美女と野獣(2017)

世界が感動した愛のアニメを実写映画化

映画『美女と野獣』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 紛らわしいリンクに惑わされることはないです。
今すぐ『美女と野獣』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Beauty and the Beast / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年4月21日 / 130分 / 制作: / 配給:ディズニー

映画『美女と野獣』日本版予告編
Beauty and the Beast: Full Behind the Scenes Movie Broll – Emma Watson

©2016 Disney. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『美女と野獣』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

視聴は初心者に有利です
世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がありますが、それらが最新の映像で蘇るとさらに面白さがアップします。そんな話題にもなった映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信なので、メリットもたくさん。ハイクオリティな映像をテレビで見ることも可能。字幕や吹き替えを選択できるものもあるので、ユーザーの好みに合わせてフィッティングできるのも大きな利点です。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。「迂闊に手を出すのも怖いから…」そんな警戒心もいりません。簡単に言えば期間限定で無料であれこれと動画を見たりとできるものであり、ライトに試せます。「無料ホームシアター的な体験がしたいのだけど…」そんな要望にも限りなくお答え。視聴媒体を選びませんからどのような再生環境にも対応させやすいのが最大級の利点でもあります。「美女と野獣」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「美女と野獣」の視聴はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかしながら、今この文章を読んでいる瞬間にも配信の内容は変化してしまいます。昨日、今日、明日。コンテンツは全て変わることはないにせよ、微妙に変化します。「美女と野獣」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。完璧ではないかもしれません。でもフルムビバースは毎日の手作業更新によって過去作品さえもきめ細かくVODの配信模様を提供し続けています。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。「美女と野獣」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「それぞれで観たい作品がバラバラなのに喧嘩が起きないかな?」という悩み。とくに子どもに見せづらい映画は困ります。劇場公開ではレーティングがあるので、そのような事態は防げますが、VODは作品一覧がズラリと並ぶのでどうしても目に入ります。悪影響などは考えすぎかもしれませんが、極力は親のコントロールが必要です。でも大丈夫。VODにはユーザーセパレートが可能なシステムがあるので、個人ごとに人目を気にせずにエンジョイ可能です。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「美女と野獣」の動画を楽しみましょう。

俳優好きにも必須
映画の魅力を100%、200%とウルトラアップさせるのが俳優のパワーです。地味な登場人物の意外な豹変で一気に観客の感情を鷲掴みにしたり、本物のような熱演で感動の渦に巻き込んだり、俳優にすっかりやられた人もいるでしょう。VODは俳優検索ができますし、フルムビバースもキャスト情報は完備しています。「エマ・ワトソン」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

『美女と野獣』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『美女と野獣』をさらに知る

ディズニーが1991年に製作して大ヒットを記録し、アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞にノミネートもされた、長編アニメーション映画『美女と野獣』を実写化したファンタジーロマンス。製作総指揮はジェフリー・シルバー、トーマス・シューマッハ、ドン・ハーン。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方が幻想的で美麗な映像で描かれる。愛さえあればどんな壁も乗り越えられる。醜い野獣の姿をしたひとりの王子が城で暮らしていた。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう魔女の呪いだった。しかし、こんな辺境の地に愛を抱かせる人間など訪れるはずもない。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。最初は高圧的に接してしまい、距離ができていたものの、自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく。

★スタッフ
監督:ビル・コンドン(関連作品:『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』)
脚本:エバン・スピリオトポウロス、スティーブン・チョボウスキー、ビル・コンドン
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:アラン・メンケン

★キャスト
エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンズ、ケビン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチ、オードラ・マクドナルド、ググ・バサ=ロー、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン、エイドリアン・シラー、ソノヤ・ミズノ

★『美女と野獣』の評価

IMDbRTMETA
7.271%??
映画comY!FM
3.94.174.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『美女と野獣』の感想

●シネマトゥデイ  
アニメの実写化はハードルが高いものです。それがファンタジーならなおさら。しかも、今回はあのディズニーの有名作というこれ以上ない難易度だったはず。しかし、その難壁を軽々と飛び越えて粉砕してしまったのがこの映画でした。何よりもエマ・ワトソンの存在力がすでにヒロインとして完成されすぎているので、完璧でした。この圧倒的な女優力。加えてミュージカルシーンを映像化できるほどのエンタメ性の両立。もう文句なしの映画です。
●VUDU  
知ってるストーリーなだけに新鮮さはないというのが残念ですけど、それ以外は最高の体験ができました。ガストンとル・フウのコンビとか、アニメ以上に好きになってしまったし、実写ならではの魅力もありました。ベルと野獣が次第に心を打ち解けあい、互いを愛し合うという定番ものですが、その王道をこれでもかと見せつけるのはいいと思います。セリーヌ・ディオンの「時は永遠に」は本当に素晴らしいし、やっぱり歌の力って偉大だなと。