ジョーズ(1975)

スピルバーグが生み出したサメ映画の王者

映画『ジョーズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 必要最低限のリンクのみを掲載。
今すぐ『ジョーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jaws / 製作:アメリカ(1975年) / 日本公開:1975年12月6日 / 124分 / 制作: / 配給:ユニバーサル・ピクチャーズ / 次作:『ジョーズ2』


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『ジョーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作を見逃しているなら!
屈指の伝説的な名作として映画史に堂々と名を残す映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなレジェンドな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用して気軽に見ましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですがネット配信はさらにラクチン。最新映画もありますが、旧作もしっかり存在します。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更でき、ノーストレスで楽しめます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。どんな場合でも始まりがありますが、これはそのあなたのサービス開始日を元に無料お試しの期間が始まるというもの。当然、個人によって状況は変わりますが便利さは同じ。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。「ジョーズ」も配信中。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ジョーズ」の視聴はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。もう後は理解しているはずです。今すぐにオフィシャルな方向に移っておけば、何かに怯えるようなことも無しです。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ジョーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

字幕・吹替、選択は自由
映画観客を大きく二分することになる「字幕」と「吹き替え」の翻訳スタイル問題ですが、もちろんどれが正しいという真理はないので、そこまで厳密さに気にすることはありません。トランスレーション自体は絶対に正確というのはなく、字数制限の中でさまざまな苦労があるものです。しかし、好みで選ぶうえでも必ず自由度は欲しいです。VODは鑑賞時にセレクトできるので、嗜好に合わせられるでしょう(両方あるかどうかは作品によります)。心がワクワクする「ジョーズ」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使い始めた月の最終日(月によって異なります)までというルール設定もあったりします。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ロバート・ショウ」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「ジョーズ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「ジョーズ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ジョーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジョーズ』をさらに知る

ピーター・ベンチュリーの同名小説を映画化し、社会現象になるほど大ヒットした海洋パニック。製作はリチャード・D・ザナック、デビッド・ブラウン。海水浴客でにぎわう夏の海に、突如として巨大な人食いザメが出現。人間になすすべもなく、若い女性が無残に食い殺される。それは明らかに異常な事態だった。警察署長のブロディはこれ以上の被害が起きかねないために海水浴場の閉鎖を訴えるが、町の財政は夏の観光で成り立っているため、全く意見を聞き入れてもらうことができない。そのまま無策でいると、案の定、第2、第3の犠牲者が発生し、町はたちまち阿鼻叫喚のパニックに陥る。ブロディは静観することはできないと、若き海洋学者のフーパーと荒くれ者の地元の漁師クイントとともに、独断でサメ退治に乗り出す。

★スタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『続・激突! カージャック』)
脚本:ピーター・ベンチリー、カール・ゴットリーブ
撮影:ビル・バトラー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
ロバート・ショウ、ロイ・シャイダー、リチャード・ドレイファス、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン、カール・ゴットリーブ

★雑学(トリビア)
・原作小説は、1916年7月にニュージャージー州のリゾート地の海岸でホオジロザメが泳いでいた人を次々襲撃した実際の事件がもとになっている。

★『ジョーズ』の評価

IMDbRTMETA
8.097%??
映画comY!FM
3.6???3.5
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ジョーズ』の感想

●シネマトゥデイ 
有名になりすぎてフリー素材と化したような気がするほど、テンプレのような伝統芸を生み出した作品。海に現れた謎の死体。これはサメじゃないかという疑いに、余計なことを言うな、観光の街だぞ、風評被害だ!とまくし立てる無能市長。順調にフラグを立てていき、ついに起こる惨劇。スピルバーグ作品には珍しい子どもが死ぬシーンもあって、この恐怖は今見ても怖い。これでサメどころか、水場にさえトラウマを持った人がいたのも納得。
●ユナイテッドシネマ  
ジョン・ウィリアムズによるテーマ曲が有名な作品。でも意外と鑑賞したことがある人は今はあまりいないのではないか。悪いことは言わないからぜひ見るべきだ。これが原点なのかと感動するから。そして、今の感覚で見てもやはり恐ろしい。本当は機械の故障のせいだそうだが、サメの姿をなかなかださないサメ視点の襲撃映像も当時としては画期的だった。この映画がなければ今もモンスターパニックがなかったかもしれないと思うとゾッとする。
●イオンシネマ 
続編がいくつも公開され、勝手にマネをした派生作品が山ほど存在するけど、やっぱり初代に敵うものは現在も登場していないと思います。前半は町というコミュニティの集団心理を描く恐怖、後半からは白鯨をベースにしたサメと人間の執念の戦い。当時28歳だったスティーヴン・スピルバーグがここまでできるなんて、間違いなく天才だったのだろうなと実感するばかりの傑作。サメの代名詞になったジョーズ。こんな映画はもう作られないでしょう。