22年目の告白 私が殺人犯です

衝撃の告白の裏に隠されたさらなる衝撃

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』のフル動画を無料視聴する有益な方法を、無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『22年目の告白 私が殺人犯です』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:22年目の告白 私が殺人犯です / 日本(2017年) / 日本公開:2017年6月10日 / 117分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会


▼『22年目の告白 私が殺人犯です』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『22年目の告白 私が殺人犯です』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用するなら今!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはネタバレなしで見ると最高に楽しいです。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が利用経験があるというデータもあり、ネット配信の普及率の高さを物語っています。まだ使っていない人でも安心。初心者でも簡単にスタートでき、スマホで気軽に見れるので何も心配ありません。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。入江悠監督の「22年目の告白 私が殺人犯です」もアリ。

あなたを脅かす魔の手!
違法な動画サイト等は悪でしかない存在であって気を付けてください。藤原竜也出演の「22年目の告白 私が殺人犯です」もダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。自称映画動画マスターなのでそんな粗雑なトラップにはかからない…そう言って普段の使っている個人情報だらけなブラウザをリスクに曝すのはマヌケにしか見えません。

これに決めた!
まるで目の前に大好物の餌を出された犬のように、飢えていたあなたもこれで映画を観たい欲求が爆発してくるはずです。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。「22年目の告白 私が殺人犯です」を視聴できるVODはどれなのかそれは一番に知りたいですし、気になると思います。ずっと悩んでいてもしょうがないです。かといって全てのサービスを自力で確認するとなると、いつ終わるかもわからない大変さ。そこでこのページは補助的に紹介を支援しています。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は映画を観たい気持ちはさておき再生機器の条件を満たす必要が「22年目の告白 私が殺人犯です」でもあります。テレビの場合は、対応済みの環境のあるテレビか、独自の専用機器アイテム(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edgeですが、つまりはだいたいに適応済みです)を利用しましょう。不用意に雑な扱いでブラウザを使っているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

悪いサイトを追い出すために
オフィシャルな提供ではなく、どこかの誰かが勝手にアップロードした動画は当然ながら違法です。また、DVDラベルと称して勝手に画像を配布しているサイトもありますが、それも某ニュースで話題になった海賊版サイトと同じく法律に反するものです。つまり、全てのそうしたものは本来は排除されるべき存在なのです。こうしたサイトの利用は慎むべきなのは言うまでもありませんが、口で叱るのでは効果は低いものです。そこでVODは白羽の矢が立つ存在です。間違った道に進んでいる人に「こっちの道がいいよ」と導くことができる大役を担えるので「22年目の告白 私が殺人犯です」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はずっと魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。伊藤英明出演の過激な悪意が充満している「22年目の告白 私が殺人犯です」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

その動画サイトは使える?
思わずそうくるのか!と唸らせてくる予想外サスペンス「22年目の告白 私が殺人犯です」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『22年目の告白 私が殺人犯です』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月27日時点での『22年目の告白 私が殺人犯です』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『22年目の告白 私が殺人犯です』をさらに知る

2012年の韓国映画『殺人の告白』を原作に、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件の引き金となるクライムサスペンス。エグゼクティブプロデューサーは門屋大輔と安藤親広、プロデューサーは北島直明と小出真佐樹。1995年、日本中を震撼させた同一犯による5件の連続殺人事件が起こる。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。それは劇場型の犯罪であり、まるで犯行を楽しんでいるかのようにも見えた。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、まんまと敗北を喫しただけでなく、そのまま事件は未解決のまま罪に問えない時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、思わぬ展開が起こる。犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。それはあまりの衝撃だったが、それでは終わらない。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが…。

★『22年目の告白 私が殺人犯です』のスタッフ
監督:入江悠(関連作品:『太陽』)
脚本:平田研也、入江悠

★キャスト(キャラクター)
藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼春(日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、平田満(滝幸宏)、岩松了(山縣明寛)、岩城滉一(橘大祐)、仲村トオル(仙堂俊雄)

★『22年目の告白 私が殺人犯です』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『22年目の告白 私が殺人犯です』の感想

●無料ホームシアター 
なかなか爽快なサスペンス。こんな奴絶対に怪しいに決まっていると観客誰もが思ってしまう藤原竜也をこれ以上ないベストな使い方をしている。まさに素材をもっとも活かしたキャスティング。上手い。スリルのある展開にちゃんとサプライズが用意されたものは多いけど、俳優がそこに機能しているのは珍しい。逆に彼以外のはまり役を思いつかないほど。連続殺人犯が手記を出版することでカリスマ化していくのは現実にもあるのがまた辛い。
●シネマトゥデイ 
私が犯人です? 嘘つけ! そう言わせたいかのような演出。そして騙されるというよりは欺いたのちの「ざまあみろ」さを観客も一緒に犯人に与える楽しさ。それが売りだと思う。途中で展開がわかっても大丈夫。それよりもその先が大事だから。これをどうやって決着つけるのかという部分がポイント。誰が蛇足と言おうがラストシーンは嫌いじゃない。あの因果応報な流れこそ、今作の終わりない復讐の連鎖を表す嫌なエンディングになるわけだし。
●BILIBILI 
時代に起きた実際の事件、事故の映像が使われているのがフィクションと現実がクロスオーバーしているようで邦画には珍しい惹きつけられるオープニングでした。どんでん返しの連続が売りのストーリーになっていますが、見事に観客ではなく登場人物を欺いているのでこれは成功なのだろう。むしろ観客は騙す側にいる。韓国版とは全然違うので、比べて見るのもいい。あまりの内容の歴然とした差に驚きすぎるので覚悟して鑑賞するといい。