エイリアン(1作目)

それは人類はまだ知らない恐怖の生命

映画『エイリアン』のフル動画を無料視聴する方法をセレクトしてレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『エイリアン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Alien / アメリカ(1979年) / 日本公開:1979年7月21日 / 116分 / 制作:Brandywine-Ronald Shushett Productions / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1100万ドル / 興行収入: / 次作:『エイリアン2

(C)1979 Twentieth Century Fox Film Corporation. (C)2003 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

動画
▼『エイリアン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る ポイント動画

VOD2 Huluで動画を見る 字幕or吹替

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『エイリアン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなが魅力にドハマり中!
屈指の名作として映画史に語り継がれているレジェンド級の作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを有効に駆使しましょう。シリーズ系のものにも最適で、ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるように店を探しまわる必要もなく、一気見することもできます。どうしてもストーリーを振り返りたいときもありますが、そんなときこそ手を出して見るのもオススメです。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりあなたの時間的な猶予を与え、お金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。リドリー・スコット監督に人気シリーズ「エイリアン」もアリ。

その動画は安全安心か?
不正な動画ウェブサイトはどういう問題が潜んでいるかもわからないのですが適法性・実用性の二点で非推奨。それでシガーニー・ウィーバー出演の「エイリアン」の視聴はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、最悪のパニックを引き起こすものです。副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

これに決めた!
「私の中の鑑賞感情がムズムズと沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。大手の有名企業が多いですがVODに参入するサービス・カンパニーは続々と存在します。配信ラインナップは多種多様で同一になることはなし。利用者には地味な配信確認が生じることに。ベロニカ・カートライト出演の「エイリアン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。それを放置させることはしません。このページで即座に解決。VODの目安がズラリとレコメンド。アイコンで整理されているので文字を読まなくてもひと目でわかるというのもスピードアップに直結。ここだけの情報もあります。フルムビバースには最新の開始したばかりのサービスが掲載。いつもの定番のものしか載っていないことはありません。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、あなたの意志をセーブするなんてこともなく、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

あなたはどっち派?
「字幕」と「吹替」に悶々とするのは時間の無駄です。それぞれの利点は確かにあるので、後は自分の好みだけでチョイスするのでOK。DVDやブルーレイだけの世界でもなく、動画配信サービスにおいてもその翻訳タイプは選択できます。ネット配信が良いのはいつでも切り替えるのも簡単であるということです。中には日本語以外の選択肢もあるので学習教材の代用どころか主流になってくれることも。トム・スケリット出演の恐怖で戦慄するスリラー「エイリアン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サイトを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料でウォッチできる事例があります。覚えておくことで損をすることはないでしょう。これはオールレンジではないですが、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でもフル動画がアップされているものがあるのです。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」なんて不安も当然。得体が知れない怖さがあります。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。イアン・ホルム出演のモンスターパニックの金字塔「エイリアン」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

表現規制を避けるなら
「あれれ…なんか前に観た時と内容が違っているような…そもそもあのシーンが消えている?」そういう風に思った時は規制によってカットされたかもしれません。それを探るのは結構大変です。とくに暴力的なシーンは映画には多いものですが、子どもには少々キツイ内容ですので、制限がかかるのはやむをえません。でも大人は普通に見たいものです。逆にそこを楽しみにしたいと思う人も大勢います。VODはそのような編集はないので大丈夫。生身で映画を提供しています。ネット特性を生かしてアカウント切り分けによる対処で子どもと大人の住み分けをしています。ハリー・ディーン・スタントン出演の「エイリアン」も無規制で。

『エイリアン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月4日時点での『エイリアン』の動画配信
  • 「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『エイリアン』をさらに知る

リドリー・スコット監督が手がけた、未知の生命体の恐怖を描いたSFホラー。『エイリアン』の製作はゴードン・キャロル、デビッド・ガイラー、ウォルター・ヒル。宇宙船ノストロモ号の乗組員はある惑星で異星人の宇宙船を調査する。だがその時、卵の中の生き物が乗組員に寄生。それはしだいに驚異の存在へと成長。やがてそれは腹を食い破り、無残な死体を残して、ノストロモ号内に潜伏する。その後、宇宙生物はその圧倒的な攻撃性で人間をひとりずつ容赦なく抹殺。生き残った航海士リプリーはたった独りで戦いを繰り広げる。

★『エイリアン』のスタッフ


監督:リドリー・スコット(関連作品:『デュエリスト 決闘者』)
脚本:ダン・オバノン
撮影:デレク・バンリント
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

★『エイリアン』のキャスト(キャラクター)


シガーニー・ウィーバー(エレン・リプリー)、ベロニカ・カートライト(ジョーン・ランバート)、トム・スケリット(アーサー・ダラス)、イアン・ホルム(アッシュ)、ハリー・ディーン・スタントン(サミュエル・ブレット)、ヤフェット・コットー(デニス・パーカー)

★『エイリアン』の評価

IMDbRTMETA
8.597%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『エイリアン』の受賞


第52回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

★『エイリアン』の感想

●『エイリアン』映画無料夢心地 
「ヤバそうな知的地球外生物」と名称となってしまうほど世界的知名度を獲得した「エイリアン」。でもその名作を観ている人は案外いないかもしれません。きっと昔の映画だから映像が雑だと思っているのなら、それは違うといっておきましょう。エイリアンの表現なんて普通に今でもビビる怖さ。よくCGなしでこんな恐ろしいものを作れるなと驚愕です。密室でこんなおぞましいものには絶対に襲われたくないです。完全に発想の勝利じゃないでしょうか。
●『エイリアン』DAILYMOTION 
単なるモンスターパニックだと思わせておきながら、実が奥が深い作品。胎内を思わせる不気味な原初的世界観、機械的であり生物的な抽象的なクリーチャー。男性シンボルを思わせる孵化前のエイリアン。フェミニズムの勝利を暗に示すエンディングと様々な考察がなされていることも名作たる所以です。公開当時の社会情勢など、いろいろな視点で見れば、さらなる発見もあります。一度鑑賞した人でもまたさらなる意外な驚きのある映画でしょう。
●『エイリアン』イオンシネマ  
続編を連発したことで何やらなんだかわからないことになっているこのシリーズ。少なくともナンバリング系は、ジャンル的なエンタメ作品、「プロメテウス」以降の「コヴェナント」などはリドリー・スコットの超哲学作品群、そう思っておけばいいのかな。その全ての原点となっているこの第1作。制作の歴史を観ていくとかなりさまざまなクリエーターの想いが詰まった一作だったことがわかります。奇跡的な巡り合わせで生まれた怪物映画なのです。