サウンド・オブ・ミュージック

映画史に名を残す、ミュージカル映画の名作

映画『サウンド・オブ・ミュージック』のフル動画を無料視聴する方法を誰にでもわかりやすくシンプルにレコメンドしています。
今すぐ『サウンド・オブ・ミュージック』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Sound of Music / 製作:アメリカ(1965年) / 日本公開:1965年6月26日 / 174分 / 制作:20th Century Fox / 配給:20世紀フォックス / 製作費:820万ドル / 興行収入:2億8600万ドル

サウンド・オブ・ミュージック (日本語吹替版)

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『サウンド・オブ・ミュージック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

往年の名作として伝説的に語り継がれている映画史に名を残すスペシャルな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなポピュラーな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを効果的に使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。どちらも便利ですが事前にしっかり下調べしておくと困りません。

「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。「サウンド・オブ・ミュージック」も配信中。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「サウンド・オブ・ミュージック」の視聴はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「サウンド・オブ・ミュージック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。まだ見知らぬVODがリストチョイスにあったら、それはまさに天からの恵み。無料動画にストレートでダイブできるので、気持ちいい気分です。

クロスチェックでビデオオンデマンドの配信をモニタリングできるフルムビバースでは、公平性を重視しています、他のウェブサイトだとなんだかんだとサービス紹介をあれこれしたあげく、最終的にはひとつのものだけを推薦してくるものがあり、それは明らかにアンフェアです。ただの配信現状だけでなく、本来はユーザーの適合度は個人差がありますから、それを無視するのは不自然でしょう。単純に「サウンド・オブ・ミュージック」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。「サウンド・オブ・ミュージック」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

『サウンド・オブ・ミュージック』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『サウンド・オブ・ミュージック』をさらに知る

リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを映画化。1938年のオーストリア・ザルツブルグ。ドイツによるオーストリア併合及び第二次世界大戦の前夜。山々に囲まれた雄大な緑の大地で軽やかに歌い踊る女性がいた。その歌声は閉塞的な世界とは信じられないほどの自由な羽をもち、どこまでも遠くに届くようだった。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとする。それがこの世界で生きるための唯一の希望の方法であるかのように。しかし、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、意中のトラップ大佐は再婚が決まってしまう。

★スタッフ
監督:ロバート・ワイズ(関連作品:『たたり(1963)』)
脚本:アーネスト・レーマン
撮影:テッド・マッコード

★キャスト
ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー、リチャード・ヘイドン、ペギー・ウッド、チャーミアン・カー、ヘザー・メンジース、ニコラス・ハモンド、デュエイン・チェイサ、アンジェラ・カートライト、デビー・ターナー、キム・カラス、ポーティア・ネルソン

★雑学(トリビア)
・本作の大成功は、当時、倒産の危機も噂された20世紀フォックスの経営を立て直すきっかけとなった。

★『サウンド・オブ・ミュージック』の評価

IMDbRTMETA
8.086%??
映画comY!FM
4.2???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『サウンド・オブ・ミュージック』の受賞
第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞、編集賞、編曲賞、音響賞を受賞。

★『サウンド・オブ・ミュージック』の感想

●シネマトゥデイ  
ミュージカルは嫌いだったのですが、この映画を鑑賞したきっかけでその感情が消し飛びました。やはり良い映画を観ることは大事ですね。もし私と同じマイナスイメージを持っているのなら、この映画のような名作を鑑賞してください。音楽の素晴らしさと、避けられない問題のシビアさを両方ともひっくるめて一気に音楽として届けるこの堂々としたテクニック。もうそれは圧巻という言葉以外では言い表せません。これぞ名作の中の名作です。
●ユナイテッドシネマ  
ミュージカル界最高峰の一角。知っている曲ばかり。マリア先生役のジュリー・アンドリュースの歌声とそれでもたらされる多幸感がとにかく素晴らしい体験を観客に提供する。どの歌も好きだと断言できるのですが、「Sixteen Going On Seventeen」「My Favorite Thing」「Edelweiss」が最も耳に残る。子どもの頃に見たときは音楽だけしか印象に残らなかったが、1930年代オーストリア、ナチスにより併合される時代背景を知るとまた味がある。