夜は短し歩けよ乙女(2017)

個性豊かなキャラとアニメーションが魅力

映画『夜は短し歩けよ乙女』のフル動画を無料視聴する方法をダイレクト提供でレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『夜は短し歩けよ乙女』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:夜は短し歩けよ乙女(Night Is Short, Walk On Girl) / 日本(2017年) / 日本公開:2017年4月7日 / 93分 / 制作: / 配給:東宝映像事業部

『夜は短し歩けよ乙女』 特報映像

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会


▼『夜は短し歩けよ乙女』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】不快広告無し
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『夜は短し歩けよ乙女』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

フリーなウォッチをお試しあれ
独創的で個性的な世界観やキャラクターで観客の目を楽しませるアニメ映画は面白さの宝庫です。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴を開始できます。アニメコンテンツが充実しているものも多く、同じ監督や声優の関連作を連続して見てみるのも容易で、止め時が見つからない面白さにハマるでしょう。

「無料」は全て初心者のため!
お得さをお知らせする特別コーナーはここからスタート。無料お試しのトライアルでハッピー気分に浸りましょう。どんな場合でも始まりがありますが、これはそのあなたのサービス開始日を元に無料お試しの期間が始まるというもの。当然、個人によって状況は変わりますが便利さは同じ。「無料の映画動画が手に入るなんて信じられない!」「実際は予告動画だけになるということでは?」それは普段からその手のフィッシング広告に見慣れてしまったせいでしょうが大丈夫。公式も自認する確かな無料試用は嘘でも誇大表現でもないです。湯浅政明監督の「夜は短し歩けよ乙女」もアリ。

心躍らせる前の警戒を!
違法な動画サイト等は残念ながら絶対にアウトな存在であるので気を付けてください。それで星野源も声で出ている「夜は短し歩けよ乙女」の再生はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。親切なご案内として煙たがらずに聞いてほしいのですが、公式の動画の方が絶対にあなたの得になると明言できます。

迷ったときは?
今では新作配信もVODであればさほど待機することもないです。むしろDVDより先行することもあります。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。花澤香菜の名演が光る「夜は短し歩けよ乙女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消して頭の中はすっかりクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。レコメンデーションはアイコン数に応じて無料視聴ルートが倍増していることを意味します。それはもはや止まりません。動画までの道のりはあとはドアを2枚3枚くぐるのみ。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。ハチャメチャアニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに自分のこれだと思う直感でいいので視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、フェアなレコメンドを最重視。他にありがちな一部のみのサービスを紹介するという露骨な誘導はせずに、素直な紹介に徹底しているのが基本です。あくまで日本で展開しているサービスの中から視聴可能なものをフラットに上下関係優劣をつけずに表示しており、最終的な判断はユーザーにお任せしています。自分に合うものを納得いくまでじっくり選びぬくことが大事です。単純に「夜は短し歩けよ乙女」の配信の有無だけでなく、適度にマッチング&フィットしていけばおのずとディープな忘れられない出会いを届けていきたいという願いを叶うと考えています。

原作もついでに見よう
映画も楽しいですが、そのもとになった出発点である原作を読んでみると「え、こんな展開になっていたの?」「ここはこういう気持ちだったのか」そんな新発見があり、ただのファンアイテムではない面白さに満ち溢れています。面白いアレンジが効いていたりもするのです。でも本屋に行ったり、Amazonのような通販サイトをチェックするのは面倒です。そこでVODの出番。サービスの中には電子書籍提供もしている複合マーケットを完備しているものもあり、さすがに全ての原作は置いていないですが、見つけやすくなるのは事実。流れるように原作読破も可能なのです。「夜は短し歩けよ乙女」も必読。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているコミュニケーションの輪を増やしてくれるSNS。映画を見た後にもその感想などをフリーに語り合いたいときはどんなものでもいいのでSNSを駆使しましょう。巧みなストーリーが連続展開するのが魅力の「夜は短し歩けよ乙女」の視聴をして「ああ~、満腹満腹」と自己満足に浸っているのもいいのですが、少しSNSに手を伸ばしてみませんか。というのも今はネットで評判が拡散することで話題が生まれ、視聴者もアップするという時代です。これが新しい起爆剤になることもあるのです。あなたのコメントでも反響が起きるかもしれませんし、意外なバズりを見せるかも。文章力や絵(イラスト)に自信があるなら頑張ってみては? 一言でもツイートするだけでも違います。

『夜は短し歩けよ乙女』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月9日時点での『夜は短し歩けよ乙女』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「Netflix」「Amazonビデオ」「FOD」です。

▼『夜は短し歩けよ乙女』をさらに知る

人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語をユーモラスに描いた「夜は短し歩けよ乙女」をアニメーション映画化。プロデューサーは尾崎紀子と伊藤隼之介。所属クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋心を抱く大学生の「先輩」は、自分の中であるルールに基づきアプローチしていた。それは「なるべく彼女の目に留まる」ことを目的とした「ナカメ作戦」を実行する地道な日々で、ずっとそんな毎日を送っていた。それが何かの成果を出しているわけでもないが、それしかできない。個性豊かな仲間が巻き起こす珍事件に巻き込まれながら季節はめぐっていくが、黒髪の乙女との関係は進展らしいこともなく、外堀を埋めるばかりでなかなか大きな変化を向かえない。それどころか彼女はどんどん自由に生きていく。

★『夜は短し歩けよ乙女』のスタッフ
監督:湯浅政明(関連作品:『Genius Party ジーニアス・パーティ』)
脚本:上田誠
音楽:大島ミチル

★キャスト
星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、中井和哉、甲斐田裕子、吉野裕行、新妻聖子

★『夜は短し歩けよ乙女』の評価

IMDbRTMETA
7.690%??
映画comY!FM
3.43.383.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『夜は短し歩けよ乙女』の感想

●無料ホームシアター
湯浅政明と森見登美彦のコンビはハズレなし。『四畳半神話大系』をパワーアップしたような映像はとにかく楽しく、オモチロイ。たった一夜の出来事であるかのように物語を巧妙に嘘でくるむ魔法のようなテクニック。見事にハマってしまいました。黒髪の乙女のようにグイグイ前に進む人も、先輩のようにグダグダと外堀の構築に勤しむばかりの人も、ふと立ち止まらせて、席につかせる。そこに広がるのは無我夢中になれるアニメーション。
●映画無料夢心地
もし見るかどうか迷っているなら、躊躇せずに鑑賞すべきです。心に残る一本になりますよ。そして、それが終わったあと、ふと横を観ると互いにすぐとなりにいることに気づくのです。命のつながりは恥ずかしい言葉になってしまうけど口にするのに勇気もいるけど、でもやっぱり私たちは結びついている。そんな気分にさせてくれます。原作に対するアレンジも上手く、1日の中で起こった魔法のようなあり得ないことを巧みにまとめていました。
●CRUNCHYROLL 
私の中ではベスト級の1本。アニメーションの勢いの良さが前面に出ていて、一瞬にして魅了されてしまいます。まるで終始酔っぱらっているかのようなぐてんぐてんな表現。それからの風邪をひいたかなと思わせるようなハイテンション。終盤は熱を出したかのような頭をガンガン叩くうるささ。ラストはハッピーエンド。物語とシンクロしたアニメ表現がとにかく素晴らしく、最高です。これはおすすめしやすい作品ですから、初見さん大歓迎。