紙の月(映画)

ただの主婦が銀行で横領のプロになっていく

映画『紙の月』のフル動画を無料視聴する方法を無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『紙の月』を見るなら動画リンクをチェック。

多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を映画化。エグゼクティブプロデューサーは高橋敏弘と安藤親広、プロデューサーは池田史嗣、石田聡子、明石直弓。バブル崩壊直後の1994年。夫と2人で暮らす主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事に従事し、その丁寧な仕事ぶりで周囲にも評価されていた。一見すると何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だが、自分への関心が薄い夫との関係にむなしさを感じていた。しかし、自分ではこの状況を打破するようなことは何もできない。そんなある日、年下の大学生・光太と出会った梨花は、光太と過ごすうちに顧客の預金に手をつけてしまう。罪ではあることは自覚していたが、それによってほんの少しの生きがいを見つけ、やめられなくなっていく。最初は1万円を借りただけのつもりだったが、次第にその行為はエスカレートしていき、大胆な手口を続けるうちに引き返せない領域に足を踏み入れる…。

原題:紙の月 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年11月15日 / 126分 / 制作: / 配給:松竹

『紙の月』予告篇

(C)2014「紙の月」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『紙の月』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

支持されるには理由がある!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。どちらも便利なので、事前にしっかり下調べしておくと混乱も少ないです。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。これは慎重にサービスが自分にマッチするかを試したい人には朗報で、登録後の一定期間をコスト無しで使える優れもの。その間は無料なので料金の心配は考慮しなくてOK。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「紙の月」の再生はダメです。問題点はいつも潜んでいます。例えば問題性がクローズアップされているリーチサイトの中にはユーザーを有害コンテンツへと巧みに陥れようとしてくるものも。それらはマイナスダメージだけを受けるのですぐにブラウザバックしましょう。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

これに決めた!
「配信作品を眺めていたら、今すぐにでもVODを使い始めたい気持ちになった!」そうなるのも当然です。しかし、知っている人は承知の事実でしょうが、このVODはとにかく種類が多いです。加えてそれぞれごとに配信作品のラインアップさえ変化するという流動性も。「紙の月」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。動画サイトがメンテナンス中であろうとも、こちらのサイトには影響はありません。観たい作品に目星を付けておきましょう。そこらへんの動画共有サイトよりもはるかに優れた無料動画フルマーケットを散策できる数少ない機会です。興味のままに足を踏み入れてください。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」と考えても考えても謎だらけ。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。「紙の月」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「紙の月」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
映画の魅力を100%、200%とウルトラアップさせるのが俳優のパワーです。地味な登場人物の意外な豹変で一気に観客の感情を鷲掴みにしたり、本物のような熱演で感動の渦に巻き込んだり、俳優にすっかりやられた人もいるでしょう。VODは俳優検索ができますし、フルムビバースもキャスト情報は完備しています。「宮沢りえ」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「紙の月」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『紙の月』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『紙の月』をさらに知る

★スタッフ
監督:吉田大八(関連作品:『桐島、部活やめるってよ』)
脚本:早船歌江子
撮影:シグママコト
音楽:little moa、小野雄紀、山口龍夫

★キャスト
宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美

★『紙の月』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.993.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『紙の月』の受賞
第38回日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞。第57回ブルーリボン賞で助演男優賞と助演女優賞を受賞。第38回報知映画賞で主演女優賞と助演女優賞を受賞。

★『紙の月』の感想

●映画無料夢心地
宮沢りえ演じる主人公の女性の気持ちを少しも分からない女性っていないのではないかな。主婦という牢獄のような労働環境はさながらブラック企業。そこで退屈な日常を過ごすうちに、過激な世界を自ら足を踏み入れる。といっても日本ではできることといったら限られる。結果、それは職場での横領と学生との不倫になっていく。無茶苦茶な生活が刺激となってさらに後戻りできない悪循環。こうなったらお終いだが、憧れるものもあるのも事実です。
●BILIBILI
お金は人を狂わせる。それは梨花が少女の時からすでに始まっていたように思う。それにしてもただの犯罪映画以上に深い作品でしたね。最後のシーンは色々な解釈の仕方がありますね。梨花の募金が報われて男の子は幸せになったともとれるし、与える側と受ける側が逆になったことで、梨花は不幸せになったとも逆説的に推察もできる。結局、人の人生を幸せを決めるのは何なのか。きっとそれは金のない世界でしかわからないのかもしれない。
●フルムビマネー 
「受けるより与える方が幸いである」というのがテーマ。吉田大八監督の得意とする人間観察映画でもある。この主婦がやっていることはもちろん倫理的にも法律的にもアウト。しかし、そんな単純な話がしたいわけではもちろんない。これは人間が人間の呪縛からどうやって脱出するのかということ。銀行の二階のガラスを椅子で割るシーンはとくにその印象を強める。最後の最後、人混みに消えてゆく宮沢りえを見て、解放感を感じた人もいたはず。