私はあなたのニグロではない

世界中の映画祭で大絶賛! アフリカ系アメリカ人の歴史に迫る

映画『私はあなたのニグロではない』のフル動画を無料視聴する方法を確実なかたちでレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『私はあなたのニグロではない』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:I Am Not Your Negro / アメリカ(2016年) / 日本公開:2018年5月12日 / 95分 / 制作:Velvet Film / 配給:マジックアワー / 製作費:100万ドル / 興行収入:

映画『私はあなたのニグロではない』予告編
動画
▼『私はあなたのニグロではない』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る 良質環境

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『私はあなたのニグロではない』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フリーなウォッチをお試しあれ
社会で起きている無視できない問題の現実を突きつけるショッキングなドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信は認知度も増えてきましたが、その魅力はマイナー作品を視聴するときにも効果を発揮します。大作に埋もれがちな作品を優れた検索性で見つけやすくし、気軽な鑑賞で知見を高めることで毎日充実できます。

「無料」は全て初心者のため!
お得さをお知らせする特別コーナーはここからスタート。どんなものにも始まりはあるのです。無料お試しのトライアルでハッピー気分に浸りましょう。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「解約がすぐできない仕様なら怖くて手を出せない」そんな恐れは忘れましょう。登録よりも解約の方がラクチンで、思いついた時にその場でウェブサイトやアプリですぐに退会にシフトできます。ラウル・ペック監督の「私はあなたのニグロではない」もアリ。

ダメサイトはそこにある!
なお、巷に溢れる視聴どころではないイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。ジェームズ・ボールドウィン登場の「私はあなたのニグロではない」もダメです。直接的に怪しいサイトにアクセスしなくても、今は巧妙にそうしたサイトに誘導させるリーチウェブサイトもあります。例えば、ランキング系サイトはサイトを順位付けして表示しますが、その中に危険度大のサイトが紛れ込んでいることもあります。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

これに決めた!
「DVDをお安くレンタルすることを考えていた自分がバカみたい」そうです。VODを利用することこそが本当の賢い家計術です。ところが、見たい作品が配信しているVODはどれでしょうか。実はGoogle検索で作品名をググるとすぐにVOD名称が提案されますが、それは一部のものだけです。メドガー・エバース出演の「私はあなたのニグロではない」フル動画を視聴できるVODは選択をしたいのにわからないと延々と気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。対応しているVODサービスの多さは、おそらくアンオフィシャルなデータベースサイトの中では随一で、新規にも続々対応します。登録前に一回自分なりに気持ちを整理するために配信状態を見ておきたいというのは賢い判断です。タイトルでサクッと検索しちゃいましょう。

古い作品ならもしかして…
公式ではないかたちでネット上に映画本編の動画がアップされていればそれは違法性が極めて高いですが、そうではない特殊事例があります。それを覚えておくのは体験の糸口になるものです。それがパブリックドメインというものです。聞きなれない言葉かもしれませんが、これは権利者による著作権がコンテンツに生じていない作品のことです。法律で決まっている期限が切れてしまった場合、何らかの事情で権利が生じなかった場合、その映画はネットにアップロードしても後ろめたい問題ありません(字幕などは翻訳として別に権利があるので注意です)。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくスムーズに閲覧がしたいユーザーの気持ちを逆なでする酷いものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、見て損はないドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

無料動画サイトとの違い
今はスマホで当然のように毎日動画を見る機会があるでしょう。昔は考えられないことであり、すでに動画再生にも苦労しない世界では動画媒体が常識。世の中は動画で動いているようなものです。しかし、不便に思うこともあるでしょう。低品質で騙しのようなコンテンツも多いですし、いまだにサムネイルで相手を釣る不愉快な動画もあって、しかも消えません。VODにはそんなものはないので警戒することは必要なしです。このノーストレスは心理的にもスッキリして想像以上に健康に良いです。深い問いかけを残す「私はあなたのニグロではない」に最適の優良動画のみのベターなサービスなのです。

