ラムネ(2010)

青春映画シリーズ「ニュースター・シネマ・コレクション」の第2弾

映画『ラムネ』のフル動画を無料視聴する方法を目障りな広告で混乱させずにレコメンドしています。
今すぐ『ラムネ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ラムネ / 製作:日本(2010年) / 日本公開:2010年5月29日 / 98分 / 制作: / 配給:エイベックス・エンタテインメント

「ラムネ」予告

(C) 2010 avexmanagement inc.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】一時停止可
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『ラムネ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及しているからこそ!
いろいろな悩みを抱えながら自分の生き方を模索していくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいのですが、マイナー作品もしっかり揃っているかと言われるとそうではないケースも多いです。ネット配信は確実に検索して探すことができるので見逃しもなく困ったりはしませんから便利です。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。「ラムネ」もあるかも。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ラムネ」の再生はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

いちはやくウォッチ!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。しかし、知っている人は重々理解しているでしょうが、このVODは種類が豊富。当然どれがマッチするかは十人十色。加えてそれぞれで配信作品も違っています。「ラムネ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この各作品ページでは配信中のVODをバナーでお知らせ。一目見るだけでどのサービスで扱っていて、扱っていないかが判断できます。表示アイコン画像がない場合はまだ配信されていない可能性ありです。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。時の流れは残酷なもので、明日にこの作品を見ようと思っていても、当日に配信終了ということも。ラストのチェックは入念にしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ラムネ」を見たい気持ちをまずは抑え、ペイメント方法を選択しないといけません。原則はクレジットカードであり、これが個人証明にもなっています(ユーザーの重複登録を防止するのに機能しています)。VODによってはユーザー利用のキャリア決済をセレクトできるものもあるので要検討です。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうがノープロブレム。代わりのやり方を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」と考えても考えても謎だらけ。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。「ラムネ」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
ネット上を炎上気味で騒がせる海賊版画像や動画のコンテンツ掲載ウェブサイトは取り締まりを強化する法整備が進んでいますが、その数は多く、手が付けられない状態は続いています。言うまでもなく法的にアウトではありますが、規制が追い付きません。そこでVODの普及によってポジティブなイニシアティブ・カウンターをとることが有効手段としても指摘されています。安価な手法があれば動画視聴は正規なかたちで広まるので、わざわざリスク&粗雑な不正サイトに手を染める人は減るでしょう。「ラムネ」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
動画は無論フルですよねというのが全動画要求ユーザーの切なる願いであり、当然の権利ともいうべき最低条件でもあるわけですが、VODはどうなのでしょうか。他の媒体に目をやれば、テレビでは編集によってかなり大胆なカットをしていたりと、動画に手を加えてしまっているケースは頻繁にあります。でもVODは基本的には産地直送。動画をフルバージョンであなたの目にドバドバと勢いよく流し込んでくれます。「ラムネ」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『ラムネ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ラムネ』をさらに知る

エイベックスが同社の新人俳優やアーティストを起用し製作する青春映画シリーズ「ニュースター・シネマ・コレクション」の第2弾。その出会いが人生を前に進ませる、大切な一歩になる。高校生活最後の夏、美大への進学をあきらめきれない陽介は、最後のチャンスとなる女子の人物画のモデルを探して、どこかに最適な人がいるはずだと歩き回っていた。ある日、夜間部の教室で出会った少女ルミにモデルを志願され、陽介は絵を描いていくうちに、絵だけではなく心まで魅了されて自由奔放なルミにひかれていく。

★スタッフ
監督:篠原哲雄(関連作品:『つむじ風食堂の夜』)
脚本:鹿目けい子、日比野ひとし
撮影:上野彰吾
音楽:野崎美波

★キャスト
與真司郎、前川紘毅、西田有沙、指出瑞貴、清水美花、烏丸せつこ、江口のりこ、津川雅彦

★『ラムネ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ラムネ』の感想

●映画無料夢心地 
篠原哲雄監督の初期監督作『月とキャベツ』は、人気バンド「ブレインズ」のボーカルだった花が、バンド解散後東京から離れた田舎で音楽活動から離れキャベツを栽培する生活をし、周囲からは音楽活動への復帰を期待されていたが、本人はそんな周囲の声に戸惑いながらいると、花火のファンであるという謎の少女ヒバナが現れ、しだいに惹かれ合い、ひと夏限りの永遠が始まるという話。本作も男女の出会いという意味では似ていると思う。
●FILMAGA 
『洗濯機は俺にまかせろ』(1999年)、『はつ恋』(2000年)、『命』(2002年)、『昭和歌謡大全集』(2003年)、『深呼吸の必要』(2004年)、『真夏のオリオン』(2009年)、『つむじ風食堂の夜』(2009年)と手がけてきた篠原哲雄監督の、気軽な一作として作られたのかもしれない映画。こういうタイプのドラマを得意とするのか、手堅い作り方ではあるが、役者の宣伝的要素が企画段階で多い中、頑張った方ではないだろうか。
●シネマトゥデイ  
スーパーパフォーマンスグループAAAのリードダンサー兼ボーカルである與真司郎の初主演映画。その後のドラマや映画出演を見ても、そこまで大きな飛躍につながった映画ではないにせよ、意義ある一歩だったと思います。不思議な縁で結ばれる運命を描くというとクサいですが、そんな雰囲気を漂わすのにじゅうぶんな役者のマッチングは良かったし、独特の臭いに魅力がエッセンスとして込められて良かったのでしょう。いい映画でした。
●BILIBILI 
ニュースター・シネマ・コレクションはエイベックス期待の新人が贈る、才能満ち溢れる監督とのコラボレーションということで、結構、いろいろ作られてきた。作品自体はそこまで極端なインアパクトはないし、はっきりいってかなり平凡。それでも丁寧なつくりで決して悪くはない。役者を目立たせて紹介する目的なこれでじゅうぶんな素材だと思う。ピュアな展開に最後はすこしウルッと来たし、ちゃんと心に訴えかける演技もあったです。