インビテーション/不吉な招待状

ラストであなたは戦慄する

映画『インビテーション 不吉な招待状』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 必要最低限のリンクのみを掲載。
今すぐ『インビテーション 不吉な招待状』を見るなら動画リンクをチェック。

元妻からディナーに招かれた男の運命を、巧妙な伏線と予想を裏切る展開で描き、各地の映画祭で絶賛されたシチュエーションスリラー。何かがオカシイと気づいたとき、それはもう手遅れかもしれない。ある事故が原因で心に深い傷を負い離婚したウィルとイーデン夫婦。その後、イーデンは行方不明となった。2年後、ウィルの元に突然、イーデンからディナーの招待状が届く。理由はわからないが、行かない理由も何もない。現在の恋人を連れてかつての我が家を訪れると、別人のように陽気になったイーデンと新恋人デビッドが、2人を温かく迎え入れる。さらに旧友たちも集まって再会を喜びあうが、ウィルは微かな違和感を抱きはじめる。どこかおかしいと心がざわつくような疑問。デビッドはなぜか執拗に玄関の鍵を内側から閉めようとする。どこか不穏な空気が漂う中、やがてパーティは予想を覆す展開を迎える。

原題:The Invitation / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2017年1月28日 / 100分 / 制作: / 配給:アットエンタテインメント

元妻からパーティーに招かれて…!映画『インビテーション』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『インビテーション/不吉な招待状』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなが魅力にドハマり中!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを満喫すれば退屈な日常は吹き飛びます。そんなスリルを楽しむなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあるほど、一般化したこのサービス。ユーザー数は伸びており、レンタル店でDVDを借りることが面倒になっている人にとって、一度使ってみるとその便利さは病みつきになるほどです。

「無料」より安いものなし!
ここからが本領発揮ですが、利用ユーザーへのギフトになる無料体験サービスがドドンと大盤振る舞いで待ってます。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「退会の時期に制限はあるのか?」という質問に関しては、そのような制約はないと回答できます。携帯キャリアとは違って縛りのようなものはありません。好きなタイミングで辞められます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは有害性の塊です。それで「インビテーション/不吉な招待状」の鑑賞はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。タダより安いものはないですが、危険より魅力な安さというものもありません。安心を一番に選んでおきましょう。

これに決めた!
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。ところが、見たい作品が配信しているVODはどれでしょうか。実はGoogle検索で作品名をググるとすぐにVOD名称が提案されますが、それは一部のものだけです。「インビテーション/不吉な招待状」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページはその疑問の解消のサポートができます。フルムビバースでは各作品が視聴可能なVODをアイコンによって一覧化。このインフォメーションは固定ではなく状況変化に合わせ更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フルムビバースでは情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

登録情報は最小限
初めてのVOD登録はわからないことも多いですが、入力する情報に不安があるかもしれません。基本はシンプル。ユーザーネーム(もしくは名前)、メールアドレス、固有のパスワード、生年月日、電話番号などの最小限構成です。あとは支払い方法となるクレジットカードの入力ですが、これは必須であり、しっかり忘れずに。本人情報と紐づけされ、初回利用者かどうかの判断になるので、どのクレカを入力したかはメモしておきましょう。初期登録は1分もかかりません。あとは「インビテーション/不吉な招待状」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「インビテーション/不吉な招待状」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
映画動画を無料で見たいと考えたとき、真っ先に動画共有サイトで探したりするかもしれません。でもそれはちょっと待ってください。骨折り損のくたびれ儲けのような時間の無駄になります。なにせこういうサイトは不便だらけ。サムネイルでユーザーを釣る悪質なものもありますし、とにかく低品質。動画だってお粗末なものです。不正な動画を通報してもそう簡単には消えにくいので、いつまでも私たちの視界から消滅してくれません。VODはそんな厄介な欠点など微塵もない、「インビテーション/不吉な招待状」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画が映像媒体である以上、不可避の問題が表現レギュレーション。対象年齢や倫理的な事項を鑑みて、一部の表現がカットされたり、ボカされたり、フルで見られない状況もたびたび発生します。劇場上映やテレビ放映はそういう事態も起こりやすく、不満を持つ人もいたことでしょう。どうせなら製作陣が作った素のままを楽しみたいです。VODでは基本的に業界が異なるのでレーティング対応も違ってきます。独立性の高いサービスもあるので、気になる人はその観点を判断の材料にするのも有用です。

『インビテーション/不吉な招待状』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『インビテーション/不吉な招待状』をさらに知る

★スタッフ
監督:カリン・クサマ(関連作品:『ジェニファーズ・ボディ』)
脚本:フィル・ヘイ、マット・マンフレディ
撮影:ボビー・ショア
音楽:セオドア・シャピロ

★キャスト
ローガン・マーシャル=グリーン、タミー・ブランチャード、ミキール・ハースマン、エマヤツィ・コーリナルディ、リンジー・バージ、マイク・ドイル、ジェイ・ラーソン、ジョン・キャロル・リンチ

★『インビテーション/不吉な招待状』の評価

IMDbRTMETA
6.787%??
映画comY!FM
?????2.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『インビテーション/不吉な招待状』の感想

●シネマトゥデイ  
やたらと絶賛風の受賞歴がずらっと並ぶがこの作品はかなりクセがあるというか例えるのならばちょっとドレスコードがあるようなお高いレストランのような映画です。要するにエンタメたっぷりな恐怖で観客をギャーギャー驚かすようなホラーではないということ。シッチェス映画祭で高評価という実績からそれはわかる人にはわかるのですが知らないと「なんだこれ」になってしまいますから気を付けて。とりあえず最後までみましょう。話はそれからです。
●DAILYMOTION  
怪しい招待状で集まった人間たち。一体これはどういうことなのか。そんな意味不明な状況でもただなんとなくノリで過ごしていくものの、違和感がじわじわと侵食していって、最後に…みたいな話。劇中のほとんどではそこまでびっくり展開は起こらないし、なにせパーティをまったりしているだけなので、表面上は退屈。最終的にはオチを知ったうえでもう一度見るとそういうことかと納得できるけどそこまでの過程は色々裏側過ぎてわかりにくいものかも。
●VUDU 
こういうことってあるのかな。確かに日本でもいきなりとんでもない事実をカミングアウトしちゃった若手女優もいたしあながち嘘でも大袈裟でもないのかもしれない。そして業界に潜む別の支配的組織の存在が明るみになるという演出をあれだけで表したのは上手いと思う。つまりこれはハリウッドってヤバい!ってことなのか。どこまでフィクションで、どこまでリアルなのかは知りたくもないけど、自分の知らない裏側って予想以上に怖いのかもしれない。