メタル・トルネード(2011)

あらゆる金属を吸収する巨大磁気嵐が猛威を振るう!

映画『メタル・トルネード』のフル動画を無料視聴する方法を見つけ次第、無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『メタル・トルネード』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Metal Tornado / カナダ(2011年) / 日本公開:2011年12月(DVDスルー) / 90分 / 制作: / 配給:アルバトロスフィルム

メタル・トルネード
動画
▼『メタル・トルネード』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 機能充実

VOD2 Huluで動画を見る 安定再生

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『メタル・トルネード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

エンタメ満載の動画を!
鑑賞者を困惑の地獄に引きずり込むとんでもないクレイジー映画はそれだけの罪深さがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信ならばマイナー作品もズラリと勢揃い。レンタル店でDVDを借りるときではこうも贅沢にはいきません。ディスクを購入できる上級者ではない人でも安易に気楽に鑑賞するならこれが一番。今日から毎日映画三昧な日々を過ごせます。

「無料」より安いものなし!
ここからが本領発揮ですが、利用ユーザーへのギフトになる無料体験サービスが出血大サービスのごとく盛大にドドンと大盤振る舞いで待ってます。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。ゴードン・ヤング監督の「メタル・トルネード」もアリ。

信じてはいけない場所!
なお、巷に溢れる疑心暗鬼になるしかないイリーガルな動画サイトの使用はストップです。それでルー・ダイアモンド・フィリップス出演の「メタル・トルネード」の鑑賞はダメです。最近は悪質化する一方です。サイト閲覧中に危険なプログラムを作動し、ユーザーの使用端末などを妨害したりするクラッシャー系から、何の価値もないプログラムを動作させて手当たり次第に邪魔な広告を流すものまで、何のメリットも欠片もない鬱陶しさで、関わりたくない酷さです。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

いちはやくウォッチ!
まるで目の前に大好物の餌を出された犬のように、飢えていたあなたもこれで映画を観たい欲求が爆発してくるはずです。とてもたくさんの企業がVOD事業に乗り出しており、それぞれで個性があります。配信ラインナップは千差万別。一致することはないので、動向チェックが煩雑になることも。ニコール・デ・ボア出演の「メタル・トルネード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。対応しているVODサービスの多さは、おそらくアンオフィシャルなデータベースサイトの中では随一で、新規にも続々対応します。留意点はひとつ。配信の状態は常に揺らいでいるので、今の状況が明日も継続してくれるわけではないということです。ラストチェックとして公式上での目視を登録当日に欠かさないようにしておきましょう。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サイトを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料でウォッチできる事例があります。知っておくことで映画に出会えるチャンスを増やせます。これはオールレンジではないですが、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でもフル動画がアップされているものがあるのです。

お試し無料はいつまで?
いくらでも試せるのか!しかも無料で!と張り切っているところ申し訳ないですが、期限があるのでそこは忘れないでください。タイムリーなモノで時間が過ぎれば意味はありません。その期間はときにはガッカリな事態になることもあり、とくに月末で打ち切られるものは登録日によっては無料期間がかなり短くなるケースも起こりえます。「メタル・トルネード」を乱雑に流すのは嫌でしょう。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、冷静さも大事なことです。ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

見たい動画をメモしよう
「これ、前から気に入っていたのだけど、今はちょっと忙しくて手が離せないからな~。忘れてしまいそう…」そういう場合もあるでしょうが、フルムビバースではウォッチリストが用意されているのでそこでメモができます。ペーパーは必要なしなのでモノが減ります。これでブラウザのお気に入りやノートアプリを使う必要性はなくなり、省エネ&効率化。「Favorite」ボタンで各作品をマークして観終われば外すこともでき、臨機応変に個人の「見たい映画」を整理可能。グレッグ・エヴィガン出演の「メタル・トルネード」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するだけでもスッキリしてくるのでこの機能をフル活用してみましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? スティーヴン・マクドナルド出演の「メタル・トルネード」も2回3回4回と鑑賞してみれば印象は変わってきますよ? そんな繰り返しは時間の無駄という意見もわからなくもないですが、ぜひとも少しでも1日の余裕があるなら、ネット配信で試しましょう。やるだけでもそれはタダなのですから好きな扱いでOK。とくに他人の感想や分析を見ながらの再鑑賞は新しい気づきを与えてくれて、つまらないと思った作品も名作に変わることも。おカネがない人でも最小限の料金で何回も見れるというのは今の時代だからこそのデジタル万歳なメリット。せっかくなら満喫しましょう。

