ザ・プレイヤー(1992)

カンヌ国際映画祭で大絶賛されたコメディ

映画『ザ・プレイヤー』のフル動画を無料視聴する方法を無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『ザ・プレイヤー』を見るなら動画リンクをチェック。

マイケル・トルキンの1988年の小説「The Player」を原作とし、ハリウッドのメジャー・スタジオの副社長が起こした殺人事件を中心に、いわゆるハリウッド人種たちの奇妙な生態を描いたブラック・コメディ。製作はデビッド・ブラウン、マイケル・トルキン、ニック・ウェクスラー。ハリウッドの大物プロデューサーのグリフィンの元に、恨みを持つ脚本家から「すべての脚本家に代わってお前を殺す」という脅迫状が届く。その物騒な言葉は感情を逆行させた。その送り主を追いつめたグリフィンは、口論の末、はずみで相手を殺害してしまった。残忍な結果になってしまったが、これで終わりとなるはずだった。だが翌日も「オレはまだ生きている」というファックスが届き…。

原題:The Player / 製作:アメリカ(1992年) / 日本公開:1993年1月15日 / 124分 / 制作:Avenue Pictures / 配給:大映

TRAILER – The Player (1992)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ザ・プレイヤー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いろいろな悩みを抱えながら独自のタッチで自分の生き方を模索していく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信は利点もいっぱい。例えば人にとって労力と時間はなるべく削減したいもの。ウェブサイトにアクセスして確認するだけのこのサービスなら一瞬です。貸し借りの煩雑な作業もなし。煩わしいスケジュールもおさらばです。

「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。私たちはいろいろな出費を余儀なくされる生き物です。美味しい食べ物も食べたい。欲しい衣服がある。旅行にだって行きたい。せめて映画くらいは安く観てもバチはあたらないはず。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトにはアクセスしないでください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ザ・プレイヤー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。今日の状態の把握はさすがに反映しきれませんが(サイトが重くなるので)、可能な限りの情報更新をするので、配信を追いかけやすいです。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、動画が途中でいきなり別画面に切り替わって大音量の鬱陶しい映像宣伝が流れ始めたり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ザ・プレイヤー」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

動画は正常状態ならば何も問題なく再生できると思いますが、いくつかのトラブルのせいで上手くいかないことがあります。まずは重すぎるという問題。タスクマネージャーをチェックするとわかるのですが、あちこちに重たいプログラムが同時並行で作動していると、動画再生が妨害されてしまいます。その原因はブラウザに不必要な拡張機能があると起きたりします。調子に乗って導入しすぎることは多いです。今は使っていないものはありませんか? 本当にそれは必須か確認してみましょう。「ザ・プレイヤー」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

『ザ・プレイヤー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・プレイヤー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロバート・アルトマン(関連作品:『ゴッホ』)
脚本:マイケル・トルキン
撮影:ジャン・ルピーヌ
音楽:トーマス・ニューマン

★キャスト
ティム・ロビンス、グレタ・スカッキ、フレッド・ウォード、ウーピー・ゴールドバーグ、ピーター・ギャラガー、ブライオン・ジェームズ、ヴィンセント・ドノフリオ、ディーン・ストックウェル、リチャード・E・グラント、シドニー・ポラック、シンシア・スティーヴンソン、ダイナ・メリル、リーア・エアーズ、ジーナ・ガーション、ジェレミー・ピヴェン

★『ザ・プレイヤー』の評価

IMDbRTMETA
7.698%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・プレイヤー』の受賞
第65回アカデミー賞で監督賞・脚色賞・編集賞にノミネート。第50回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)・最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞、最優秀監督賞・最優秀脚本賞にノミネート。第45回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で監督賞・男優賞を受賞。

★『ザ・プレイヤー』の感想

●シネマトゥデイ 
この微妙な収まりの悪さがたまらない。一歩引いたところから斜めに見下ろす視点がアルトマンの真骨頂。これだけのスター集めておいてこの着地というのが最高で、わかる人にわかればいいという開き直りも清々しい。登場する俳優をその本人が演じ、物語を趣深いものにしていると同時にしっかりブラックコメディとしても保っているのもお見事。風刺映画としてはラスト30秒がピークなんじゃないでしょうか。オチのおかげで傑作になっていますね。
●TOHOシネマズ  
ロバートアルトマン監督によるひたすらハリウッドを皮肉った作品。映画界を笑いにしてバカにしまくる。かといって身内だけが楽しめればいい作品になっているわけではないのも上手い。豪勢に役者を出して全員ハマり役とは恐れ入るばかり。劇伴もスタイリッシュでテンションが上がる。ハッピーエンドの意義が良くわかる見事な幕切だったし、この鑑賞後の感覚は見た人にしかわからない。早く知りたければ、一にも二にもまずは視聴すべきだ。
●ユナイテッドシネマ 
長回しといえばこの映画です。新作もどんどんユニークなカメラワークに挑戦しているものがたくさんありますが、やはりこれに敵うものはいないと思います。ストーリーテリングもパーフェクトです。作中で話題に出ていた娯楽映画の絶対条件である「セックス」「スター俳優」「ハッピーエンド」などが故意的に盛り込れて、いつまにやら帰結。主人公の心境の変化と呼応する演出に、この映画、凄すぎる!と最後はお手上げ降参状態です。