殺人の追憶(2003)

衝撃のラストに世界が震撼した韓国サスペンス

映画『殺人の追憶』のフル動画を無料視聴する方法を、迷いなく一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『殺人の追憶』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Memories of Murder / 韓国(2003年) / 日本公開:2004年3月27日 / 130分 / 制作: / 配給:シネカノン

韓国映画 [殺人の追憶] 予告版

▼『殺人の追憶』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】初心者有利
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『殺人の追憶』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者はどんどんアップ中!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは心をざわつかせる怖さが魅力です。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプで、どちらも便利です。使用感覚が異なるので事前にしっかり下調べしておきましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
ここからが本領発揮ですが、利用ユーザーへのギフトになる無料体験サービスがドドンと大盤振る舞いで待ってます。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。それは夢のような空間になっています。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。ポン・ジュノ監督の「殺人の追憶」もアリ。

疑心暗鬼も怖いけど…!
なお、巷に溢れる疑い以前に黒であることが明白なイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ソン・ガンホ出演の「殺人の追憶」もダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

いちはやくウォッチ!
「私の中の鑑賞感情がムズムズと沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。しかし、知っている人は重々理解しているでしょうが、このVODは種類が豊富。当然どれがマッチするかは十人十色。加えてそれぞれで配信作品も違っています。キム・サンギョン出演の「殺人の追憶」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。スッキリ解決で心残りを消し飛ばしましょう。このページは役に立つはずです。作品ごとの配信リストアップで登録すべきVODを一発判明。字幕や吹き替えの選択は後でいいです。今は扱っているものを特定です。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。まだ見知らぬVODがリストチョイスにあったら、それはまさに天からの恵みとして感謝の心で迎え入れましょう。無料動画にストレートでダイブできるので、気持ちいい気分です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はファーストタッチとなるべくまず再生機器の条件を満たす必要が「殺人の追憶」でもあります。あなたのパソコンで使っているウェブブラウザは、Internet Explorerですか? Google Chromeですか? Firefoxですか? Safariですか? 基本はどれでも使えるように網羅して対応しています。テレビを使いたいのならば、対応可能かまずはチェックです。場合によっては専用機器が必要ですし、古すぎると観れないので注意。お手持ちのスマホならば、アプリをストアでインストールするだけで完了。なるべく画面サイズの大きいスマホの方が臨場感が当然あります。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。時間だけが意味なく浪費されていきます。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。パク・ヘイル出演の「殺人の追憶」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。キム・レハ出演の「殺人の追憶」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に絶賛されている作品というのは未知の新体験に溢れているので新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
ソン・ジェホ出演の身震いするようなクライムスリラー「殺人の追憶」を無料で満喫するなら神頼みをしても仏様は叶えてくれません。かといって電脳の海に漂っているものは依存することもできないでしょう。「Miomio」「dailymotion」のようなスケールの大きい拡充続けているサイト、「mixdrop」「clipwatching」「vidia」「openload」のようなビデオファイルのリンク流入向けのサイト。そのどれもが何かしらの不正の温床になっているので、安易な提案はできないものです。それを知らないで足を踏み入れれば自分のネット履歴に汚点がつくだけです。やめた方が絶対にいいです。

『殺人の追憶』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月22日時点での『殺人の追憶』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『殺人の追憶』をさらに知る

韓国で実際に起きた未解決殺人事件をリアルな演出で映画化し、映画賞をとるなど高い評価を受けたサスペンス。あなたは犯罪の一体何を知っているというのですか。1986年、ソウル近郊の農村で、同じ手口による若い女性の惨殺事件が連続して発生。異常事態にすぐさま警察は動く。地元の刑事パク・トゥマンとソウル市警から派遣された刑事ソ・テユンは対立しながらも捜査を続け、自分の勘も頼りに、有力な容疑者を捕らえるのだが…。

★『殺人の追憶』のスタッフ
監督:ポン・ジュノ(関連作品:『ほえる犬は噛まない』)
脚本:ポン・ジュノ、シム・ソンボ
撮影:キム・ヒョング
音楽:岩代太郎

★キャスト
ソン・ガンホ、キム・サンギョン、パク・ヘイル、キム・レハ、ソン・ジェホ、ピョン・ヒボン、パク・ノシク、チョン・ミソン

★『殺人の追憶』の評価

IMDbRTMETA
8.190%??
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『殺人の追憶』の受賞
第40回大鐘賞で最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞を受賞。

★『殺人の追憶』の感想

●シネマトゥデイ 
驚愕のラスト!なんて言葉を安易に使うと映画の質がかえって安っぽくなるときがある。ましてやそれが肩透かしで全然驚くものではなかったときは目も当てられない。しかし、この「殺人の追憶」は本当にその宣伝文句が正しい確実な一作だった。その展開もエンタメ作品にありがちなどんでん返しにつぐどんでん返しでドヤ顔するようなものでは全くない。逆にあまりにも自然にある事実が告げられる。そんなことも気づいていなかったのと言うように…。
●BILIBILI 
この映画をオススメしてくれた人には感謝の言葉しか見当たらない。それくらいの出会えてよかった傑作だった。作品全体で緩急がはっきりしていて、まさか!となるときには物語が一気に動くので、全く目を離すスキがない。一体、犯人が誰なのか。私たち観客も一緒になって考えていると、とんでもない現実が待ち受けている。劇中でショッキングなシーンはいくつもあるが、何の変哲もない何気ない一言が一番衝撃だというのが本作の怖さです。
●TOHOシネマズ 
有名な未解決事件、実際の韓国で起こったしかも連続殺人事件をモチーフにしていますが…かなり脚色をしているのでフィクションです。当時かなりヒットした作品で、世界でも評価され、監督は猟奇的な事を芸術的な表現にするのが上手いポン・ジュノ監督。監督のクセが最大級に発揮されてます。役者もみんな凄まじいです。なんでこんな感情がむき出しになった演技ができるのか。これは映画なのか現実なのかも曖昧になっておかしくなりそうです。
●DAILYMOTION 
とんでもないものを見てしまった。震えが止まらない。序盤から殺人が現在進行形で起きている田舎独特の不穏な空気と不潔さにゾクゾクした。しかし、観終わって考えてみると序盤の恐怖なんてゴミみたいなものだった。後半にいくにつれ全く予測不可能になっていく捜査。主人公も観客も犯人捜しを諦めた矢先に、提示されるある言葉。これほど私たち人間の愚かさにナイフを突き刺す映画はあったのかと、それくらい言っても言い過ぎではない名作だ。