ターミネーター(1作目)

伝説のSFアクションがここから始まった

映画『ターミネーター』のフル動画を無料視聴する有利な方法を目障りな広告で混乱させずにレコメンドしています。
今すぐ『ターミネーター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Terminator / アメリカ(1984年) / 日本公開:1985年5月25日 / 108分 / 制作:Hemdale、Cinema ’84 / 配給:オライオン=ワーナー / 製作費:640万ドル / 興行収入:7830万ドル / 次作:『ターミネーター2

The Terminator Movie Trailer
動画
▼『ターミネーター』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
FOD ▼FOD

▼『ターミネーター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

まだ観ていないとは言わせない!
レジェンド級の名作として映画史に長らく語りつがれている永遠の映画はそれだけの価値があるものです。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用すると良いです。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を観れるこのサービスは今ではスタンダードの手法。過去作品でもしっかり揃えているので、安心してください。家にいる時はテレビを使うこともできるのでDVDとそこまでは変わりありません。

「無料」を見逃すな!
「有料が無料になるなら?」そういうインセンティブ制度的な施策が、お試し期間の存在で、ほとんどで整備済みです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料ホームシアター的な体験がしたいのだけど…」「自分にマッチした映画体験というのはどこかに転がっていないのかな」そんな要望にも限りなくお答え。視聴媒体を選びませんからどのような再生環境にも対応させやすいのが最大級の利点でもあります。ジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター」も配信中。

どんな動画でも安全確認を!
不正な動画ウェブサイトはいつまでもリスクは消えないでしつこいので適法性・実用性の二点で非推奨。それでアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」の視聴はダメです。具体的な怖さを提示してくれないとわからない? だったら恐ろしい話をしましょう。それはターミネーターのような恐怖の追跡者です。ネット上の体験談ではこんなとおり。パソコンが壊れた。メールアドレスが乗っ取られた。クレジットカードが不正使用された。結局は警察も相手してくれません。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。パーフェクトに思えてもストップして考えるべきが一点。あなたは絶対にこれが見たいという映画を欲しているのでしょうか。ならば登録前に確認を推奨します。マイケル・ビーン出演の見ないのはもったいない「ターミネーター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あなたがこの瞬間に読んでいるページでは疑問をクリアにします。フルムビバースはVODの中から配信可能性の高いものをピックアップ掲載中で、その内容も管理者が適度に更新しているので、利便性を保障しています。時期も時間も考えずにただワンパターンにひとつのサービスを推薦することはしません。リアルタイムに近い更新の多さがこちらの強みです。レコメンデーションはアイコン数に応じて無料視聴ルートが倍増していることを意味します。これならばチャンスはどんどんアップ。動画までの道のりはあとはドアを2枚3枚くぐるのみ。

字幕・吹替、選択は自由
映画の字幕にあなたはどんな印象を持っているでしょうか。俳優の声がそのまま聴けるからオリジナル映画を尊重できて最高であるという声もあります。これはかなりの有力なもので支持されるのも納得。でも画面下部が覆われるし、目を映像と文字で行ったり来たりさせるのでそれは面倒だという不満もあります。一方で吹替も賛否両論です。スムーズに映像に専念して満喫できるものの、残念ながらクオリティの低いグダグダ吹き替えのリスクも…。リンダ・ハミルトン出演の決定的なSFブロックバスター大作「ターミネーター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。最新のものも整理できしだい追加していきます。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「こんな映画も配信されてるのか!」と予想外な発見もあるので“一覧を眺めるだけ”という楽しみ方も一興です。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。映画史を塗り替えてきた「ジェームズ・キャメロン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントのユニークなテキストから未知の期待を膨らますのも良しです。

高画質で見られる?
ハイクオリティで映像の隅々まで、キャラクターの表情や背景に映っている何気ないオブジェクト、美麗な空間デザインを構成する環境フィールド、あらゆる映画のパーツを見たい人もいます。そのためには高画質でないといけません。ネット動画は低画質だと勘違いしている人はいまだにいますが、それは嘘です。実際はDVDを上回る性能があり、映画館のような見づらさもないので、もっとも最適に映像を堪能できるといえるでしょう。あとは所有している再生機器の性能の問題だけになってきます。「ターミネーター」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
映画館が最高クオリティだと思っていた人はさらなる高みを知らないだけです。ホームシアター空間の異次元は映画に対する認識を激変させます。それは値段が高いものという印象も少しずつ変わり、お買い得になってきました。これも欠かせないプロジェクション・テクノロジーの普及のおかげです。ポール・ウィンフィールド出演の伝説的名作「ターミネーター」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『ターミネーター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月1日時点での『ターミネーター』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「FOD」です。

▼『ターミネーター』をさらに知る

未来からやって来た殺人機械に生命を狙われる女性、彼女を助けようとする戦士を描くSFアクション。『ターミネーター』の製作総指揮はジョン・デイリー、デレク・ギブソン。2029年の近未来。反乱を起こした人工知能スカイネットが指揮する機械軍により絶滅の危機を迎えていた人類だが、抵抗軍指導者であるジョン・コナーの指揮下、反撃に転じた。この勢いで理不尽な支配と暴力からの解放を実現するために前に進む。これではやられてしまうと脅威を感じたスカイネットは、未来から現代へ殺人アンドロイド「ターミネーター・サイバーダインシステム・モデル101」を送り込み、奥の手の手段で対処しようとする。ジョンの母親サラ・コナーを殺害することでジョンを歴史から抹消して、反乱の未来さえも生まれないようにしようと目論む。同じ頃、抵抗軍からも兵士カイル・リースが、サラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれた。どちらも目的は互いの阻止。ターミネーターとカイルは未来に戻ることができず、抵抗軍が時間転送機を破壊したため、「二人」に続いて現代へ来る者はいない。全てはこの二人の行動にかかっていく。人類の命運を分ける戦いが、1984年5月12日木曜日のロサンゼルスで始まる。

★『ターミネーター』のスタッフ


監督:ジェームズ・キャメロン(関連作品:『殺人魚 フライングキラー』)
脚本:ジェームズ・キャメロン、ゲイル・アン・ハード
撮影:アダム・グリーンバーグ
音楽:ブラッド・フィーデル

★『ターミネーター』のキャスト


アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、ポール・ウィンフィールド、ランス・ヘンリクセン、アール・ボーエン、ベス・モッタ、リック・ロソヴィッチ、ディック・ミラー、ビル・パクストン、ブライアン・トンプソン、ショーン・シェップス

★『ターミネーター』の評価

IMDbRTMETA
8.0100%??
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ターミネーター』の感想

●『ターミネーター』シネマトゥデイ 
聞いたことはない人はいないであろう、殿堂入りの名作「ターミネーター」。しかし、実際に視聴した人は少ないかもしれない。その決定版の映画を鑑賞するチャンスがあるのならば見逃してはならない。言わずと知れたキャメロン監督とシュワちゃんの出世作を目撃すれば、今日からあなたも映画史の証人になれる。古臭い演出ではなく、型となるようなお約束を生み出したという意味では、やはり何度見ても伝説級の一作だという思いを強めるばかり。
●『ターミネーター』イオンシネマ 
カリフォルニアの州知事にまで上り詰め、再び映画界に華麗にカムバックしたシュワちゃんことアーノルド・シュワルツネッガーの代表作。これを観ずして、この俳優を語ることはできません。終盤ストップ・モーションで撮影された終盤の金属の骨格のみでターミネーターが襲ってくる名シーンは、当時のCG技術の最先端で見るものをアッと言わせたということを想像してみるといいです。時代を超えて末永く愛されていってほしいです。