ありがとう、トニ・エルドマン

世界中の映画祭で絶賛・高評価!

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』のフル動画を無料視聴する方法を誰にでも即座にわかりやすくシンプルにレコメンドしています。
今すぐ『ありがとう、トニ・エルドマン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Toni Erdmann(「トニエルドマン」) / ドイツ・オーストリア(2016年) / 日本公開:2017年6月24日 / 162分 / 制作:Komplizen Film / 配給:ビターズ・エンド

【予告編】映画『ありがとう、トニ・エルドマン』

(C)Komplizen Film

動画
▼『ありがとう、トニ・エルドマン』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
FOD ▼FOD

▼『ありがとう、トニ・エルドマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者の声にも好感触!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の人生の諸問題と向き合っていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなコミカルな風刺もあるドラマチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。レンタル店でDVDを借りることは過去の手法になりつつあり、今ではネット配信がスタンダードとして定着し始めました。スマホ世代を中心に動き始めたムーブメントはすでに一般化し、さらなる拡大を見せています。

「無料」ですよ!タダ!
「月額はいくらなんだろう…」と考える前に、最初であれば試用ができるので、とにかくお金を後回しに使ってみるのも一案です。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料お試しの間に見たい映画を観終わってしまい、もう観たいものがないときは、ずっと登録している必要もないのでそのままとくに料金請求なくその期間中に退会してサービス利用を止められるのか」その答えはYESです。マーレン・アーデ監督の「ありがとう、トニ・エルドマン」もアリ。

笑えない事態になる!
なお、巷に溢れる絶望的な表情になるしかないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ペーター・シモニスチェク出演の「ありがとう、トニ・エルドマン」もダメです。「それはあくまでオーバーな言い方であって本当は気をつければいいだけでは?」そんな油断が危うい落とし穴に引き込まれます。こうなってしまっては何も意味はないです。カメラが乗っ取られて盗撮されたという事例から、メールアカウント流出で大量情報漏れという事例まで何でも起こりえます。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

いちはやくウォッチ!
まるで目の前に大好物の餌を出された犬のように、映画というとっておきの食べ物に飢えていたあなたもこれで映画を観たい欲求が爆発してくるはずです。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。サンドラ・フラー出演の「ありがとう、トニ・エルドマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その課題を避けて不用意に無法サイトに手を出すことなく、まずはこのページで配信確認の手助けを受けながら、お望みの動画を探してみましょう。あなたの気になるVODアイコンはあるでしょうか。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。サイト内配信チェックは登録せずとも可能になっているサービスもあるので、じっくり慌てず自分の目で確認しておけば他人不信でも何も問題なし。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは有用な「ウォッチリスト」機能を搭載。これは自分オンリーのオリジナルな気になる映画リストが作れるもので、簡単に言えばお気に入りやメモ感覚と同じ。ページ閲覧中に「お、この映画は後で見よう」と思う出会いがあるでしょう。それを無視しておくと忘れます。そんなときは各ページ内の「Favorite」ボタンをポチっとお気軽にどうぞ。そうやってポチポチした作品は特別なウォッチリスト・ページで総まとめ中。ミヒャエル・ビッテンボルン出演の「ありがとう、トニ・エルドマン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもとにかく気軽にポチポチすることでこの機能をフル活用してみましょう。

パスワードは大事
すでに諸々の注意として耳にしている人もいるかもしれませんが、アカウント乗っ取りはどんなサービスでも起きえます。それは例外になる人間なんていません。VODも同じで、それ自体のセキュリティ対策は万全でも、他でパスワードが流出してそれを使われたらなすすべがありません。そこで絶対にパスの使い回しは厳禁です。たとえ安直な記号の羅列にしていなくともそのパス全部が他者に不正入手されては意味がありません。面倒かもしれませんが、個別に異なるパスを考えて厳重に活用してください。安全なトーマス・ロイブル出演の「ありがとう、トニ・エルドマン」動画体験をするには大事な必須基礎ルールです。

高評価作品は観る価値あり
サイトに作品動画がいっぱいあるのは嬉しいのですが、でもどれから観ればいいのだろうか?と迷ったことはありませんか。効率性を重視するなら高評価映画を厳選するといいと思います。それは難しいのでは?と今まで避けていたなら、意外に新しい世界の入り口になってくれます。アカデミー賞やゴールデングローブ賞、カンヌ映画祭などの受賞作をリストにしているのもこのフルムビバースの有用ポイントになっています。トリスタン・ピュッター出演のシュールさと社会風刺が合体した「ありがとう、トニ・エルドマン」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的なアプローチで評判の良いものというのは信頼できるものです。

