エイリアン コヴェナント

絶望の産声『エイリアン』の前日譚が語られる

映画『エイリアン コヴェナント』のフル動画を無料視聴する方法をシリーズ制覇でレコメンドしています! 最小限のリンクだけを掲載しています。
今すぐ『エイリアン コヴェナント』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Alien: Covenant(「エイリアン・コベナント」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年9月15日 / 122分 / 制作:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス / 製作費:9700万ドル / 興行収入: / 前作:『プロメテウス

映画『エイリアン:コヴェナント』予告A

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

動画
▼『エイリアン コヴェナント』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 高水準

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『エイリアン コヴェナント』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

おぞましい動画を観る勇気はある?
名作として語り継がれる作品の続編シリーズはそれだけの歴史と斬新さが組み合わさった独自の面白さがあります。そんなミステリアスでユニークな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信はメリットも多く、とくにシリーズものに強いのが特徴。レンタル店でDVDを借りる場合のように一作ごとに作品を探しまわる必要がないので、時間のない人ほどぴったり。生活スケジュールに合わせやすいです。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。「有能なピンチヒッターがいます。しかもそれは無料です!」そんな言葉は信じがたいですが、でも本当なのです。初回トライアルのチャンスタイミングはオールタイムであるわけではありません。「退会は決められた時期にしかできないの?」「タイミングを自由に判断できないのはちょっとね…」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。リドリー・スコット監督の「エイリアン コヴェナント」もアリ。

アウトな場所は本当に危ない!
不正な動画ウェブサイトは明らかに大きな問題を抱え込んでいるもので適法性・実用性の二点で非推奨。それでマイケル・ファスベンダー主演の「エイリアン コヴェナント」の視聴はダメです。「慎重に使っていればいいよね?」そういう油断はフラグでしかありません。考えが甘いと地獄を見ます。実際の被害例もいくつか散見されており、目も当てられない惨状になれば後悔しても後戻りできません。たかが動画サイトでも危ういものは本当に危険性大なのです。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

どれを選べばいい?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。キャサリン・ウォーターストン出演の有名な侵略SFシリーズの続編「エイリアン コヴェナント」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。初体験になるVODを見つけられたら、それはあなたの退屈な日常にクリティカル・ヒット。毎日映画を観るのでも構いません。これからはバラ色の映画生活が広がっていきます。

字幕・吹替、選択は自由
映画観客を大きく二分することになる「字幕」と「吹き替え」の翻訳スタイル問題ですが、もちろんどれが正しいという真理はないので、そこまで厳密さに気にすることはありません。絶対にこれでないとダメだという押しつけもしません。トランスレーション自体は絶対に正確というのはなく、字数制限の中でさまざまな苦労があるものです。しかし、好みで選ぶうえでも必ず自由度は欲しいです。VODは鑑賞時にセレクトできるので、嗜好に合わせられるでしょう(両方あるかどうかは作品によります)。心がワクワクする「エイリアン コヴェナント」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、あまり運営を責めてもしょうがないもので、なぜならユーザーの通信環境の影響も大きいからです。ビリー・クラダップ出演のモンスターパニック映画「エイリアン コヴェナント」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

高画質で見られる?
ハイクオリティで映像の隅々まで、キャラクターの表情や背景に映っている何気ないオブジェクト、美麗な空間デザインを構成する環境フィールド、あらゆる映画のパーツを見たい人もいます。そのためには高画質でないといけません。ネット動画は低画質だと勘違いしている人はいまだにいますが、それは嘘です。実際はDVDを上回る性能があり、映画館のような見づらさもないので、もっとも最適に映像を堪能できるといえるでしょう。あとは所有している再生機器の性能の問題だけになってきます。「エイリアン コヴェナント」の動画を目いっぱい楽しみましょう。

表現規制を避けるなら
映画という映像メディアに起こる問題が表現規制。映画館やテレビ放送ではどうしてもレーティングという業界ルールがあるために制約が発生します。中にはバッサリと映像に処理が加えられたり、重要な部分なのに不明瞭になることも。俳優の不祥事で販売が自粛されたりすることもあります。それでは純粋にクリエイターの作り出したモノを満喫はできません。しかし、VOD(とくにテレビなど日本の大手企業が不関与のサービス)はそうした業界規制とは別の判断基準があるので独立性が高いです。ダニー・マクブライド出演の「エイリアン コヴェナント」も無規制で。

『エイリアン コヴェナント』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月6日時点での『エイリアン コヴェナント』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『エイリアン コヴェナント』をさらに知る

エイリアン2』『エイリアン3』『エイリアン4』と続く「エイリアン」シリーズの原点となる『エイリアン』(1977年)の前日譚を描くSFパニック。『エイリアン コヴェナント』の製作はリドリー・スコット、マーク・ハッファム、マイケル・シェイファー、デビッド・ガイラーなどが名を連ねる。人類の植民地を探していた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちは、前人未到の楽園と呼べる、ある一つの惑星を発見する。しかし実際は、楽園とは程遠い、恐ろしく危険な世界だった。恐怖が潜む不気味な構築物。そしてそこに住んでいたのは、かつて宇宙船プロメテウス号での調査に同行し、ただ一人の生存者となったアンドロイドのデヴィッドだけだった。彼は何を知っているのか。そこで驚愕の事実を知ることになる。

★『エイリアン コヴェナント』のスタッフ


監督:リドリー・スコット(関連作品:『オデッセイ』)
脚本:ジョン・ローガン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ジェド・カーゼル

★『エイリアン コヴェナント』のキャスト


マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル

★『エイリアン コヴェナント』の評価

IMDbRTMETA
6.572%65
映画comY!FM
3.23.203.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『エイリアン コヴェナント』の感想

●『エイリアン コヴェナント』無料ホームシアター
この作品はプロメテウスとエイリアン1の間の物語。エイリアンもシリーズとしては4作目でストップし、その後プレデターと戦ったりして脱線していましたが、シリーズ行き詰まりの最大の原因はリプリーの存在にあった。1で生き残り、2でヒーローになり、3で救世主になり、4でクローンになるというシリーズを通してリプリーの成長がエスカレートすることにより、肝心の「エイリアンの脅威」が瓦解していくという悪循環に陥ってしまった。そこでリドリースコットは前日譚のプロメテウスを制作し、逆進することによってリプリー縛りを無くしシリーズをリフレッシュさせたのです。
●『エイリアン コヴェナント』ユナイテッドシネマ 
おそらく異形のモンスターが出てきてひたすら人間を襲うパニック映画を期待した人はガッカリするだろう。この映画の創造主であるリドリー・スコットは明らかにそこを狙いにしていない。観た人はわかるように完全に人間そっちのけでエイリアンとアンドロイドという人ならざるものを主役した「ブレードランナー」的な世界観が構築されている。人間はただの食物であり、滅びゆく存在なのだ。だから、劇中で登場する人間たちは非常にマヌケで、死んで当然の奴らとして描写されている。慈悲はない。監督の頭の中ではどんな発展を考えているのだろうか。もはや人間には理解できない。