アイリス THE LAST

巨大な陰謀が映画でも巻き起こる

映画『アイリス THE LAST』のフル動画を無料視聴する方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『アイリス THE LAST』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Iris The Last / 製作:韓国(2010年) / 日本公開:2011年1月8日 /  / 制作: / 配給:角川映画 

映画『アイリス -THE LAST-』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】一時停止可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『アイリス THE LAST』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率は爆発的!
ハラハラドキドキのサスペンスとアクションを一気に届けてくれる見ごたえのある作品はそれだけで楽しいものです。そんなハイクオリティな映画を楽しむなら、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信ですが、基本は2種類のタイプがあります。ひとつは、単体作品ごとにレンタルするもの。もうひとつは、月額や年額でお金を払い、対象作品が見放題になるもの。どちらのタイプなのかはサービスによって違うので確認しましょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。登録して「あれ、なんか自分には合っていない気がする」となったら最悪ではないでしょうか。無料期間があれば、その不安になるリスクはどこかへ綺麗さっぱり消えうせます。「映画はフルでないと話にならないのだけど」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。「アイリス THE LAST」もアリ。

手を出してはいけません!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用は今すぐ中止しましょう。それで「アイリス THE LAST」の鑑賞はダメです。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アイリス THE LAST」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。別の紹介サイトではどんな作品ページでも一様に同一文章でリコメンドしているものもありますが、ここでは各作品の適合性に配慮しています。配信サービスを示すアイコンがズラリと並べば、そのぶん選択の幅が多いです。その中でも未利用のものをセレクトして無料視聴へGOです。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「アイリス THE LAST」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
無意識でテレビ放送にて映画放映を見ていると気がつかないかもしれませんが、実はバンバン内容がカットされているものです。編集は放送時間内におさめるためとはいえ、ときに30分を超える削除がされるのは困りもの。案外と重要なシーンが削られることもあります。でも、フル動画を確約するVODはそんな余計なトリミングはありません。映画の隅々まで鑑賞して、一時停止も再生し直しも自由自在です。「アイリス THE LAST」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「アイリス THE LAST」は? 初歩的な知識ですが念押しするために説明すると、初回時の料金の免除的なもので、実質的には支払いはその設定された期間の後になります。なのでお試し中は無料で利用していることになります。見られる作品はサービスで差違があり、当然、全てを見られるとは限りません。見放題系の完全なものであればオール・フリーですが、個別視聴型ならポイントの範囲内になるでしょう。これらの特徴を踏まえたうえで、どれを用いるか考えるのが良いです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「アイリス THE LAST」鑑賞完了後に解約もアリ。もちろんできれば長く使ってほしいというのが本心。でも個人の事情があるものです。まずは本当に解約したいのか心の整理をしましょう。見たいものは見ましたか? 無料期間ならギリギリまで使う方が得です。決心がついたら退会ページへアクセス。そのページさえ見つけられたらすでにこっちのもの。あとは1分以内に終わります。流れるままに契約解除をするのみ。契約を解除するだけだとアカウントは残ったままなので、跡形もなくやめるならアカウント削除も忘れずに。

『アイリス THE LAST』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アイリス THE LAST』をさらに知る

イ・ビョンホン主演の大ヒット韓国ドラマ「アイリス」を映画化したスパイアクションで、韓国・日本・上海・ハンガリーでの壮大な海外ロケでおくる過激なスピード・アクション。ドラマでは描かれていない“アイリス”の真実がすべて映画で明かされる衝撃的なラストシーンの意味に注目。この展開を見逃すことはできない。韓国国家安全局の最精鋭特殊要員ヒョンジュンは、ミッションとして与えられたハンガリーでの任務中に深い傷を負ってしまう。しかも、その悲劇はただの負傷だけで終わらなかった。ヒョンジュンは助けを求めた副局長のペク・サンのいきなりの裏切りによって、それまでの信頼を覆され、親友チン・サウに命を狙われるはめになる。自分の置かれた状況はすっかり変わってしまった。そのときから、ヒョンジュンはとてつもない巨大な陰謀の渦に拒否できることもなく巻き込まれていた。この窮地を脱することはできるのか…。

★スタッフ
監督:ヤン・ユノ、キム・ギュテ
脚本:チョ・ギュウォン、チェ・ワンギュ、Kim Hyun-jun、Kim Jae-un

★キャスト
イ・ビョンホン、キム・テヒ、T.O.P、キム・ソヨン

★『アイリス THE LAST』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アイリス THE LAST』の感想

●無料ホームシアター
テレビドラマは見ていないので、超特急で進行する物語について行くだけでも大変。イ・ビョンホンとキム・テヒは韓国情報部の同僚で愛し合っていた。しかし、ブタペストでの北朝鮮重要人物の暗殺ミッションで、韓国側からも口封じのため命を狙われ、キム・テヒを目の前で殺されてしまう。復讐を誓ったビョン様は北朝鮮側に寝返り、ソウルのテロ攻撃に加担する。あとは南北入り乱れて、どっちがどっちか分からなくなるようなオセロ状態。
●FILMAGA
銃撃戦のロケも凄まじいが、美しいキム・テヒを見ているのが一番楽しかった。ドラマで丁寧に描かれた人物像や精神面の描写がすべて削ぎ落とされて描かれたわけではないのかな。ヒョンジュンの穏やかな表情に後悔や憎しみはなく「愛と安らぎ」が詰まっていました。盛大にやらかした映画なのかと思いましたが、まあなんてことはない、抜群のクオリティが光っていました。
●BILIBILI 
良質のスパイアクション映画です。アクションシーンはド派手ですし、脚本も練られていて、人間ドラマも熱く、俳優の演技もさすがのもの。大きな画面で見る分迫力は増していますが、ドラマ版にあったような感動はこの作品には無かった。一応ドラマ版の謎が解明されるわけなんですが、そんなのは最終回でやるべきことでしょう。韓国も邦画みたいな引き延ばし戦略をやるのかと思うとなんだかがっかりしないでもないですが。
●DAILYMOTION
狙撃犯のどんでん返し、ラストのキム・ヒョンジュンの恋人を見つめながら、切なさと悔しさと、そして何だか、最後を迎えてほっとしたような、様々な表情に酔いしれていました。ドラマを映画化する場合、今回のように同時進行で撮るのではなく新たなシナリオで、製作費もかけて作るべきだと思います。しかしながら、今回の「IRIS THE LAST」は、様々な要因で、それが出来なかったのでしょうね。