キングコング(1976)

名作「キング・コング」が再び蘇った1976年

映画『キングコング』のフル動画を無料視聴する方法を目障りな広告で混乱させずにレコメンドしています。
今すぐ『キングコング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:King Kong / 製作:アメリカ(1976年) / 日本公開:1976年12月18日 / 134分 / 制作: / 配給:東宝東和

King Kong 1976 – Theatrical Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】マルチ対応
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『キングコング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大迫力も動画で確実に!
不朽の名作として語り継がれている映画はリメイクを重ねてどんどん進化していっています。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使えないか検討してみましょう。パッケージディスクを手にしてしまった後に配信に気づいてしまうのがよくあるパターンですが、そうならないためにも事前にしっかり下調べしておくと損をしません。レンタル店でDVDを借りるためにウロウロしなくていいかもしれません。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「何かの理由で莫大な料金が請求されたりしない?」それは絶対にありません。そもそも料金は決まっており、何かの延滞金や解約料が生じることはないので、支払いにあたふたすることはないでしょう。「キングコング」もあるかも。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「キングコング」の鑑賞はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。動画さえあればエンタメに困窮しませんが、VODで「これだ!」という狙いの映画あるならば少し注意すべきことがあります。配信しているのかという根本的な話です。「キングコング」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「キングコング」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。たくさん存在するクレカのどれが最適なのかと気になる人もいるかもしれません。正直なところ、どの会社のカードも同じです。まだ持っていない人なら、審査が比較的簡単で、容易に入手できるものが良いでしょう。申し込みから数日程度で手に入るので、そこまで長く待つこともないはずです。一度登録した後に別のクレカに変更することもできるので、深く悩まなくてもOKです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このタイプの映画をもっと見たいな」そんな要望に対応可能なカテゴライズされたジャンル分けもあります。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ジョン・ギラーミン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。「キングコング」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

その動画サイトは使える?
「キングコング」を無我夢中で無料で見るべくネットサーフィンすると動画サイトが嫌でもたくさん顔を出します。動画量の多さで群を抜いている「dailymotion」「Pandora」、アジア系のビデオサイトでは最大クラスの賑やかさな「Miomio」「BiliBili」、重たい動画も再生しやすいようになっている「openload」。この各所を控えめにスッと提示している人もいますが、その手には乗らないように。なぜならそこは不正行為に関わっている疑いの強い場所だからです。自分で責任を承知ならばなんでもありということには絶対なりません。

『キングコング』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キングコング』をさらに知る

1933年に製作された『キング・コング』の再映画化。製作総指揮はフェデリコ・デ・ラウレンティス、クリスチャン・フェリー。社会を混乱させた激しい石油ショックの波をあびて、ペトロックス社のウィルソンは、南太平洋に新たな油田を求めて、調査船を進めていた。どこかに利益につながる、魅惑的な場所があると信じていた。最終目的地は、いつも濃い霧に覆われていて、その所在すら海図には明らかではない謎のスカル島である。もう1人、このスカル島をめざす男がいた。密航者として乗船していたプリンストン大学の動物学者プレスコットである。彼は別の目的があり、それはスカル島には巨大な未知の動物が棲息していると推測し、学術的な発見のために自分の目で確かめようとしていた。

★スタッフ
監督:ジョン・ギラーミン
脚本:ロレンツォ・センプル・Jr.
撮影:リチャード・H・クライン
音楽:ジョン・バリー

★キャスト
ジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、チャールズ・グローディン、ジョン・ランドルフ、ルネ・オーベルジョノワ

★『キングコング』の評価

IMDbRTMETA
5.953%??
映画comY!FM
3.2???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『キングコング』の感想

●映画無料夢心地 
オリジナルよりも好きかもしれない。監督はジョン・ギラーミンですし、実物体の動くゴングを制作するなど製作費が凄かったでしょう。CGのなかった時代の大作という感じがまさに大好きな理由。70年代を舞台にリメイクするため脚本家が腐心した跡が窺えてそこも面白い。「コングは神秘そのものだ。それを我々はあの島や島民から奪ってしまった」みたいな台詞に驚く。初代と違ってコングへの畏敬が明確に挿入されるのは明らかに時代の変化だった。
●FILMAGA 
この映画、ワールド・トレード・センターが舞台になっていることもあって思い入れがある。最後は、撃たれて、ワールド・トレード・センター屋上から落ちて、死んでしまうキングコングが哀しい。このビルがたどる運命を知ってしまうとまるで未来の悲劇を暗示しているようにさえ思えてくる。批評は別れた映画だった気がしますが、J・ブリッジス、J・ラングのアカデミー男女優を送り出した映画という点でも凄い映画だったなとあらためて思う。
●TOHOシネマズ 
コングの男性面が強調されまくった一作。今作では、コングを封じ込める門を留める「かんぬき」(巨大な丸太棒)を留め穴に抜き差しするシーンが、何故かアップで数回映るが、これは完全に性行為のメタファーとしか見れないので確信犯だろう。対して、ジェシカ・ラングに色んなエロい衣装を着せる事が目的なのではと思うくらいのヒロイン感は若干やりすぎではある。リアルになったことで美女との不器用な交流描写ができるようになったのは進歩か。
●109シネマズ 
1933年版のリメイク作。映画撮影で未知の島を訪れるというキングコングの基本テンプレートを離れ、その島に新たな資源を求めていくというお話になっている。これによって遭難していた映画女優のヒロインを拾うとか強引な展開もあったりしますが、当時のリアルタイムを舞台にしているのは良いアイディアでしょう。残念なのが、島でコングが戦う巨大生物が、変なヘビみたいな奴しか出てこない事。そこは予算がなかったのかな。