劇場版 新・ミナミの帝王

「新・ミナミの帝王」が待望の映画化

映画『劇場版 新・ミナミの帝王』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 紛らわしいリンクに惑わされることはないです。
今すぐ『劇場版 新・ミナミの帝王』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:劇場版 新・ミナミの帝王 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2017年1月14日 / 87分 / 制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー / 配給:KATSU-do

千原ジュニア、大東駿介ら出演!映画『劇場版 新・ミナミの帝王』予告編

(C)新・ミナミの帝王製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】マルチ対応
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『劇場版 新・ミナミの帝王』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者も大満足のバリエーション!
社会の裏側を克明に描いてドラマチックなストーリーで味付けした作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリルを楽しむなら、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。ネット配信という特性を活かして、メリットもたくさん。スマホなら外出先でも視聴できますし、パソコンならながら作業をしながら鑑賞もできます。テレビの大画面で観たいという需要にも答えられるので、今では多様な要望を抱えるユーザーに欠かせないものです。

「無料」で感謝!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。無料動画といってもYouTubeのような単に再生するだけのタダ見とは違って、特定期間だけのお試し形式で、サービスの質はそのままにフルバージョンで普通に利用するのと同じ経験が可能です。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「劇場版 新・ミナミの帝王」の再生はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。そうした悪いサイトでは映像画質もノイズだらけですから、映画の価値も激減して、観た気分にはなれません。

これに決めた!
「最初は興味が無かったのに、今では関心が100倍に増している!」そうなればもはや止める理由もないので本能に忠実に。ところが、見たい作品が配信しているVODはどれでしょうか。実はGoogle検索で作品名をググるとすぐにVOD名称が提案されますが、それは一部のものだけです。「劇場版 新・ミナミの帝王」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

配信はいつ終わる?
残念なことにこんなことは言いたくありませんが、あなたが今見ている作品もVODで常に配信されているとは限らないのです。「よし明日にしよう!」と思って後回しにすると「え、ない…」という最悪パターンを経験するかもしれません。終了という大事な切れ目はわかりにくいので、かなり把握は困難ですが、このフルムビバースでは専用ページで一覧化しており、ざっくり確認を支援しています。「劇場版 新・ミナミの帝王」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

悪いサイトを追い出すために
「フィルタリングがあるから大丈夫だろう」そんな考えは甘いです。既存のブラックリストを確認してみると問題サイトのいくつかは登録されていないために影響は受けていません。ドメインをコロコロ変えることで正体を掴めないようにしているものもあります。どうすればいいのか。ひとつの有効策として専門家が推奨しているのでは優れたサービスの拡大。安価で便利であればわざわざ危ない不安定な動画を使用する人は減るので、大衆の関心を引っ越しさせるという作戦はかなり有効的です。「劇場版 新・ミナミの帝王」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料動画サイトとの違い
ネットが産声をあげて動画というコンテンツで私たちの日常を支配し始めた時期。その頃から業界の先陣で頑張ってきたのは動画共有サイトです。しかし、その膨大な動画の山もすっかり課題ばかりが手づかずで放置されるようになっていきました。ユーチューバーで埋め尽くされた状態は嫌だという人もいるはず。また、再生して見れば取るに足らないテキストだけのガッカリ動画というのも頻繁に存在します。そこでVODは新しい時代の上位版動画サイトです。既存の欠点を克服した、「劇場版 新・ミナミの帝王」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「劇場版 新・ミナミの帝王」は? 大雑把に言えば難しいことはなく、初回(ここが大事。同一サービス内で2回目以降はない)の一定期間(時期はサービスごとに違うので注意)動画などの利用が無料になるというものです。肝心の作品は個々で異なります。見放題サブスクならば全部。単体購入ビュー型ならポイント範囲内。ご利用はご計画的に。どちらがいいかは一長一短のトレードオフ。結局は選択が全て。事前にこのページでどれがいいのかあみだくじではなく吟味しましょう。

『劇場版 新・ミナミの帝王』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『劇場版 新・ミナミの帝王』をさらに知る

人気漫画「難波金融伝・ミナミの帝王」を原作に、2010年に放送されたテレビドラマ「新・ミナミの帝王」の劇場版。エグゼクティブプロデューサーは片岡秀介、東田元、貝津幸典。近頃、大阪・ミナミの街では一帯をショッピングセンターにするという名目で次々と店が地上げされていたが、その裏では地上げ屋の薮田と政治家の小笠原が暗躍し、密かにある計画を進めていた。人の暗躍によって苦しむ人もいれば、それで上手く立ち回る奴もいる。一方、ミナミの金貸し、萬田銀次郎の顧客でもある和菓子屋の植村家は、ネット界の人気者として知られる女子高生の美月によってネット上で非難され、人生の色々な面目を傷つけられて倒産の危機に。しかし、美月は薮田と小笠原に利用されていたという裏があり、さらなる闇を知る。事実を知り傷ついた美月と植村家を救うため、銀次郎と舎弟の坂上竜一は反撃にでる。

★スタッフ
監督:瑠東東一郎
脚本:ひかわかよ
撮影:中山秀一
音楽:PE’Z、櫻井真一

★キャスト
千原ジュニア、大東駿介、松井愛莉、板尾創路、橋本じゅん、光宗薫、袴田吉彦、赤井英和、亀田大毅

★インタビュー
・千原ジュニア「気恥ずかしさみたいなものがある中で、25年前に一緒に歩いていたミナミを舞台にした映画を2人でやらせてもらうというのは、不思議な感覚でしたね。だからもう2度とやりたくないですね!(笑)」

★『劇場版 新・ミナミの帝王』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『劇場版 新・ミナミの帝王』の感想

●FILMAGA 
千原ジュニアの新・南の帝王は舞台挨拶で、言ってたけれどもう8年位経つと。テレビでやっていたのかな?知らなかった。竹内力のイメージが強かったが、千原ジュニアのは初めてだが、新鮮でよかった。ストーリーは、今の時代背景をとらえていて特に板尾創路の演技が好きかな。前作のドラマを観ていなくても面白いので、そこは安心してほしいのですが、素直に楽しむ以上に、もっと掘り下げたいならさらに関連作を観ていけばいいと思う。
●シネマトゥデイ
ドラマよりパワーアップしている劇場版。千原ジュニア演じる萬田銀次郎は寡黙なエリートビジネスマン風で、バブリーでいかつい竹内力のイメージとは大きく異なるが、地上げ屋と政治家の横暴からミナミの零細商店主を(結果的に)助けるというストーリーは旧バージョンのファンにとってもなじみやすい伝統的なスタイル。なので旧作好きも入り込みやすいのではないかなと思う。順当な発展形としては正しい映画化の形ではないかなと感じる。
●BILIBILI
初期の竹内力版は原作をベースにしていたが、どんどん原作から知らない世界へと離れて行ったが、この「新ミナミの帝王」は原作とも竹内力のとも全くの別物に変わり果てている。原作や竹内力版のファンからはそれはもう不評かもしれないが、別物とわりきって何も考えずに観れば、ツンデレ人情派の萬田銀次郎もなかなかいいという結論に落ち着くだろう。コッテコテの大阪弁、コアなロケ地、キャストの訛りも自然だし、そういう関西リスペクトもOK。