めぐりあう時間たち

人生は一度だけ

映画『めぐりあう時間たち』のフル動画を無料視聴する方法を誰にでもわかりやすくシンプルにレコメンドしています。
今すぐ『めぐりあう時間たち』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Hours / 製作:アメリカ(2002年) / 日本公開:2003年5月17日 / 115分 / 制作:Scott Rudin Productions / 配給:アスミック・エース、松竹 / 製作費:2500万ドル / 興行収入:1億800万ドル

めぐりあう時間たち(字幕版) (プレビュー)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】スマホ可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『めぐりあう時間たち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者も満足中で完璧!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の人生を堂々と生きようとするヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りることは普通に使用されてきましたが、今ではネット配信が主流になってスタンダード化してきました。まだ用いていない人でも安心して始められます。スマホ対応済みで、お手持ちのAndroidやiPhoneを駆使できます。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。「めぐりあう時間たち」もアリ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それで「めぐりあう時間たち」の鑑賞はダメです。具体的な怖さを提示してくれないとわからない? だったら恐ろしい話をしましょう。ネット上の体験談ではこんなとおり。パソコンが壊れた。メールアドレスが乗っ取られた。クレジットカードが不正使用された。結局は警察も相手してくれません。ネット上には自分の失敗で大損害を受けても泣き寝入りしている人ばかりなので、その仲間にはなりたくないでしょう。

あなたの選択は自由!
映画は現在の市場ではデジタル販売も主流のひとつですが、連動的にVODでの取り扱いを始めることが一般的です。しかし、知っている人は重々理解しているでしょうが、このVODは種類が豊富。当然どれがマッチするかは十人十色。加えてそれぞれで配信作品も違っています。「めぐりあう時間たち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

お試し無料はいつまで?
意外な落とし穴は無料期間で、しっかり明示されているので混乱することはないのですが、よくよく考えないといけないのはどうやったら最高効率になるかということ。これからスケジュールがぎっしりだという人に今すぐの登録はオススメできません。できれば休日からの利用でタイミングを合わせるといいでしょう。でないと無駄になって「ジュリアン・ムーア」を乱雑に流すのは嫌でしょう。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、意外に動画再生系の動作に支障を与えることも場合によっては起こります(とくにアップデート時の不具合など)。「めぐりあう時間たち」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「めぐりあう時間たち」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
「めぐりあう時間たち」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『めぐりあう時間たち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『めぐりあう時間たち』をさらに知る

マイケル・カニンガムの同名小説を映画化。製作はロバート・フォックス、スコット・ルーディン。1923年のロンドンで精神的な病を患いながら「ダロウェイ夫人」を執筆するバージニア・ウルフ。1951年のロサンゼルスで「ダロウェイ夫人」を何気なく読む一般的に見える家庭の主婦。2001年のニューヨークで詩人の友人のためにパーティを開こうとする女性編集者。時代も異なる別の人生が意外な形で重なり合いながら、3つのドラマが交錯していく。

★スタッフ
監督:スティーブン・ダルドリー(関連作品:『リトル・ダンサー』)
脚本:デビッド・ヘア
撮影:シーマス・マッガーベイ
音楽:フィリップ・グラス

★キャスト
ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、エド・ハリス、トニ・コレット、クレア・デーンズ、ジェフ・ダニエルズ、スティーブン・ディレイン、アリソン・ジャネイ、ジョン・C・ライリー、ミランダ・リチャードソン、アイリーン・アトキンス、リンゼイ・マーシャル、リンダ・バセット、クリスチャン・コールソン

★『めぐりあう時間たち』の評価

IMDbRTMETA
7.680%??
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『めぐりあう時間たち』の受賞
第75回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。第53回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。

★『めぐりあう時間たち』の感想

●FILMAGA 
主役3人の演技が見事過ぎて、それだけで観る価値のある作品だなと思います。内容は「幸せとは何か?」がテーマな感じがして、結構重めのヒューマン系です。号泣する様なシーンはそこまでないのですが、観終わった後の何とも言えない虚無感と言うか、脱力感みたいなものは印象的です。時代も場所もバラバラな3人の女性の1日がオムニバス形式で語られるのも特徴で、女性同士のキスと花の使い方が秀逸だったり、インパクトのある作品でした。
●ユナイテッドシネマ  
なかなか重めの内容だけど、観て良かったと思える一作でした。1941年のイギリス、サセックスが舞台。バージニアという女性の浸水自殺から物語は始まる。時は移り、1951年のロサンゼルス。かと思えば1923年のイギリス。かと思えば2001年のニューヨーク。別の時代を生きる3人の女性をタイムを交差させて描くドラマであり、複雑さは確かにあって、最初は混乱すると思うが整理できていくと面白さがわかってくる。役者の演技力は一流でGOOD。
●DAILYMOTION 
「ダロウェイ夫人」の物語を軸に、時代も背景も違う3人の女性の人生が上手い演出で鮮やかに繋がっていく。自分がいるべき場所とは、幸せに生きるためには、死から逃れるためには。最後に選択するのは結局自分自身。守るものや愛すべきものが増えていくと呼応するかのように自分自身を見失ってしまうのかもしれない。それでも守り続けるべきか、自分の幸せを選ぶか。その中にある葛藤や人間らしさを感じることの出来る想いの溢れる映画です。