン・スコセッシは、自分の浮気した妻の殺害を仄めかすタクシーの客として出演している。
・主人公が鏡に向かい銃を向ける場面で呟く「You talkin’ to me?」というセリフは、2005年にアメリカ映画協会が選出した「アメリカ映画の名セリフベスト100」で10位にランクインした。

★『タクシードライバー』の評価

IMDbRTMETA
8.398%??
映画comY!FM
3.73.983.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『タクシードライバー』の受賞
第29回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。第49回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞、作曲賞にノミネート。

★『タクシードライバー』の感想

●FILMAGA 
トラビスには居場所がない。だから彼の仕事はタクシードライバーなのかもしれない。そしてその業務は他人をある地点から別地点へ移動させること。それも立派な欠かせない役割だが彼は満足していない。そして、彼はスポットライトを浴び、感謝され、ヒーロー扱いにまでなった。承認欲求は満たされ、遂にタクシーの外へと飛び出す。それもまたひとつの選択かもしれないが、ドライバーでも価値があることは見出せるのか。自分との対話の結果は…。
●イオンシネマ  
ロバート・デ・ニーロの演技力が文句なしにすごい。一番最初にトラヴィスの目のアップが映るのだが、それだけで彼が鬱屈した感情をたっぷりと心に秘めていることが伝わってくる。映画の根底に渦巻く、陰鬱なテーマ性がトラヴィスを通して観客に突き刺してくる。トラヴィスと同じような行動を起こすかどうかは別問題だが、その社会からの隔絶された感情は現代でも理解できるのではないか。SNSの時代でもこういう人間は必ずいるものなのだから。