もののけ姫(1997)

生きろ。人間と自然ともののけの果てしなき戦い

映画『もののけ姫』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの数は余計なもの無し。
今すぐ『もののけ姫』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:もののけ姫 / 製作:日本(1997年) / 日本公開:1997年7月12日 / 133分 / 制作: / 配給:東宝

Princess Mononoke original trailer Japanese もののけ姫

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】多機能視聴
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『もののけ姫』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作アニメもどうぞ!
独創的な設定で観客をワクワクさせるファンタジーエンターテインメント大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを使えないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、まずはネット配信をチェックです。パッケージディスクを手にした後に配信に気づいてしまうとガッカリなので、事前にしっかり下調べしておくと損をすることもありません。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。「もののけ姫」もあるかも。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「もののけ姫」の再生はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。注意すべき大きな特徴は配信の状態であり、これは1年ごとに変わるのではなく、週単位、下手をすれば1日単位でチェンジしてしまうということであり、目が追い付きません。「もののけ姫」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。掲載情報がいつまでも変わらない、化石のような古いままの一時しのぎなサイトにはなっていません。更新は適宜実施中。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「それぞれで観たい作品がバラバラなのに喧嘩が起きないかな?」という悩み。とくに子どもに見せづらい映画は困ります。劇場公開ではレーティングがあるので、そのような事態は防げますが、VODは作品一覧がズラリと並ぶのでどうしても目に入ります。悪影響などは考えすぎかもしれませんが、極力は親のコントロールが必要です。でも大丈夫。VODにはユーザーセパレートが可能なシステムがあるので、個人ごとに人目を気にせずにエンジョイ可能です。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ(違法コピーorアップロード動画)の問題は業界に大ダメージを与えるものですが、そのカウンターとしてVODは役立ちます。というのも、海外研究ではサイトアクセスを強制的に禁止にするブロッキングと比べても、多くのユーザーを素直に満足させる低価格で利便性の高いサービスの存在の方が、効果が高いという報告もあります。まさにVODはその機能を果たすピッタリな逸材。普及すればするほどに非合法なサイトをネット上で追い詰めることができるので「もののけ姫」合法視聴方法を拡散しましょう。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「もののけ姫」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
「もののけ姫」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『もののけ姫』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『もののけ姫』をさらに知る

当時の日本映画歴代興行収入第1位を記録した宮崎駿監督、原作、脚本の、大自然でもののけに育てられた少女が苦悩の中で試練に挑む姿をダイナミックに描くアニメーション作品。プロデューサーは鈴木敏夫。舞台は室町時代の日本。タタリ神にかけられた呪いを解くため西方へ旅立った少年アシタカは、人間でありながら神々の側につくもののけ姫と呼ばれる少女サンと出会う。しかし、サンは人間を恨んでおり、非常に厳しい視線を向ける。サンはアシタカを、生と死を司る神、シシ神の前に連れて行く。シシ神はアシタカの傷を癒し、それを見たサンはアシタカを生かすと決め、介抱するうちに、しだいに彼に心を開いていく。それでも刻一刻と人間ともののけとの大きな戦いの火ぶたが切られる瞬間が迫っていた。アシタカも、森と人が争わずに済む道は無いのかと、必死に思い悩むが答えは見つからない。そのころタタラ場には、エボシにシシ神殺しをさせようとする怪しげな装束の男達がジコ坊の導きで集結していた。不老不死の力があると噂されるシシ神の首を狙っており、エボシ達もまた、生活をもののけ達に邪魔されたくないために利害が一致し、協力関係を結ぶ。タタラ場を出発したエボシ達は、人間との最終決戦を行おうとするイノシシの大群と大戦争をはじめる。

★スタッフ
監督:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
脚本:宮崎駿
音楽:久石譲

★キャスト(キャラクター)
松田洋治(アシタカ)、石田ゆり子(サン)、田中裕子(エボシ御前)、小林薫(ジコ坊)、西村雅彦(甲六)、上條恒彦(ゴンザ)、島本須美(トキ)、美輪明宏(モロの君)、佐藤允(タタリ神)、石田ゆり子(カヤ)、森繁久彌(乙事主)

★『もののけ姫』の評価

IMDbRTMETA
8.492%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『もののけ姫』の受賞
第21回日本アカデミー賞で作品賞を受賞。

★『もののけ姫』の感想

●無料ホームシアター
宮崎駿監督作の中ではかなりの異色の作品。これまでどうしても子ども向けというイメージが強かったジブリ作品だが、こんなことも描けるんだぞと言わんばかりに転身を図った一作。そのため、観た人はわかるとおり、かなり残酷な描写も多く、硬派な時代劇的側面も持ち合わせている。また、ジブリとしては興行的にも大成功をおさめ、ちゃんとヒットできるアニメ映画を作れた記念すべき作品でもある。これぞ日本の伝統文化と呼んでいいだろう。
●シネマトゥデイ 
圧倒的に作画力は素晴らしいが、製作は相当辛かったらしく、製作ギリギリでCGも駆使しながら完成までなんとかこぎつけたそうで、宮崎駿監督的にも心残りはあったのかもしれない。しかし、それを全く感じさせないアニメーションのパワーは本当に凄い。それまで子ども向けと言われていたジブリのイメージを覆した映画でもあり、かなり残酷なバイオレンス描写にも挑んでいる。そのあたりも宮崎駿のただならぬ、世間に媚びない姿勢がうかがえる。
●CRUNCHYROLL
ここまで硬派で圧倒的な一作となるアニメはもう生まれないのではないか。面白いのは、ベタであればサンとアシタカとロマンスになりそうなところを一切そうしてはいないということだ。それによって本作は自然と人間の対立にしっかりフィーチャーし、容易にそれが結ばれたりはしないと言い切っている。もののけという自然の中でも少し浮いた存在がその激突の起爆剤としても、また物語の異様さも高めており、世界観設定に隙が無い一作だ。