『メタル・トルネード』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『メタル・トルネード』をさらに知る

太陽エネルギー計画が生んだ恐るべき悪魔ともいうべき、あらゆる金属を吸収する脅威の災害が人類を襲うディザスターパニック。これは普通のトルネードではない。大気圏外で太陽フレアを収集する“ヘリオス計画”。究極のクリーンエネルギーを目指すプロジェクトは人類の理想であり、希望であったが、そうはいかなかった。そんな考えも虚しく、コントロールは暴走、あらゆる金属を巻き込み巨大化する磁気嵐を発生させてしまった。このままではあらゆるものを破壊する、アメリカ東部を蹂躙してゆく「メタル・トルネード」となって猛威をふるう。天文学者のマイケルは警告を発するが、フランスの実験施設でも磁気嵐が発生。被害は際限なく拡大し、パリを直撃し、未曾有の大惨事を引き起こしてしまう。マイケルは、電磁パルス爆弾により磁気嵐を消滅させるプランを立案。フィラデルフィアに接近する“メタル・トルネード”に向け、最後の希望を賭けた爆撃作戦が決行される。

★『メタル・トルネード』のスタッフ


監督:ゴードン・ヤング
脚本:アンドリュー・C・エリン、ジェイソン・ボルク
撮影:ビル・セント・ジョン
音楽:リチャード・バウアーズ

★『メタル・トルネード』のキャスト


ルー・ダイアモンド・フィリップス、ニコール・デ・ボア、グレッグ・エヴィガン、スティーヴン・マクドナルド、ジョン・マクラレン、シンシア・バーク、ソフィ・ジャンドロン、カミーユ・ソラーリ、フランク・スコーピオン、ショーン・タッカー

★『メタル・トルネード』の評価

IMDbRTMETA
3.3??%??
映画comY!FM
?????2.2
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『メタル・トルネード』の感想

●『メタル・トルネード』映画無料夢心地 
原子力発電は危険すぎるし、時代はクリーンエネルギーだよね。そんな世界の需要に応えるべく、開発された最高のクリーンエネルギー。夢の最新技術が私たちの生活を豊かにしていく。皆が待ちに待ったこの試みは…人々を絶望に落とすのでした。やっぱりどんなエネルギーでも、扱う人間がバカだとどうしようもない結果に終わる。こんな当たり前のことを教えてくれるこの映画は、今の日本人も必見の作品ですね。そういうことにしておきましょう。
●『メタル・トルネード』DAILYMOTION  
人類の英知が生み出してしまったメタルトルネードさんは、人間を選別しながら、悪しきものに罰を与えていく、正義の味方です。技術を過信しすぎた者に天罰を与えるのです。日本にも来ないかな…。原発利権に未だに夢中の電力会社と研究者、そして新エネルギーで新しい利権を手に入れようとする振興企業と研究者、クズな奴は山ほどいますよ。ただこのメタルトルネードさんは金属がなければただの竜巻でしかないのが弱点ですけども…。
●『メタル・トルネード』イオンシネマ 
低予算パニックムービーだけど、アイディアは面白い。金属を吸収しまくるトルネードという、子どもの思いついたようなネタを全力で映像化しましたというセンスは駄作と断罪するには惜しい。それをどうやって食い止めるのか、興味津々だったのだが、まさかの謎の技術の爆弾である。トンデモ技術で生み出された化物をトンデモ技術で倒すという、目には目を歯には歯をの完全な誤った方の使い方に困惑しつつ、この作品のオチらしいなとも。