スプリット / Split(2017)

多重人格を吹き飛ばす衝撃のラスト

映画『スプリット』のフル動画を無料視聴する方法を変幻自在にレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『スプリット』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Split / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年5月12日 / 117分 / 制作:Blinding Edge Pictures / 配給:東宝東和 / 製作費:900万ドル / 興行収入:5510万ドル / 次作:『ミスター・ガラス

映画『スプリット』本予告

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

動画
▼『スプリット』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 字幕or吹替

VOD2 Huluで動画を見る 解約簡単

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『スプリット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

急展開で大混乱必須!
独創的な設定で観客をワクワクドキドキさせるサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。レンタル店でDVDを借りるのも定番でしたが、今ではネット配信がスマホ世代のスタンダードとして定着してきました。対応もしっかりしており、AndroidやiPhoneなどお手持ちのスマートフォンで自由に時間・場所を問わず楽しめます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。DVDでコレクションできればいいのですが、なかなかお値段もするので、1作ならまだしも作品数が増えるとかなりの出費になってしまいます。それはかなり資金を余暇や趣味につぎ込める人のみの特権です。無料の試用を駆使することで倹約ライフを保ったまま映画鑑賞の日々を過ごせます。「退会の時期に制限はあるのか?」「やめたいときにやめられるのが大きなポイントになるのだけど」という質問に関しては、そのような制約はないと回答できます。携帯キャリアとは違って縛りのようなものはありません。好きなタイミングで辞められます。M・ナイト・シャマラン監督の「スプリット」もアリ。

信用できない場所だから!
不正な動画ウェブサイトはとんでもない恐ろしい者に変化することもあるので適法性・実用性の二点で非推奨。それでジェームズ・マカボイ出演の「スプリット」の視聴はダメです。「慎重に使っていればいいよね?」そういう油断はフラグでしかありません。実際の被害例もいくつか散見されており、あなたの地獄体験は秒読みになってしまいます。目も当てられない惨状になれば後悔しても後戻りできません。たかが動画サイトでも危ういものは本当に危険性大なのです。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。広告を削除するツールを使えば低減できると思っているかもしれませんが、その手の不正サイトで出回っている広告はそういうものが通用しない仕組みになっているものが大半です。逆にその防御を迂回してダイレクトに攻撃してくるので、油断しているとあっさりやられます。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。アニヤ・テイラー=ジョイ出演の「スプリット」を視聴できるVODはどれなのかまずは何よりもそこについて気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

あなたはどっち派?
映画は言葉を理解しないと楽しめないことも多いコンテンツであり、映像媒体ならではの要素です。そこで海外映画となると生じるのが「字幕」と「吹き替え」の問題。VODは配信側の作品提供者が双方を用意していれば切り替えができるようになっています。途中でスッとチェンジもできるので「あれ、このセリフは英語でなんて言っているのだろうな」と思ったら巻き戻して変更するのもOKです。ヘイリー・ルー・リチャードソンやベティ・バックリー出演の「スプリット」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「スプリット」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。特別な処置は何もいらないので、プリインストールなソフトでも問題ないでしょう。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。過剰利用でブラウザを酷使しているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して肝心の動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

無料動画サイトとの違い
無料で映画動画を見るには?と聞かれれば誰でも動画共有サイトの名を答えてしまいます。世の中にはインターネットの誕生から間もなくして動画コンテンツが主流になり始めた時期を出発点に、今では個人でも動画を量産できるという大動画氾濫時代です。それはメリットもデメリットももたらしました。そんな溢れてしまった動画は良いも悪いも入り乱れているので、その利用には知識を身に着けたうえでの細心の注意が必須。でもVODはあまり気にしなくていいのです。なぜなら公式しか提供しないものですから。詐欺動画が出回ることはないです。ジェシカ・スーラ出演のサプライズなパニック作「スプリット」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。この人の作品ならばまず間違いなく見に行くに違いないというものもあるでしょう。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。ホラーでの出演も目立つ「アニヤ・テイラー=ジョイ」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

『スプリット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月1日時点での『スプリット』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『スプリット』をさらに知る

M・ナイト・シャマラン監督が繰り出す、23の人格を持つ異常者に捕まって監禁された少女の決死の脱出劇を描き、最後に待つ衝撃のラストで観客を驚かせたホラー・ミステリー。『スプリット』の製作総指揮はケビン・フレイクス、スティーブン・シュナイダー、アシュウィン・ラジャン。ケヴィンはパーティー帰りの3人の少女を拉致・監禁する。このケヴィンには23の人格があった。その人格はあまりにもめまぐるしく変化するが、確かに個性がある。9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく姿に翻弄される少女たち。このままでは命さえも危ないかもしれない。そのなかでひとりの少女の心の奥に閉じ込めていた闇がこじ開けられていく。会ってはならない存在の邂逅。そして、そんな男に想像すらしなかった24番目の人格が現れ…。

★『スプリット』のスタッフ


監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
撮影:マイケル・ジオラキス
音楽:ウェスト・ディラン・ソードソン

★『スプリット』のキャスト


ジェームズ・マカボイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン、キム・ディレクター、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ、セバスチャン・アーセラス、ジョリーナ・メルカド、ピーター・パトリキオス

★『スプリット』の評価

IMDbRTMETA
7.377%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スプリット』の感想

●『スプリット』FILMAGA 
「ウィッチ」でそのお顔を知ったアニャ・テイラー=ジョイ目当てだったのは正直に告白することなのですが、この映画はそんな次元では語れない凄い領域に足を突っ込んでしまった感じ。シャマラン、やりやがったなと誰もが思ったはず。これについては絶対にネタバレ厳禁なので言及はできないのですが、ラストのアイツはズルい。そもそもこの作品は前振りだったのかという気もしないでもないですが、そういうのもたまにはいいでしょうね。
●『スプリット』ユナイテッドシネマ 
最初に言っておきますが、シャマラン監督作品の過去作を事前にじっくり鑑賞しておくことを強くオススメします。そうでないと「きょとん」となってしまってついていけなくなる可能性もあります。それ以外だと多様な人格を演じた、ジェームズ・マカヴォイの顔芸の100連発が実に楽しいです。解離性同一性障害が題材ではあるのですが、もうこれは病気うんぬんの問題でもないので、あまり気にしなくてもOK。このアブノーマルにどっぷりつかりましょう。