シャーク・ウィーク

殺人ゲームのアイテムは獰猛なサメたち

映画『シャーク・ウィーク』のフル動画を無料視聴する方法を無駄な広告に邪魔されることなくレコメンドしています。
今すぐ『シャーク・ウィーク』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Shark Week / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年4月(DVDスルー) / 90分 / 制作:The Asylum / 配給:アルバトロスフィルム

シャーク・ウィーク

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『シャーク・ウィーク』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あなたの知らない怖い話!
いつもと変わらない世界が一瞬にして狂気の生物に襲われる地獄へと変わるスリラーはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りることはすでに過去の手法になりつつます。今はネット配信が大きな役割を果たし、新しいスマホ時代のスタンダードです。ネット配信を使っていない人でも気軽に利用できるので安心できます。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。「シャーク・ウィーク」もアリ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「シャーク・ウィーク」の鑑賞はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。ネット上には自分の失敗で大損害を受けても泣き寝入りしている人ばかりなので、その仲間にはなりたくないでしょう。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「シャーク・ウィーク」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。無料視聴への最短ルートは使用していないアイコンを見つけることです。その先にあなたの欲している動画があるのであり、数分後には見れています。

お試し無料はいつまで?
タイムスケジュールを各自でチェックです。なぜかといえばお試し無料の期間は限られていますので、忙しい時期にうっかり登録してしまうと、無駄に時が過ぎてしまい、意味もないです。カレンダーを睨みながら自分にぴったりの期間を狙うのがいいのではないでしょうか。繰り返しますが時間は大切に。動画と付き合う時間がそもそも無いと「ヤンシー・バトラー」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」と考えても考えても謎だらけ。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。「シャーク・ウィーク」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「シャーク・ウィーク」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

海賊版サイトは無料ではありません
今やあまりにも正々堂々とした顔で蔓延している違法な動画アップロードサイトは、無料である風に謳っているデザインになっていますが、実際は無料どころか有害です。陰湿な手段による個人情報盗用や端末負荷ダメージなどその被害額は無視できない莫大さであり、表向きの宣伝文句には騙されてはいけません。「シャーク・ウィーク」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

『シャーク・ウィーク』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『シャーク・ウィーク』をさらに知る

様々な種類のサメの群れを利用した戦慄の殺人ゲームを描くパニック・シチュエーション・スリラー。突然拉致され、謎の孤島に連れてこられた8人の男女。そこに普通ではあり得ないようなトラップが待ち構えていた。狂気の復讐計画を仕掛けたのは、タイブロンという男。8人の共通点は、タイブロンの息子の死に関係していたことだった。憎しみが最悪のかたちで復讐へと変わり、この誘拐に至った。そして、混乱も消えないなかで死のゲームはスタート。地下洞窟に追い込まれた彼らを待ちうけていたのは、あらゆる恐怖の中でもとくに水中では出会いたくない相手。イタチザメ、シュモクザメ、ホオジロザメなど様々な種類の、多種多様な凶暴なサメの群れ。タイブロンのトラップにはまり、次々とサメの餌にされてゆくメンバーたち。このままでは全滅も避けられない。最期まで生き残るのは誰なのか。そしてこの島を脱出する方法はあるのか。

★スタッフ
監督:クリストファー・レイ
脚本:リズ・アダムス、H・ペリー・ホートン
撮影:ペジャ・ラデンコビック
音楽:クリス・リーデンハウアー

★キャスト
ヤンシー・バトラー、パトリック・バーギン、ジョシュ・アレン、エリン・クッカー、バート・バゲット

★『シャーク・ウィーク』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????1.6
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『シャーク・ウィーク』の感想

●映画無料夢心地 
多くの人は知っていることだと思いますが、サメというのは1種類ではありません。みんな大好きジョーズのホホジロザメ以外にもアオザメやメジロザメ、シュモクザメなど人を襲うサメはたくさんです。では、そのサメが全部襲ってきたら面白いじゃないかというのがこの作品のコンセプト。確かにユニークで、上手く映像化すれば絶対に盛り上がること間違いなし。しかし、現実は甘くない。なぜならそれは普通に考えてお金がかかることだから。
●DAILYMOTION  
これは映画界では斬新すぎますよ。だって真っ暗だよ。何も見えないよ。画面が黒一色で声だけ聞こえてくるって、そんなバラエティ番組があったよね…。そんなことは置いといて、このサメ映画ですよ。タイトルは「シャーク・ウィーク」ではなくて、「ブラック・シャーク」とかにすべきです。それくらい何も見えないです。せっかくいろいろな種類のサメが登場するというアイディアがあるのに、なぜこうも全力で企画潰しをしているのかな…。
●イオンシネマ 
突如拉致され集められた8人が謎の孤島でサメと戦うデスゲームをするお話。「サメは海のゴミ箱」「サメは純粋、神様」というサメを崇拝しているのか、バカにしているのかわからないノリに、この映画を制作した人たちはアルコールかドラッグをしながら映画作りをしていたのではないかと疑いたくなるレベル。サメの死体まで何故かCGで、持ち上げた手とサメが合ってないのは、どういうことなのでしょうか。技術がないのか、それとも目が視えないの?