その動画サイトは使える?
差別についてじっくりと考えることになるメッセージドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」を無料でウォッチするのに変なサイトに行っていないでしょうか。なんとか無料動画シアターとか、なんとか無料映画ホームシアターみたいな名称のサイトは違法性の高いリーチウェブサイトです。「9tsu」「dailymotion」「Miomio」「mixdrop」「openload」といったアウトな動画を紹介して利益を出すという法的には極めて論外な存在です。実際には逮捕者も出ているのであなたは関わってはいけません。それは常に動画で手招きしてくるものでありますが、有害以外の何者でもないことを頭に入れておきましょう。

『私はあなたのニグロではない』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月18日時点での『私はあなたのニグロではない』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」です。

▼『私はあなたのニグロではない』をさらに知る

「山にのぼりて告げよ」などの代表作で知られる黒人文学の巨匠ジェイムズ・アーサー・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。『私はあなたのニグロではない』の製作はレミ・グレレティ、ラウル・ペック、エベール・ペック。差別を表面的に知っているだけでは意味がない。その本質に踏み込むことをしなくては。黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、公民権を得てもなお差別の本質が変わっていない現実を浮き彫りにする。

★『私はあなたのニグロではない』のスタッフ


監督:ラウル・ペック
レミ・グレレティ、ラウル・ペック、エベール・ペック
撮影:ヘンリー・アデボノジョ、ビル・ロス、ターナー・ロス
音楽:アレクセイ・アイギ

★『私はあなたのニグロではない』のキャスト


ジェームズ・ボールドウィン、メドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キング・Jr.、シドニー・ポワチエ、ボブ・ディラン、マーロン・ブランド、ジョーン・クロフォード、ロバート・F・ケネディ、バラク・オバマ

★『私はあなたのニグロではない』の評価

IMDbRTMETA
7.898%95
映画comY!FM
3.5???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『私はあなたのニグロではない』の受賞


第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★『私はあなたのニグロではない』の感想

●『私はあなたのニグロではない』無料ホームシアター
「ソニーのブルース」や「ジョバンニの部屋」など数々の名作を遺したボールドウィンだが、脱稿出来なかった本がある。それが「Remember This House」。著名な公民権運動家であり、そしてボールドウィンとは個人的な親交もあった友人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師とマルコムXとメドガー・エヴァースとの回想録だった。どうしても30ページを超す事が出来なかったという。そんな膨大すぎる歴史が覆い重なっているのだ。
●『私はあなたのニグロではない』VUDU 
「I Am Not Your Negro」はその未完成な本に残された言葉と共に、その当時ボールドウィンがTVなどで語っていた映像を元にボールドウィンを独自の研ぎ澄まされた視点で追っていく。映画好きの母やおばに連れ添って沢山の映画を見たと言うボールドウィンは、映画やスターの名前を出して具体的に黒人差別の問題点を語っている。これは歴史を知るための作品でもあるが、もっといえばアイデンティティの追及に迫るこれ自体が現在進行形の問いかけだ。
●『私はあなたのニグロではない』ユナイテッドシネマ 
私生活でも交流のあった、メドガー・エヴァース、マーティンルーサー・キングジュニア牧師、そしてマルコムXの3人の代表的な公民権運動家たちをボールドウィンの視点でとらえたユニークな発想の内容です。南部、ミシシッピー出身の公民権運動アクティヴィストのメドガー、非暴力主義の聖職者マーティン、急進的なムスリムのマルコム、いずれも背景やアプローチこそ違いましたが、目的は同じ。「人種差別撤廃」のために生涯をかけて闘う人です。
●『私はあなたのニグロではない』海外コメント
この映画の脚本は、ボールドウィンの未完の作品「Remember This House」の原稿を基に、ハイチ生まれの映画監督、ラウル・ペックが制作しました。「ゲイで黒人作家、致命的だよね」とボールドウィンは笑います。でも人の心を今もつかんでいるのです。ペック監督のこの作品はアカデミー賞のドキュメンタリー部門にもノミネートされました。計り知れない偉人です。この作品そのものがひとつの歴史として語り継がれていくのはないでしょうか。