その動画サイトは使える?
ルーシー・ラッセル出演の映画賞を総なめにした話題作「ありがとう、トニ・エルドマン」を無料で見ないと気が済まないならそれも否定はしませんが、利用する動画サイトは要注意。昔から存在感を密かに持っている「dailymotion」、中国発進の巨大サイトである「Pandora」「Miomio」、動画の重たいファイルデータもやりとりされている「openload」「clipwatching」「mixdrop」。こういうものは検索リンクなどを通して掲載している他サイトのページに行き当たるかもしれませんが、不正な流入になっているのであなたの人生に下手をすれば罪歴がつくことになるかもしれません。無視がベストです。

『ありがとう、トニ・エルドマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月25日時点での『ありがとう、トニ・エルドマン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「FOD」です。

▼『ありがとう、トニ・エルドマン』をさらに知る

正反対の性格の父娘が織り成す交流をユーモラスに描き、ドイツで大ヒットを記録したヒューマンドラマ。『ありがとう、トニ・エルドマン』の製作はヤニーネ・ヤツコフスキー、ヨナス・ドルンバッハ、マーレン・アーデ、ミヒェル・メルクト。陽気で悪ふざけが大好きなドイツ人男性ビンフリートは、ルーマニアで暮らす娘イネスとの関係に悩んでいた。当の娘はそんな父を鬱陶しいと思っているようで距離を置きたがる。コンサルタント会社で働くイネスは、会ったとしても仕事の電話ばかりで、まともに会話もできず交流できなかった。これでは率直なコミュニケーションもできない。そこでビンフリートは、ブカレストまでイネスに会いに行くことにする。全くの予期せぬサプライズな登場で、イネスはビンフリートの突然の訪問に戸惑いながらも何とか数日間一緒に過ごし、嵐のごとく現れたビンフリートはドイツへ帰っていったはずだった。しかし、それは終わりではなく、余計にエスカレートする。今度は「トニ・エルドマン」という別人のふりをしたビンフリートがイネスの前に現われて…。

★『ありがとう、トニ・エルドマン』のスタッフ


監督:マーレン・アーデ(関連作品:『恋愛社会学のススメ』)
脚本:マーレン・アーデ
撮影:パトリック・エッジワース

★『ありがとう、トニ・エルドマン』のキャスト(キャラクター)


ペーター・シモニスチェク(ヴィンフリート/トニ・エルドマン)、サンドラ・フラー(イネス)、ミヒャエル・ビッテンボルン(ヘンネベルク)、トーマス・ロイブル(ゲラルト)、トリスタン・ピュッター(ティム)、ハデビック・ミニス(タチアナ)、ルーシー・ラッセル(ステフ)、イングリッド・ビス(アンカ)、ブラド・イバノフ(イリエスク)、ビクトリア・コチアシュ(フラヴィア)

★『ありがとう、トニ・エルドマン』の評価

IMDbRTMETA
7.593%93
映画comY!FM
3.53.643.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ありがとう、トニ・エルドマン』の受賞


第69回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。
第89回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート。

★『ありがとう、トニ・エルドマン』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし] 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『ありがとう、トニ・エルドマン』シネマトゥデイ  
忘れられない映画体験というのがあるとしたら、本作は内容だけでいえばまさしく該当する。明らかに生理的に受け入れられないタイプのトニ・エルドマンを観ていて嫌な気持ちにならないのはきっと、彼の行動がひとつの気持ちに一貫されていたからだと思う。それはやりすぎた過激さかもしれないが、気持ちは純粋だ。独特のユーモアが時にイタすぎて、それが逆に目が離せず、長い映画時間も全く気にならない強烈なインパクトを放っているのだった。
●『ありがとう、トニ・エルドマン』ユナイテッドシネマ 
これは何の映画だろうかという疑問が最初は頭にあったのですが、それは正解です。そういう謎のまま鑑賞を始めるので良いのです。なぜなら登場人物自体もさっぱり状況を理解できず困惑するだけなのですから。その最たる原因は父親の行動が破天荒すぎること。でも最後は理解できるから不思議。人間性を取り戻せ、本来の自分を取り戻せとばかりにくだらない行動を連発する父親の姿は笑えつつ、ひきつつだけどちょっと心に響くものがあったりします。
●『ありがとう、トニ・エルドマン』109シネマズ 
162分と長いのに、いっきに見てしまう凄い映画。女性が外国でキャリアウーマンとしてバリバリ働くのはやはり大変。そんな苦難も多いなか、約束もなしに突然遊びに来ちゃった変装好きなお父さん。娘にしたら生活のリズムが崩れ色んなところで歯車が狂い出す。まさに火に油。それが娘への愛でも。けれど、ウザったい時もあるけど、よく理解してくれてるのはやっぱり親なんだよね。そんな愛情を再確認できる良い映画なのでおすすめです。