空の大怪獣Q(1982)

ニューヨークを古代の怪鳥が襲う!

映画『空の大怪獣Q』のフル動画を無料視聴する方法を目障りな広告で混乱させずにレコメンドしています。
今すぐ『空の大怪獣Q』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Q The Winged Serpent / 製作:アメリカ(1982年) / 日本公開:ビデオスルー / 91分 / 制作: / 配給:

Q: The Winged Serpent (1982) – Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】安定再生
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『空の大怪獣Q』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

隠れた名作を!
日常の平穏を破壊する恐怖のモンスターパニックを描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信はマイナー作品もしっかり揃えているので、普段のレンタル店でDVDを借りるようなことでは出会えない映画もOK。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できるので非常にユーズフルです。

「無料」ですよ!タダ!
「月額はいくらなんだろう…」と考える前に、最初であれば試用ができるので、とにかくお金を後回しに使ってみるのも一案です。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。「空の大怪獣Q」もアリ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「空の大怪獣Q」の鑑賞はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。ネット上には自分の失敗で大損害を受けても泣き寝入りしている人ばかりなので、その仲間にはなりたくないでしょう。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、知っている人は承知の事実でしょうが、このVODはとにかく種類が多いです。加えてそれぞれごとに配信作品のラインアップさえ変化するという流動性も。「空の大怪獣Q」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩みは放置していると肉体に心理的ストレスを蓄積して良くありません。フルムビバースでスッキリしてください。視聴可能な変化するVODをアイコンで表示。これは執筆時の情報投げっぱなしではなく更新もします。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で視聴可能!」なんてセールストークみたいなものは典型的な都合のいい話であり、いかにも怪しい裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりの体験が実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の手段がないわけではなく。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に当てはまることですが、著作権が消滅したゆえにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで発見できるので50~70年前の旧作は要チェックです。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは有用な「ウォッチリスト」機能を搭載。これは自分オンリーのオリジナルな気になる映画リストが作れるもので、簡単に言えばお気に入りやメモ感覚と同じ。ページ閲覧中に「お、この映画は後で見よう」と思う出会いがあるでしょう。そんなときは各ページ内の「Favorite」ボタンをポチっとお気軽にどうぞ。そうやってポチポチした作品は特別なウォッチリスト・ページで総まとめ中。「空の大怪獣Q」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「空の大怪獣Q」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「空の大怪獣Q」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

『空の大怪獣Q』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『空の大怪獣Q』をさらに知る

現代のニューヨークに蘇った古代の怪鳥を描くSF怪獣映画。ビルの窓を拭いていた男が何者かに首を襲われ、ホテルの一室では全身の皮を剥がされたおそろしい死体が発見されるなど、ニューヨークで不審な事件が多発していた。それはまるで人間でも野生動物でもない、別の人知を超えた生物による仕業としか思えない。シェパード刑事はこれらの事件を捜査するなかで、アステカの民が崇めていたという怪鳥ケツァルコアトルの存在を知る。もし実在するならば、その怖さは想像を超えるものに違いない。彼は何者かが儀式を行って怪鳥を現代に甦らせたかもしれないと考えはじめる。その頃、街では「巨大な鳥のようなものを見た」という証言が…。

★スタッフ
監督:ラリー・コーエン
脚本:ラリー・コーエン
撮影:フレッド・マーフィ、ロバート・レヴィ
音楽:ロバート・O・ラグランド

★キャスト
マイケル・モリアーティ、デヴィッド・キャラダイン、リチャード・ラウンドトゥリー、キャンディ・クラーク、ジェームズ・ディクソン、マラキー・マッコート、フレッド・J・スコレイ、ジョン・カポダイス、ピーター・ホック、トニー・ペイジ、エディ・ジョーンズ、ラーキン・フォード

★『空の大怪獣Q』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『空の大怪獣Q』の感想

●FILMAGA
「空の大怪獣」と聞いてラドンを思い浮かべる日本の特撮ファンも多いだろうが、実はもう一匹「Q」という怪獣がいる。正式名はケツァルコアトル。アステカ神話の風を司る蛇神だ。この作品でのケツァルコアトルは摩天楼を飛び回り人知れず殺戮をしまくる残忍な怪物となっている。監督は知る人ぞ知るあの有名なラリー・コーエン。1982年当時は相当の技術であっただろう怪獣表現は、この時代の特撮技術を知る上でも非常に興味深い一作となっている。
●DAILYMOTION  
オープニングから掴みが最高だ。高層ビル窓掃除人はお気に入りの女性の職場の窓を今日も拭く。「一体何回この窓拭くのよ、キュッキュッって音で頭痛いわ!」と心底迷惑がられているのに、都合がいいのか悪いのか窓の外の彼には聞こえない。「落ちちゃえばいいのに」と呟いた直後、謎の物体が突撃してきて掃除人の頭を綺麗にもいでいく。ストップモーションの怪獣の出番はかなり少なめだが、それでも時代的な魅力が詰まっている良い映画でした。
●海外コメント
独創的なB映画の巨匠、ラリー・コーエンによる非常に気さくで魅力的な小さな映画です。何百もの他のモンスター映画とは別に、この映画には本当に緊張した雰囲気、そのキャラクター、本当にあなたと一緒にいる幽霊のあるシーン、よく書かれた奇抜なスクリプト、ニューヨークとそのモンスターそれ自身の人生と性格を持っています。「Q」の特殊効果は、間違いなく映画の主な話題です。そこに注目するだけでもオリジナリティの高さを知れるでしょう。