ブレードランナー(1作目)

映画史に残るカルト・ムービー

映画『ブレードランナー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『ブレードランナー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Blade Runner / アメリカ(1982年) / 日本公開:1982年7月10日 / 116分 / 制作:The Ladd Company / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『ブレードランナー 2049

(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

動画
▼『ブレードランナー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ブレードランナー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及拡散中!
映画ファンに長く語り継がれる歴史に名を残す名作はそれだけの素晴しさがある証拠ですが、見たことがない人も多いはず。そんな名作をお得に見るなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信なので、古い作品でも簡単にウェブサイトにアクセスするだけで視聴できます。レンタル店でDVDを借りる場合はなにかと面倒くさいですが、このサービスであればメリットもたくさん。ダウンロード機能があるものなら、通信制限を気にすることもなしです。

「無料」で感謝!
その通常の利点に加えて、無料お試しサービスという形式で動画視聴を含む機能を試せる、初利用者の救援サポートも用意済みです。これは慎重にサービスが自分にマッチするかを試したい人には朗報で、登録後の一定期間をコスト無しで使える優れもの。その間は無料なので料金の心配は考慮しなくてOK。「無料お試しの間に見たい映画を観終わってしまい、もう観たいものがないときは、そのままとくに料金請求なく、その期間中に退会してサービス利用を止められるのか」その答えはYESです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ブレードランナー」の視聴はダメです。他人不信になる必要はなくともネットの大きなワールドはあらゆる思惑がひしめきあっており、警戒するに越したことはありません。セキュアなソフトサポートでもその危険は防げないことも頻出し、動画が視聴できない以前の深刻な怖さを体験させられてしまうこともあります。危険な状態で動画を見ると、上手く見れない→焦る→トラップにハマる→焦る→余計に見れない…という負のスパイラルに陥ります。

使うべきはどれ?
「ずっと前から興味を持っていた映画があるし、VODを試すときがきたかな」それはグットタイミングでしょう。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。「ブレードランナー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんな迷いはこのページでアンサーチェックしましょう。配信で視聴できるVODを手動で確認するのは労力がいりますが、その作業をこちらで肩代わりします。これでスピードアップになるでしょう。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

パスワードは大事
多種多様な動画を内包するVODは何のアクションもなくそのまま使えるわけではありません。まずはアカウント作成が要るのは誰でもわかるでしょう。その際はパスワード設定が必須ですが、今から言うことは絶対に守ってください。何よりもパスは複雑に。とくに予測される単純な単語(辞書に載っているものではダメ)は使わず、他で使ったパスを流用してもいけません。その過ちをすると、いとも簡単に乗っ取られるので、最悪の事態を回避するなら厳守しましょう。安全な「ブレードランナー」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
今のインターネット動画のクオリティを知っている人ならともなく知らないのならば驚きます。すでにDVDを通り越してスマホですらも4K標準になりつつあり、シネマモードを搭載して映画鑑賞に最適化された視聴をサポートするものまで出現。ネット動画=低品質という認識は古いのです。「それだと重いから通信制限がなぁ」という不満があるなら、事前にWiFi環境でダウンロードして動画をローカル内で観れる機能もあったりします。これで通信制限に引っかかることはないので怖くはないです。「ブレードランナー」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」なんて不安も当然。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。「ブレードランナー」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「ブレードランナー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ブレードランナー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブレードランナー』をさらに知る

フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とし、熱心なファンによって支持され、カルト化したSFハードボイルド・アクション。『ブレードランナー』の製作総指揮はハンプトン・ファンチャー、ブライアン・ケリー。2019年、環境破壊により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ大都市での生活を強いられていた。そこは人間社会の明暗がハッキリとわかれる格差が重くのしかかる世界。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発されたレプリカントと呼ばれる人造人間が、人間はやりたがらないような過酷な奴隷労働に従事していた。しかし、レプリカントには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻すような事件が多発する。それは本来の仕組み上はオカシイことで、社会を乱すエラーだった。レプリカントを開発したタイレル社によって安全装置として4年の寿命が与えられたが、後を絶たず人間社会に紛れ込もうとするレプリカントを「解任」する任務を負うのが、特殊な仕事を生業にする専任捜査官ブレードランナーであった。タイレル社が開発した最新レプリカント「ネクサス6型」の一団が人間を殺害し、脱走、シャトルを奪い、反乱を起こしたのちに密かに地球に帰還した。このままでは社会に大きな混乱を巻き起こす。タイレル社に押し入って身分を書き換え、手掛かりを無くすように工作をしたうえでブレードランナーを殺害して潜伏したレプリカント男女4名(バッティ、リオン、ゾーラ、プリス)を見つけ出すため、ブレードランナーを退職していたリック・デッカードが呼び戻される。

★『ブレードランナー』のスタッフ
監督:リドリー・スコット(関連作品:『エイリアン』)
脚本:ハンプトン・ファンチャー、デビッド・ウェッブ・ピープルズ
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
音楽:バンゲリス

★『ブレードランナー』のキャスト(キャラクター)
ハリソン・フォード(リック・デッカード)、ルトガー・ハウアー(ロイ・バティー)、ショーン・ヤング、エドワード・ジェームズ・オルモス、ダリル・ハンナ、ブライオン・ジェームズ

★『ブレードランナー』の評価

IMDbRTMETA
8.290%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ブレードランナー』の受賞
第55回アカデミー賞で美術賞と視覚効果賞にノミネート。

★『ブレードランナー』の感想

●『ブレードランナー』無料ホームシアター 
革新的SFとされる「ブレードランナー」だが、その衝撃は公開当時の時代だからこその限定的な効力だったと思う。バッサリ断言してしまうと、現代に生まれた子どもたちが今からこの映画を観ても衝撃を感じることはないだろう。そのため、まるで歴史的資料のように時代性を照らしわせて考証していくほかない。しかし、この映画はそうした批評的視点にさえも余裕で耐えうる力を持っており、凄さの一端を窺える。
●『ブレードランナー』FILMAGA
続編が長年の時を経て現代的アプローチを加えながら最大のリスペクトを持って生み出されたわけですが、原点になる本作に今一度立ち返ってみると、その秀逸さにあらためて驚かされます。原作はありますがほぼ独自性が強い本作。これをオリジナルとして創り出したリドリー・スコットの才能は本当に凄まじいです。彼は神的な立ち位置から世界を俯瞰するのが好きなのでしょう。この世界の深さに身震いがする、深遠な気持ちに浸る映画だ。