エイリアン4(4作目)

リプリーとエイリアンの最後の戦いを描くシリーズ第4作

映画『エイリアン4』のフル動画を無料視聴する方法をシリーズ制覇で無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『エイリアン4』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Alien: Resurrection / アメリカ(1997年) / 日本公開:1998年4月25日 / 107分 / 制作:Brandywine Productions / 配給:20世紀フォックス / 前作:『エイリアン3』

エイリアン4 (吹替版) (吹替版) – Trailer
動画
▼『エイリアン4』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『エイリアン4』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

衝撃の過激さもあり!
狂気のモンスターや異形の生命体が襲ってくるパニックスリラーはそれだけの面白さが詰まっています。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。ネット配信ならばレンタル店でDVDを借りるよりもスピーディー。シリーズ系の作品群に強いのが特徴で、店で一作ごとに探す必要もなく、一気見できたりします。一挙配信しているサービスをチョイスすると一瞬で振り返れて完璧です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。DVDでコレクションできればいいのですが、それはかなり資金を余暇や趣味につぎ込める人のみの特権です。無料の試用を駆使することであなたに優しい倹約ライフを持続的に保ったまま映画鑑賞の日々を過ごせます。「気になるのは無料期間と言えども途中退会で有料になってしまうのか?」という質問。当然継続使用する方がサービス側は助かるのですが、やめるのはあなたの自由であり、それを食い止める追加金はないです。ジャン=ピエール・ジュネ監督の「エイリアン4」もアリ。

知られざる恐怖が!
不正な動画ウェブサイトはエイリアンなんかよりもはるかに恐ろしく適法性・実用性の二点で非推奨。それでシガニー・ウィーバー出演の「エイリアン4」の視聴はダメです。そういう絶対にデンジャーなサイトを見分けることはできるのでしょうか。一般的にランキングサイトのリンクを大量に設置して誘導するようなサイトは黄色信号。それでもじゅうぶん警戒に値します。アダルト系の広告を大量に配置するサイトは完全に赤信号です。リスクしかありません。親切なご案内として煙たがらずに聞いてほしいのですが、公式の動画の方が絶対にあなたの得になると明言できます。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。ウィノナ・ライダー出演の「エイリアン4」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればアイコンでご案内しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。初体験になるVODを見つけられたら、それはあなたの退屈な日常にクリティカル・ヒット。エイリアンさえもきっと笑顔になる。これからはバラ色の映画生活が広がっていきます。

フェアにオススメします
クロスチェックでビデオオンデマンドの配信をモニタリングできるフルムビバースでは、情報量も大事ではあるのですが公平性を重視しています、他のウェブサイトだとなんだかんだとサービス紹介をあれこれしたあげく、最終的にはひとつのものだけを推薦してくるものがあり、それは明らかにアンフェアです。ただの配信現状だけでなく、本来はユーザーの適合度は個人差がありますから、それを無視するのは不自然でしょう。単純にロン・パールマン出演の「エイリアン4」の配信の有無だけでなく、映画自体をしっかりと適正に届けていくようなオフィシャルでディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
オフィシャルな提供ではなく、どこかの誰かが勝手にアップロードした動画は当然ながら違法です。また、DVDラベルと称して勝手に画像を配布しているサイトもありますが、それも某ニュースで話題になった海賊版サイトと同じく法律に反するものです。ということでやめるべきものはいっぱいあります。こうしたサイトの利用は慎むべきなのは言うまでもありませんが、口で叱るのでは効果は低いものです。そこでVODは白羽の矢が立つ存在です。間違った道に進んでいる人に「こっちの道がいいよ」と導くことができる大役を担えるので「エイリアン4」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。ドミニク・ピノン出演の人気シリーズ「エイリアン4」をフル視聴(full)できることを重視する場合は、テレビメディアは選択に入らないかもしれませんし、それならばVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。映画は派手なものも多いのであまりにも映像規制が入ると見苦しいです。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。レイモンド・クルツ出演のスリラー「エイリアン4」も無規制で。

『エイリアン4』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月6日時点での『エイリアン4』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『エイリアン4』をさらに知る

前作『エイリアン3』から200年後を舞台に、リプリーとエイリアンの最後の戦いが描く名作SFシリーズの第4作。『エイリアン4』の製作はゴードン・キャロル、デビッド・ガイラー、ウォルター・ヒル、ビル・バダラート。惑星フィオリーナで溶鉱炉に消えたリプリーだったが、エイリアンの軍事利用をたくらむペレズ将軍率いる一派が、残されていたDNAからクローンを生み出し、リプリーは復活する。またもやあの未知のバケモノとの戦いを予感させる世界に舞い込んでしまった。リプリーの体内に宿っていたエイリアンをもとに宇宙船オリガ号の中で養殖が開始されるが、それはやはり人間の手には負えない。成長したエイリアンが脱走し、事態は悪化。オリガ号は緊急事態のため地球へ向けて動き出してしまう。リプリーはエイリアンを地球に降ろすまいと必死に戦うが…。

★『エイリアン4』のスタッフ


監督:ジャン=ピエール・ジュネ
脚本:ジョス・ウェドン
撮影:ダリウス・コンジ
音楽:ジョン・フリッゼル

★『エイリアン4』のキャスト


シガニー・ウィーバー、ウィノナ・ライダー、ロン・パールマン、ドミニク・ピノン、ダン・ヘダヤ、J・E・フリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、マイケル・ウィンコット、ゲイリー・ドゥーダン、レイモンド・クルツ

★『エイリアン4』の評価

IMDbRTMETA
6.255%??
映画comY!FM
3.2???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『エイリアン4』の感想

●『エイリアン4』シネマトゥデイ 
監督は「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ。「アメリ」を世に出す前に、こんな作品も作っていたことに驚きだが、これの後にあんな素敵でオシャレな映画を作れる方が凄いかもしれない。リプリーとエイリアンとの長きに渡る死闘が終わった前作をひっくり返すような展開をなぜか4作目にしてやってしまうという一番ダメなパターン。それでもなんとか新しいことに挑戦しようという意思だけは感じ取れるのが救い。シリーズものの宿命でしょうね。
●『エイリアン4』ユナイテッドシネマ  
エイリアンも泳げる!ということがわかったシリーズ第4弾。あんなフォルムだったら水泳くらいお手の物だろうという冷めたツッコミはおいといても、水の中の恐怖は陸地とは別次元のものがあるし、良いアイディアだと思いました。今作ではリプリーの扱いもすっかり変わりつつありましたが、それでも彼女を出すあたりは、やっぱりこの1~4はリプリー4部作だったのだなと感じる流れです。次のリドリー・スコット最新シリーズはリプリーいないですし。
●『エイリアン4』イオンシネマ 
エイリアンのCGの発達にともない、映像的なグロさはパワーアップ。今作は無理矢理「クローン」という形で復活させ、リプリー自身が、エイリアンDNAとのハイブリッドになるというトンデモ展開がこの映画の必死な企画の有様を如実に表しているといえるだろう。4作目を考えろと言われたら、確かに困るし、この捻りだした案もわからなくはないが。今作独自のキャラ、ニューボーンは気持ち悪い。エイリアンには負けるがインパクトで勝負はしていた。