羊をかぞえる。(2015)

「カニを喰べる。」から1年、あいつらが帰ってきた

映画『羊をかぞえる。』のフル動画を無料視聴する有用な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『羊をかぞえる。』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:羊をかぞえる。 / 日本(2015年) / 日本公開:2015年11月21日 / 88分 / 制作: / 配給:ユナイテッドエンタテインメント

11月21日(土)公開 映画『羊をかぞえる。』予告篇

(C)2015「羊をかぞえる。」製作委員会


▼動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『羊をかぞえる。』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はまだまだ続く!
いろいろな悩みを抱えながら自分の人生を生きていく人間模様を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。もうレンタル店でDVDを借りることは使わなくなった人もいるでしょう。そもそも映画なんて面倒だという人もいるはずです。それでもネット配信は簡単に動画を鑑賞できるので、シネマから遠ざかった人を惹きつける力もあります。

「無料」を嫌う人はいない!
しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。どんな場合でも始まりがありますが、これはそのあなたのサービス開始日を元に無料お試しの期間が始まるというもの。当然、個人によって状況は変わりますが便利さは同じ。「解約制限みたいなのはないのだろうか」「退会に時間の締め切りみたいなものはあるのではないか」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。「羊をかぞえる。」もアリ。

リスクが潜んでいる!
違法な動画サイト等には思いっきり慎重になってもいいので気を付けてください。それで「羊をかぞえる。」の再生はダメです。まだその本当の怖さをわかっていないかもしれません。怪談よりも怖い実話を例示しましょう。何気なく動画を再生すると普通に映画が観れます。しかし、裏ではカメラが起動。それは意図しないところで勝手に動き出し、あなたの映像や音声が記録され、それは裏マーケットで売買された…という話。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、安易な罠に細心の注意を払いつつ、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。それはネット環境があるならどこにでも潜んでいるリスク。私は無関係だとは思わないでください。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして巨大な市場をぐいぐいと牽引しています。今ではDVDを超える存在感であり、ただのオマケで片づけられるものではないです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「羊をかぞえる。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのVODアイコンの情報内容の示す時期は記事更新日です(もしくは過去配信ログで明記されたもの)。さすがに今日時点のリアルタイムを反映はできませんが、自分でネットサーフィンをするよりも便利な参考素材としては機能します。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。「私は全くの初心者なんですけど…」そんな無垢な人にほどピッタリです。無料体験は各サービス1度きりが原則ですので、ビックチャンスは手放さずに。

支払い方法は?
VODを継続的に自分の傍に置きながら利用する際の料金の支払い方ですが、「羊をかぞえる。」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。当然ながらクレカを所有していない人もいるでしょうが、それで諦めるのはまだ早いです。毎月支払っているうスマホのキャリア決済を通じて登録可能なものもあります。これならばまだ未成年のユーザーでも試すことができるでしょう。もちろん保護者の許可をとることが面倒なトラブル防止のためにも推奨されます。これを機に思い切ってクレカを新規に契約するのもアリかもしれません。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。作品内容を区別する細かいカテゴリで分類しているのでユーザーごとの需要にマッチするのも容易です。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「毛利安孝」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。各自の独創性が詰まったユニークな感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「羊をかぞえる。」鑑賞をブロックしません。その判断基準は業界の標準に基づいており、常に有害広告とは決別をしています。その証明はページを見ていればわかるでしょう。画面に広告がほとんど表示されずに気持ちがいいのではないですか。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「羊をかぞえる。」を複数回見る人なんてオカシイという意見には異議を唱えさせてもらいます。人の映画の楽しみ方は100人いれば100種類あります。そして映画自体の解釈の仕方も100通り。つまり、無限大の可能性が広がり、映画を観る角度で印象は変わってくるのです。以前観た映画でも今見ればまた異なる感想になることも珍しくありません。年齢でも印象は様変わりしてしまうものです。それがVODならば何回観ても追加料金なしのリピートウォッチャー感涙のシステムなのですから、これを利用しない手はありません。一時停止しながらも見れます。

『羊をかぞえる。』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月22日時点での『羊をかぞえる。』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『羊をかぞえる。』をさらに知る

カニを食べるという理由だけで富山まで車を走らせるダメ男2人組の珍道中を描いた『カニを喰べる。』の続編。製作は河野正人、村田亮、長田安正、菅谷英一。あれから1年、田宮治と青島豪志は相変わらずのその日暮らしな毎日を送っていた。そこにはこれといって目標は何もない。そんな2人の前に謎の少女カンナと、借金取りに追われる丸井が現れた。このままではいろいろと問題が起こり、困っているらしい。友人の連帯保証人になり、追われる身となったという丸井を放っておけない田宮と青島は、借金返済のため、あてもなく奔走することになるのだが…。

★スタッフ
監督:毛利安孝(関連作品:『カニを喰べる。』)
脚本:毛利安孝
撮影:西村博光

★キャスト
染谷俊之、赤澤燈、宮井くらら、中野マサアキ、杉江大志、廣瀬智紀

★インタビュー
・染谷俊之「『カニを喰べる。』のイベントのときに第2弾を一緒にやりたいねって燈と話していたら、こうして見事に実現でき、言葉にするもんだなって思いました。言霊ってあるんだなと」
・廣瀬智紀「前作を観たときに、2人の仲のよさだったり、素の部分が毛利監督によって引き出されていて、スゴくいい雰囲気の演技だなって感じたので、出演させていただけて幸せでした」

★『羊をかぞえる。』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『羊をかぞえる。』の感想

●FILMAGA 
前作を知っていればこことそこがつながるのかと発見がたくさんあって楽しめることは間違いなし。前作のファンからしたらニヤニヤできるシーンもたっぷりあります。この作品群を知らない人のために軽く説明すると、日常の延長にあるどこにでもいそうなキャラクターたちが大して大事もなく平凡な日々の中で、ほんの少しのドラマを起こす、それだけの作品。でも、そこがこの作品の魅力であり、噛み応えがある味になっているのですけど。
●BILIBILI 
前作よりもかなりファンタジー寄りですよね。基本はまったりしているのはいつもの感じですけど、ちょっとそんなことがある?ってくらいの急展開が起きたりして、この映画のリアリティがどこにあるのかフワフワしてます。俳優とそのファンのための映画なのは毎度のことなのですが、今作から先に入る人はいないでしょうし、大丈夫でしょう。これをきっかけでファンが増えるのが一番嬉しいサプライズなのですが、観る機会があればぜひ。
●MOVIX
大作ではないけれど、どうしてもそういう映画ばかりだとお腹いっぱいになってしまったかもしれない。そんな状況にこの作品はおやつになる。羊を数えるだけの映画ではないが、本当にそういうノリで、何も考えなくてもいいから疲れない。派手な映像とかもう嫌だと思ったときはこれを選ぼう。いつもの気取らない会話、答えのないトーク、意味のない時間、無駄に思える行為。全部が生きることと直接関係ないけど不思議なことがあってもいい。