無限の住人(2017)

木村拓哉主演、殺しまくり時代劇

映画『無限の住人』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 紛らわしいリンクに惑わされることはないです。
今すぐ『無限の住人』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:無限の住人(Blade of the Immortal) / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年4月29日 / 140分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『無限の住人』予告編

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】高品質
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『無限の住人』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなに普及中!
時代劇とエンターテインメントが混ざり合ったような作品は観やすく日本伝統文化も垣間見ることができて面白いものです。そんなパワフルな作品を観たいときは、動画配信サービスを利用して見れないかどうか検討してみましょう。ネット配信なので、ウェブサイトにアクセスするだけで見れるという利便性が嬉しく、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単です。ジャニーズ系の作品は扱いがないこともあるので、よくチェックしておきましょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは慎重にサービスが自分に合うかを試したい人には朗報で、登録時から一定期間を費用無しで使えるというもの。その間はもちろん無料なので料金の心配は無視できます。「私はインターネットに慣れていないのですが大丈夫?」そんなドキドキも落ち着いてください。ネットを使い始めたばかりの人でも使うのは簡単。それこそ家を出られないお年寄りでさえも使えます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「無限の住人」の再生はダメです。あの手この手であなたを危険な罠に嵌めてきます。「FREE VIDEO」や「FULL WATCH」など関心を集めて思わずクリックを誘発するようなワードを広告に混ぜ込んで、ページ内のコンテンツに区別がつきづらいように巧妙に配置していることもしょっちゅうです。もう後は理解しているはずです。今すぐにオフィシャルな方向に移っておけば、何かに怯えるようなことも無しです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかし、知っている人は承知の事実でしょうが、このVODはとにかく種類が多いです。加えてそれぞれごとに配信作品のラインアップさえ変化するという流動性も。「無限の住人」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今目の前に広がっているページの情報は配信VODのサジェストです。内容は固定ではなく、変化しているので昨日見た状況とは違っているかもしれません。いずれにせよ記事更新日時点のものです。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

原作もついでに見よう
映画も楽しいですが、そのもとになった原作を読んでみると「え、こんな展開になっていたの?」「ここはこういう気持ちだったのか」そんな新発見があり、ただのファンアイテムではない面白さに満ち溢れています。でも本屋に行ったり、Amazonのような通販サイトをチェックするのは面倒です。そこでVODの出番。サービスの中には電子書籍提供もしている複合マーケットを完備しているものもあり、さすがに全ての原作は置いていないですが、見つけやすくなるのは事実。流れるように原作読破も可能なのです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ(違法コピーorアップロード動画)の問題は業界に大ダメージを与えるものですが、そのカウンターとしてVODは役立ちます。というのも、海外研究ではサイトアクセスを強制的に禁止にするブロッキングと比べても、多くのユーザーを素直に満足させる低価格で利便性の高いサービスの存在の方が、効果が高いという報告もあります。まさにVODはその機能を果たすピッタリな逸材。普及すればするほどに非合法なサイトをネット上で追い詰めることができるので「無限の住人」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「木村拓哉」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

海賊版サイトは無料ではありません
海賊版サイトというのはその名のとおり、傲慢にこちらの財産を根こそぎ奪っていきます。無料や動画という看板を背負いながら、優しそうに近づき、接近したところで一気に大砲で攻撃してくるという畜生です。大切なプライバシーを厳重に保護したいと思っているなら、この船は極悪の巣窟なのです。「無限の住人」が何が何でも見たいという感情は重々理解できますが、それを無料で何も登録なしに…というのは少々虫が良すぎる話です。ちゃんとオフィシャルを保障する企業に委ねましょう。それはどんな会社のものが良いのかはこのページでも案内しています。

『無限の住人』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『無限の住人』をさらに知る

沙村広明原作の人気時代劇コミックを実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは小岩井宏悦、プロデューサーは坂美佐子、前田茂司、ジェレミー・トーマス。伝説の人斬り・万次は、妹の命を奪われて生きる意味を見失った時、謎の老婆によって無理やり永遠の命を与えられ、死にたくても死ねない「無限の体」になってしまう。それは生の尊さを失った、一種の苦しみであった。そんな永遠の時間を孤独に生き続けるだけの日々を送っていた万次の前に、剣客集団・逸刀流に両親を殺された少女・浅野凛が現われ、仇討ちの助っ人を依頼する。普段であれば他人の人生にそれほどの興味も示さないが、凛の姿に亡き妹の面影を重ねた万次は、用心棒として凛を守ることを決意し、凄絶な戦いに身を投じていく。

★スタッフ
監督:三池崇史(関連作品:『土竜の唄 香港狂騒曲』)
脚本:大石哲也
音楽:遠藤浩二

★キャスト
木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、北村一輝、栗山千明、満島真之介、金子賢、山本陽子

★インタビュー
・木村拓哉「万次の着物に袖を通した瞬間から“もうどうなってもいい”という気持ちで撮影現場にいました。自分にとってはその気持ちが三池組の一員になる第一条件だったんです」

★雑学(トリビア)
・原作漫画は『月刊アフタヌーン』にて1993年6月から2012年12月まで連載され、全30巻の単行本となっている。

★『無限の住人』の評価

IMDbRTMETA
6.885%??
映画comY!FM
3.13.653.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『無限の住人』の感想

●無料ホームシアター 
キムタク無双8割、他のキャラ2割。原作を2時間20分に詰めるのは大変だったであろう。ヒロインに当たる凛の復讐をベースにして万次が次々と刺客と戦って行くベースはありつつ、切ると切られるが続くだけの、殺陣オンパレードだった。これはどちらかといえば外国人受けが良さそうである。シンプルなストーリーなので何も考えずに斬りまくりを堪能できるという意味では、それが観たい人はたまらない作品になることは間違いないと思います。
●BILIBILI 
ぶった斬りのキャッチコピーは偽りなし。殺陣シーンは冒頭からラストまで見応え充分。殺す、倒す、斬る、裂く…の連続に、脳みそがマヒしてくる。これぞ戦闘狂。日本人の細胞レベルで木村拓哉が染み付いてるから、何の役でもキムタクになってしまう現象はあるのですが、つまり実質、キムタクが人を殺しまくっているようなものです。この新鮮さが楽しいのかも。これからは正義とかではなくて、悪役にガンガン挑戦していってほしいかな。
●PARAVI 
「るろう」を想像しているかもしれませんが、結構違います。ストーリーなんて全部投げ捨てて殺しまくりのキル・アクション映画です。いつもの三池監督ならスタイリッシュ人体解体ショーとかエログロも容赦なく入れるのでしょうが、ここはジャニーズ。さすがに忖度が働いたのか、それとも天の声があったのか、いろいろ難しかったのかもしれない。でもそれなりに頑張ってはいたのでこの調子で少しずついろいろな壁をこじ開けてください。