デッド・フレンド・リクエスト

呪いのSNSが蔓延する

映画『デッド・フレンド・リクエスト』のフル動画を無料視聴する方法を堅実にレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『デッド・フレンド・リクエスト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Friend Request(「デッドフレンドリクエスト」) / ドイツ(2016年) / 日本公開:2017年2月7日 / 92分 / 制作: / 配給:ポニーキャニオン

映画『デッド・フレンド・リクエスト』予告編

(C)2015 Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG / SevenPictures Film GmbH / TOPFILM 120 (PTY) LTD

動画
▼『デッド・フレンド・リクエスト』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『デッド・フレンド・リクエスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画はネットでやってくる!
日常にありえない思わぬ恐怖で衝撃を与えてくれるホラー&スリラーはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く用いましょう。同じジャンルの映画をたくさん観たい人にもぴったり。ネット配信なので気軽に視聴可能。スマホでみれば通勤通学の外出先でもOK。パソコンを使えばながら見でもOK。もっと他がいいならタブレットやテレビでも対応できるので自由にどうぞ。

「無料」を見逃すな!
「有料だから躊躇してしまうけど…」と目を逸らすことはありません。最初は無料ですので手招きを遠慮なくしています。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」「きっとプレビュー版のようなもので終わったりしない」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。サイモン・バーホーベン監督の「デッド・フレンド・リクエスト」もアリ。

ダメである理由がある!
なお、巷に溢れる凶悪なイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それでアリシア・デブナム=ケアリー出演の「デッド・フレンド・リクエスト」の鑑賞はダメです。問題点はいつも潜んでいます。例えば問題性がクローズアップされているリーチサイトの中にはユーザーを有害コンテンツへと巧みに陥れようとしてくるものも。それらはマイナスダメージだけを受けるのですぐにブラウザバックしましょう。そうした悪いサイトでは映像画質もノイズだらけですから、映画の価値も激減して、観た気分にはなれません。

いちはやくウォッチ!
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。しかし、知っている人は承知の事実でしょうが、このVODはとにかく種類が多いです。加えてそれぞれごとに配信作品のラインアップさえ変化するという流動性も。恐怖が連鎖していくスリラー「デッド・フレンド・リクエスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。振り回されるように翻弄されてエンドレスに悩み続け、結果的に諦めてしまうというオチになる? それを回避するのがこのページ。配信サブスクサービスをリストアップ一覧化。これで無駄足を踏む面倒さを大幅に低減できるでしょう。一部の類似サイトは特定のVODしか推薦せずに情報のアップデートもしませんが、フルムビバースは適度に更新しています。登録前に一回自分なりに気持ちを整理するために、ざっくりでいいので配信状態を見ておきたいというのは賢い判断です。タイトルでサクッと検索しちゃいましょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。お気に入りをズラッと並べたページを眺めるだけでもワクワクします。「デッド・フレンド・リクエスト」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く自分の理解を進めて視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
バラエティ選り取り見取りのVODと一緒の人生を始めようと思ったとき、アカウント作成することになりますが、そこでパスワード設定に注意です。安易な文字の羅列にしていませんか。覚えやすいからといって誕生日や辞書に載っている単語など推測できるものにしていませんか。それだと自動的な機械総当たりによって簡単に突破できます(今の技術なら本当に一瞬です)。また他サービスですでに使ったパスワードを流用していませんか。これだと連鎖的にアッサリと乗っ取られます。安全な「デッド・フレンド・リクエスト」動画体験をするには大事な外せない基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でも実際の意味ではどこまでが無料なのか。「デッド・フレンド・リクエスト」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

その動画サイトは使える?
「デッド・フレンド・リクエスト」を無料で鑑賞する? 欲望がムクムクと膨張していったときは破裂する前になんとかしたいものです。でも何が目に入るでしょうか。それは信じられるのでしょうか。例えば「openload」、別を言えば「mixdrop」、お次は「clipwatching」、もしくは「dailymotion」、いや「Miomio」。どちらにせよそれは放置した方がいいでしょう。嫌がらせで言っているわけではありません。なぜならそれらは違法コンテンツビデオになっているケースがほとんどだからです。アクセスログは保存されたままなので無知を装っても無理です。

『デッド・フレンド・リクエスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月11日時点での『デッド・フレンド・リクエスト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『デッド・フレンド・リクエスト』をさらに知る

SNSによって拡散する呪いの連鎖を描いたドイツ製サスペンススリラー。『デッド・フレンド・リクエスト』の製作はクイリン・ベルク、マックス・ビーデマン。SNSの「友だち」が800人以上いる女子大生ローラのもとに、「友だち」が0人の同級生マリーナから友だちリクエストが届く。それが予想だにしない惨劇の始まりだった。承認した途端にマリーナがしつこく付きまとってくるようになったため「友だち」から削除すると、マリーナはショックのあまり自殺してしまい、それ以来ローラは悪夢に悩まされるようになる。これだけでも大変だが、終わりはしない。さらに、ローラのSNS上の「友だち」も次々と無残な死を遂げ、彼らの死ぬ瞬間の動画が、なぜかローラのアカウントにアップされてしまう。不気味すぎる事態に困惑していると、やがてローラは自分のSNSの「友だち」リストに、死んだはずのマリーナがいつの間にか戻ってきていることに気づく。

★『デッド・フレンド・リクエスト』のスタッフ


監督:サイモン・バーホーベン
脚本:マシュー・バレン、フィリップ・コッホ、サイモン・バーホーベン
撮影:ヨー・ハイム
音楽:ゲイリー・ゴー、マルティン・トートゥシャロウ

★『デッド・フレンド・リクエスト』のキャスト


アリシア・デブナム=ケアリー、ウィリアム・モーズリー、コナー・パオロ、ブリット・モーガン、ショーン・マークエット

★『デッド・フレンド・リクエスト』の評価

IMDbRTMETA
5.316%??
映画comY!FM
2.7???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『デッド・フレンド・リクエスト』の感想

●『デッド・フレンド・リクエスト』シネマトゥデイ  
「友達100人皆殺し」というやたらとインパクトのあるキャッチコピーは全くのデタラメです。でもこの作品はまだよくできている方で、「アンフレンデッド」よりは怖かったです。友達承認したばかりにストーカーまがいの被害に遭い、逆恨み的に呪われるという迷惑極まりない展開。そういえば、今の若者たちの間ではこういうホラーっぽい情報ツールの都市伝説って広まっているのでしょうか。昔は呪いのチェーンメールとかちょっと流行りましたけど。
●『デッド・フレンド・リクエスト』TOHOシネマズ 
SNSを題材にしたホラー映画もずいぶん数が増えて、年に3~4本は公開されている気がします。これからもその流れは続きそうです。一体、次は何がホットなトピックになるやら。こんな人周りには居ないと考える人もいると思うけど、案外こう言う出来事っって絶対にないと言い切れないから怖いのですよね。実際、ぞわっとした経験者もいるでしょうし。心霊でなくてもSNSはじゅうぶん恐怖になりうるので、これはSNSスリラーという新しいジャンルです。
●『デッド・フレンド・リクエスト』DAILYMOTION  
このSNSデザインや使い方が完全にFacebookなんですけど、ロゴは出ないというつくり。ここまでやるなら普通に出してしまえばいいのに、やっぱり許可の問題なのかな。Facebookは廃れてもSNSはしばらく続きそうだし、この作品も理解しやすいでしょう。ソーシャル・ネットワーク・キラーという表現はなんか今後別の意味に使われていきそうですけど。本作はそんなSNSを題材にした作品の中ではかなり当たりなほうです。時間あるときにぜひどうぞ。