栄光への5000キロ

極限のレースが開幕

映画『栄光への5000キロ』のフル動画を無料視聴する有用な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『栄光への5000キロ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:栄光への5000キロ / 日本(1969年) / 日本公開:1969年7月15日 / 175分 / 制作: / 配給:松竹映配


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】ポイント動画
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る
FOD ▼FOD(1か月)
 今すぐ見る

▼『栄光への5000キロ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用はどんどん促進中
白熱の挑戦に人生の全てを捧げていく人間の生き様を描くヒートアップするドラマ映画はそれだけの見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く用いましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも非常にラクちん。視聴したいタイミングは人それぞれでもバッチリ対応可能。加えてメディアも選択自由なので、家にパソコンやテレビがないなんて人でも問題なく使うことができます。

「無料」は全て初心者のため!
プラスアルファではないですけど、無料のサービスお試しという、感謝したくなる救いの手のような利用促進特典があったりします。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「登録は絶対に必要なのですか?」「加入のステップは外すことはできないということですよね」その疑問については、わずかながら登録なしでも利用できるものもありますが、基本は登録が必須。アカウント作成しないと動画を見れないですがすぐ終わります。蔵原惟繕監督の「栄光への5000キロ」も配信中。

危険に満ちた道のりは回避!
違法な動画サイト等にはわかっているつもりでも気を付けてください。それで石原裕次郎出演の「栄光への5000キロ」の再生はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、これでは鑑賞したことにもならずにあなた自身が誤解して大恥をかきます。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。動画さえあればエンタメに困窮しませんが、VODで「これだ!」という狙いの映画あるならば少し注意すべきことがあります。配信しているのかという根本的な話です。仲代達矢出演の「栄光への5000キロ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭に「はてなマーク」を永遠に漂わせているわけにはいきませんし、うやむやな状態を放置などせずにサクッと消し飛ばしましょう。このページのVODリストは配信状況の把握のサポート素材に使えるので賢く利用すれば動画がグッと近づきます。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはなんとも虚しさしかないし、もったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。三船敏郎出演の「栄光への5000キロ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く自分のマイ鑑賞履歴に加えて視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

広告ブロックに気をつけて
何事もなく動画が視聴できれば万々歳ですが、見たいと思ったときに予想外のトラブルにてんやわんやすることもあります。稀に起こる現象といえば、「ポップアップのブロック」が見境なく突発する事態です。これはブラウザによるエラーなのですが、それは単純にブラウザを再起動したりしてもなにも変化しません。根本的な原因は拡張機能などで導入されている広告ブロックツール。本来は広告を排除するものですが、サイト動作に必要なプログラムまで妨害するという致命的問題がレアケースで報告されています。浅丘ルリ子出演の「栄光への5000キロ」も見れないかも? オカシイと感じたらそのまましばらく無視しないでブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「栄光への5000キロ」に最適の優良動画のみの解決につながるサービスなのです。

その動画サイトは使える?
エマニュエル・リバ出演の「栄光への5000キロ」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『栄光への5000キロ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月22日時点での『栄光への5000キロ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『栄光への5000キロ』をさらに知る

笠原剛三の原作「栄光への5000キロ東アフリカ・サファリ・ラリー優勝記録」を、当時としては異例の巨額の製作費で映画化。人間の限界が試されるのはこの瞬間しかない。人間とメカニズムが大自然と極限状況で接する苛酷なレース。世界三大ラリーの一つモンテカルロ・ラリーに参加した五代は、視界ゼロの濃霧の中で岩石に激突。勝負の世界は一瞬で消えうせて、自らの存在までもコースアウトした。昏睡状態から覚めた五代の目に像を結んだのは必死の看護を続ける恋人優子の姿だった。それまでの興奮も嘘のように、人生は横たわる。その時、メカニックを担当したケニアの青年マウラは、事故の責任を感じ、どこかへと姿を消していた。やがて春、五代の傷は癒えたが、それはいろいろな人間関係を壊れていくことの始まりでもあった。落ち着いた生活を夢みていた優子の期待は見事に裏切られた。五代にとって、あのエキサイティングな緊張感に浸れる自動車レースこそが最大の生甲斐だった。

★スタッフ
監督:蔵原惟繕
脚本:山田信夫
撮影:金宇満司
音楽:黛敏郎

★キャスト
石原裕次郎、仲代達矢、三船敏郎、浅丘ルリ子、エマニュエル・リバ、ジャン・クロード・ドゥルオー、アラン・キュニー

★『栄光への5000キロ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『栄光への5000キロ』の感想

●映画無料夢心地
圧倒されました。映像美と音のなんたる迫力、熱くストイックな男の映画です。もはや物語の筋など超越してます。日本にこんな映画があったのかが感想です。レースシーンは圧巻ですね、CGでは無い実写の迫力が伝わってきました、世界中でロケをしている! 1960年代のサファリラリーを、現代の技術でこれだけ綺麗な映像で観られるのは感動です。浅丘ルリ子の目ってこんなに大きいんですね。本物の素晴らしさを体験できる貴重な一本。
●FILMAGA
3時間近くの大作ですが、興味のある人以外はあまり楽しめないかもしれません。序盤のモンテカルロラリー。ルノーアルピーヌA110が断然かっこいい。ミニや911も見られます。中盤のサーキットレース。グループ7マシンが見られます。その辺はよく知らないので割愛。富士のバンクの映像は貴重です。後半はサファリラリー。サーブ96、フォード旧エスコート、ランチャフルビアが見られます。そんな中、主役の510ブルーバードが武骨でかっこいい。
●BILIBILI
クールでスタイリッシュな一作として記憶に残る。いろいろと語りがいのあるスピード魂溢れる映像だった。その後、日産は240Z、ランチャはストラトスになるので、そっちの方が時代としては良いです。続編の話があったようで、惜しまれます。世界のレースに挑む五代の姿が、世界に通用する日本映画を作ろうとする石原裕次郎の意気込みと被る。これぞ邦画がまだパワーのある時代の熱い残像なのですね。このヒートアップ、蘇らないものか。
●DAILYMOTION
日本のモータースポーツの黎明期に制作された映画です。笠原剛三の原作『栄光への5000キロ 東アフリカ・サファリ・ラリー優勝記録』の映画化。パリ~ダカール・ラリーと並ぶ過酷な自動車レース、サファリ・ラリーに挑む日本人ドライバーの勇気と栄光を描く石原プロ製作の超大作。石原プロが社運を賭けて製作した「栄光への5000キロ」はいまだにビデオ化やDVD化されていません。登場する数々の名車は、車好きの方には堪らないだろう。