セールスマン(2016)

イランの名匠が描きだしたアカデミー賞受賞作

映画『セールスマン』のフル動画を無料視聴する方法をセレクトしてレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『セールスマン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Forushande / イラン・フランス(2016年) / 日本公開:2017年6月10日 / 125分 / 制作:Memento Films Production / 配給:スターサンズ、ドマ

「セールスマン」予告編

(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION – ASGHAR FARHADI PRODUCTION – ARTE FRANCE CINEMA 2016


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】和訳オプション
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『セールスマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用してみればわかる!
様々な葛藤や苦悩を抱えてそれぞれの思惑がぶつかり合う人間模様を描いたシリアスな作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを有効に使いましょう。ネット配信なのでメリットも多数。店に足を運ぶ必要はありませんし、貸し借りの煩雑な作業もなし。マイナー作品を見つけるのが困難な場合でも、ウェブサイトにアクセスすれば一瞬で検索可能。初心者にこそオススメです。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。「迂闊に手を出すのも怖いから…」そんな警戒心もいりません。簡単に言えば期間限定で無料であれこれと動画を見たりとできるものであり、そこまでの難易度もないのでライトに試せます。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。アスガー・ファルハディ監督の「セールスマン」もアリ。

確実に見るなら安全に!
不正な動画ウェブサイトはどういう理由を並べようとも適法性・実用性の二点で非推奨。それでシャハブ・ホセイニ出演の「セールスマン」の視聴はダメです。他人不信になる必要はなくともネットの大きなワールドはあらゆる思惑がひしめきあっており、警戒するに越したことはありません。それはときに人生を木端微塵に破壊します。セキュアなソフトサポートでもその危険は防げないことも頻出し、動画が視聴できない以前の深刻な怖さを体験させられてしまうこともあります。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

あなたの選択は自由!
「視聴願望は高まるばかりだし、これは今しかないのでは?」そういう気持ちには嘘はつけませんから、レッツゴーです。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。タラネ・アリシュスティ出演の「セールスマン」を視聴できるVODはどれなのか答えを求めて気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。それだけでOKです。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。数あるレコメンド・アイコンの中に、過去に使用経験のないサービスの名があれば、無料視聴までもう一歩。今日から毎日映画鑑賞会です。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使い始めた月の最終日(月によって異なります)までというルール設定もあったりします。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「シャハブ・ホセイニ」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、それは突然やってきます。でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。ババク・カリミ出演の「セールスマン」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら該当すると思われる機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、ファリド・サッジャディホセイニ出演の「セールスマン」に最適の優良動画のみの個人適正を探れるサービスなのです。

その動画サイトは使える?
ミナ・サダティ出演の人間の心の苦悩に迫る「セールスマン」を無料でウキウキと観れないの?と思っている人でも探索しだすでしょうが、サーチするだけではゴミとトラップばかりで手をケガするかもしれません。「dailymotion」「Miomio」というサイトらは有名どころです。「clipwatching」「cloudvideo」「vidoo」「vidia」「openload」「mixdrop」などのよくわからないけど目立つ謎めいたサイト。それらは過信するとろくなことになりません。映画検索可能と称してハイパーリンクを提示しているものは危ないかもしれません。不正動画に誘導したいだけという場合もあるのです。

『セールスマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月23日時点での『セールスマン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『セールスマン』をさらに知る

イランの名匠アスガー・ファルハディ監督が手がけたサスペンスドラマ。製作はアレクサンドル・マレ=ギィ、アスガー・ファルハディ。小さな劇団に所属し、作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演している役者の夫婦。ある日、引っ越したばかりの自宅で夫が不在中に、妻が何者かに襲われる。それは平穏だった家族の生活を大きく乱し、さらに予想外の拡大すらも見せていく。事件が表ざたになることを嫌がり、警察へ通報しようとしない妻に業を煮やした夫は、そんなことではこの一件を無かったことにはできないと、独自に犯人を探し始めるが…。

★スタッフ
監督:アスガー・ファルハディ(関連作品:『ある過去の行方』)
脚本:アスガー・ファルハディ
撮影:ホセイン・ジャファリアン

★キャスト
シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリシュスティ、ババク・カリミ、ファリド・サッジャディホセイニ、ミナ・サダティ、マラル・バニアダム、メーディ・クシュキ、エマッド・エマミ、シリン・アガカシ

★『セールスマン』の評価

IMDbRTMETA
7.896%??
映画comY!FM
3.4???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『セールスマン』の受賞
第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で脚本賞と男優賞を受賞。
第89回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。

★『セールスマン』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
ただの夫婦を描いた作品。でもそのただの夫婦というのがキーワードになっていく。最初のアパートのところからファルハディ節が炸裂していた。ゾクゾクする。その序盤からさりげない暗示が至る所に散りばめられてて、「ヒビ割れが最も大きいから気をつけろと言われた部屋」のカットを見た瞬間に、この映画は絶対に傑作だと確信しました。戯曲「セールスマンの死」の内容を一切知らないで鑑賞しましたが、それも正解だったと思いました。
●ユナイテッドシネマ 
夜中にショベルカー持ち出してマンションの基礎から掘り崩すのは、この国の日常なのでしょうか。それともドラマとしての暗喩なのか。話のメインはある事件。女性がシャワー中に他の男に襲われたという事実は、「恥かしい」とか「世間体」とかいう日本人が考えそうなものよりもっと根源的な「尊厳」や「宗教的な戒律違反」のような大きい枠組みで捉えられているのが、無知な私でも薄っすらと理解できました。国が違うとこうもなのか…。
●DAILYMOTION  
「別離」というマニアな映画ファンであれば押さえているあの名作を生んだアスガー・ファルハディ監督最新作であるサスペンス。とにかくイランという特殊な世界を描き出すことに長けている。社会経済の発展と伝統の摩擦により生じる問題と、その複雑性を、ある事件をもとにあぶりだす。結果、この作品は実はイランだけでなく、どの国でも当てはまる普遍性さえも見出している気がする。こういう事件の被害者を日本だってろくに扱っていないのだから。