僕のワンダフル・ライフ / A Dog’s Purpose

愛犬家必見!犬との愛情を描く感動ドラマ

映画『僕のワンダフル・ライフ』のフル動画を無料視聴するフレンドリーな方法を無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『僕のワンダフル・ライフ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:A Dog’s Purpose(「僕のワンダフルライフ」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年9月29日 / 120分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:東宝東和 / 次作:『僕のワンダフル・ジャーニー

『僕のワンダフル・ライフ』予告編
Go Behind the Scenes of A Dog's Purpose (2017)

(C)2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

動画
▼『僕のワンダフル・ライフ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『僕のワンダフル・ライフ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

パートナーになれるサービス!
心温まる感動を巻き起こすヒューマンドラマはそれだけで人生のストレスを忘れさせるような見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。どちらでも使いやすく、混乱しないために事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「おカネは使用する際の第一手順」それは普通ですが、しかし無料トライアルタイム中はその限りではないので財布はしまってください。どんなサービスでも最初は不安があるもので、躊躇いになってしまうのも無理はありません。自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「冒頭だけをチラ見せして、後は本編以降は有料にならない?」そんな無料というワードにありがちな不安ですが、VODはフル動画ゆえにユーザーに信頼されているものであり、お試しであろうとフル前提です。ラッセ・ハルストレム監督の「僕のワンダフル・ライフ」もアリ。

迂闊に飛びつく前に考えよう!
不正な動画ウェブサイトは犬のような嗅覚で危険を察知せずともわかる危なさなので適法性・実用性の二点で非推奨。ブリット・ロバートソン出演の「僕のワンダフル・ライフ」もダメです。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

いちはやくウォッチ!
安心してください。こちらの紹介する動画サービスサイトは「エルマーク」という正規契約コンテンツ配信のものだけです。ところが、見たい作品が配信しているVODはどれでしょうか。実はGoogle検索で作品名をググるとすぐにVOD名称が提案されますが、それは不十分な内容になっており一部のものだけです。デニス・クエイド出演の「僕のワンダフル・ライフ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。対応しているVODサービスの多さは、おそらくアンオフィシャルなデータベースサイトの中では随一で、新規にも続々対応します。「(。´・ω・)ん? こんなビデオオンデマンド知らないぞ?」そんな発見があれば、スーパーチャンスが一気に到来。無料視聴がおいでおいでと笑顔で手招きしてます。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。K・J・アパ出演の「僕のワンダフル・ライフ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
動画情報を「フル」に扱う映画(ムービー)のユニバースを根差すこのサイトは、そのインフォメーション・コンプライアンスも重視。どういう作品でも常に情報をコレクション。他サイトのように偏りのある紹介はしていません。あらゆるサービスを網羅しつつ、その情報で混乱させないように、ビジュアル・イージーでリコメンドしています。ユーザーの判断が何よりも大事なのでその自由度を尊重し、あなたの動画ライフを援助します。単純にジョン・オーティス出演の「僕のワンダフル・ライフ」の配信の有無だけでなく、あなただけの思い出になってくれる友人となるようなサービスとしてディープな出会いを届けていきたいと思います。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用している仲良く絆を深めることもできるSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときは世界中で使われているグローバルなSNSを駆使しましょう。ジュリエット・ライランス出演の犬だらけなドッグムービー「僕のワンダフル・ライフ」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

その動画サイトは使える?
ルーク・カービー出演の感動が止まらないワンワンヒューマンドラマ「僕のワンダフル・ライフ」を無料でウキウキと観れないの?と思っている人でも探索しだすでしょうが、サーチするだけではゴミとトラップばかりで手をケガするかもしれません。「dailymotion」「Miomio」というサイトらは有名どころです。「clipwatching」「cloudvideo」「vidoo」「vidia」「openload」「mixdrop」などのよくわからないけど目立つ謎めいたサイト。それらは過信するとろくなことになりません。映画検索可能と称してハイパーリンクを提示しているものは危ないかもしれません。不正動画に誘導したいだけという場合もあるのです。

『僕のワンダフル・ライフ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月17日時点での『僕のワンダフル・ライフ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『僕のワンダフル・ライフ』をさらに知る

W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」を映画化。『僕のワンダフル・ライフ』の製作総指揮はアラン・C・ブロンクィスト、マーク・スーリアン、ローラ・ファイファー。野良犬として生まれたトビーが転生し、人間たちと深い絆で結ばれていくストーリーを犬目線で描いたハートフル・ドラマ。愛しているあなたの想いをここで終わらせたくなかった。子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。そんな存在に対して、種の垣根を超えて、2人は固い絆で結ばれていくが、犬の寿命は人間よりずっと短い。どんなに愛が強くても別れは来てしまう。ついにベイリーが旅立つ日が訪れ、それによって関係性は過去のもになる。しかし、その愛は終わりのない不死身だった。

・映画撮影中にトレーナーが犬に危険なスタントを強制している現場をおさめた動画が流出し、虐待しているとして問題となった。

★『僕のワンダフル・ライフ』のスタッフ


監督:ラッセ・ハルストレム(関連作品:『マダム・マロリーと魔法のスパイス』)
脚本:W・ブルース・キャメロン、オードリー・ウェルズ、マヤ・フォーブス、ウォーリー・ウォロダースキー
撮影:テリー・ステイシー
音楽:レイチェル・ポートマン

★『僕のワンダフル・ライフ』のキャスト


ブリット・ロバートソン、デニス・クエイド、K・J・アパ、ジョン・オーティス、ジュリエット・ライランス、ルーク・カービー、ペギー・リプトン、プーチ・ホール、ジョシュ・ギャッド

★『僕のワンダフル・ライフ』の評価

IMDbRTMETA
6.935%43
映画comY!FM
3.84.244.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『僕のワンダフル・ライフ』の感想

●『僕のワンダフル・ライフ』シネマトゥデイ  
くすっと笑えるところも涙が止まらないところもあり、犬の健気さと人の温かみを感じられる、動物への愛が溢れるハルストレム監督らしいお話でした。犬や猫を飼ったことがある人なら、誰でも心にぐっとくる場面があるんじゃないかな。場合によっては脱水症状必須の号泣も覚悟の上です。素直で純真な犬の視点で続いていくストレートなストーリーは、人への愛と生に向かって真っ直ぐで、自分でも引くくらい泣いていました。ティッシュを忘れずに。
●『僕のワンダフル・ライフ』109シネマズ
ただでさえ犬が死んじゃう系のやつ無理なのに、それが3、4回あるという、もはや「泣け!」と強制拷問を受けるかのような映画だった。でも、犬へのLOVEが満ちていて無条件に幸せになってしまう。愛犬を亡くしてしまった経験があれば、なおさらです。冒頭からずっと涙が止まらなかったし、最後はお約束の展開ではあるけどこうでなくっちゃ!という感じ。犬を飼ったことのない人でも泣いたという声も聞きますし、万人向けの感動ドラマです。