青い欲動(2015)

体を求め合うことだけが私たちを自由にする

映画『青い欲動』のフル動画を無料視聴する有用な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『青い欲動』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Bang Gang(une histoire d’amour moderne) / フランス(2015年) / 日本公開:2017年3月(DVDスルー) / 98分 / 制作:Full House、Canal+ / 配給:

青い欲動(字幕版)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『青い欲動』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及はこれからもです!
人間の内側に潜む欲望をストレートに包み隠さずに描きだした大人のドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエロティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。どうしてもレンタル店でDVDを借りる場合は人目を気にして手を出しづらいこともあります。でもネット配信は安心。プライベートな空間で自由に鑑賞することができるので何も心配することなく、フリースタイルでエンジョイできます。

「無料」ですよ!タダ!
「登録しても利用料が…」と考える人もいるはず。リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。映画館で映画を観れば1作1800円かかるのが基本。でもネット配信はお試し中なら見放題系であればいくらみてもタダ。明らかに比べるまでもなくエンタメを節約で楽します。「映画はフルでないと話にならないのだけど」「本編を完璧な状態で見れないと結構不満になってしまうので勘弁してほしい」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。エバ・ユッソン監督の「青い欲動」もアリ。

ダメな原因は明確にある!
なお、巷に溢れる擁護不可能なイリーガルな動画サイトの安直利用は停止すべきです。それでマリリン・リマ出演の「青い欲動」の鑑賞はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。懺悔しても後の祭りになってしまえばどうしようもありません。使っていないという嘘はバレます。利用記録はあるので逃げられないだけです。ルールを守って正しくいきましょう。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。フィネガン・オールドフィールド出演の「青い欲動」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人の見たい映画は個人で違うものです。世間が騒ぐ作品を視聴したい要望も、マニアックな珍作を求める声も全部拾うなら、それはかなり膨大な作業を要求されるので大変なことですが、VODの入り組んだ配信状況はここで確認してください。時期も時間も考えずにただワンパターンにひとつのサービスを推薦することはしません。リアルタイムに近い更新の多さがこちらの強みです。兎にも角にも作品の視認が先です。登録は後回しでいいですよ。今日の状況はサイト内でしかできません。題名で検索してみてはいかがでしょうか。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録月の最終日できっぱり終わりをむかえるパターンも存在してます。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「マリリン・リマ」を乱雑に流すのは嫌でしょう。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、あなたの行動が変な失敗を招くのを未然に防止すべく、ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeブラウザを使っていると、リンクのクリックでいきなり「ポップアップがブロック」と表示されて「え?え?」と困惑状態になることがあります。「ウイルス?でもいつもの公式のサイトなのに?」「私は何も変なサイトにアクセスとかしていないし、身に覚えのないことだけど」と考えても考えても謎だらけ。それは広告をブロックするツールが原因です。拡張機能でそれらを導入しませんでしたか。動画視聴さえも妨げるので症状が確認されたらひとまず無効化しましょう。いずれアップデートで修正されるはずです。「青い欲動」も見れないかも? オカシイと感じたら利用しているブラウザのこれら設定項目にある機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は確かに喉から手が出るほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「青い欲動」は? 無料の扱いは個別に違いますが2種類に大別できるものです。見放題系であるならば何も迷いません。サービス内の映画は全部無料です。何を再生しようとも遠慮はいりません。気を付けるべきはやりくりを求められるタイプのサービス。こちらは登録に入手できるポイント(本来は月額料金が必須ですがこれが無料になっています)で作品を選択して見るのです。もしそのポイントをオーバーしてしまったら有料になる(期間内でも)ので留意が必要です。

解約はすぐできます
VODの解約方法を実際の手順として気にする人もいるでしょう。「青い欲動」鑑賞完了後に解約もアリ。解約は意外に難しいのではないか…と不安爆発させる人もいるでしょう。特定期間までは退会できない制限があるのか、すぐに解約すると余計に料金をとられるのか、動画をある程度見ないとやめられないのか、それとも…。しかしご安心を。サービス利用停止もしくは完全終了させるのはいつでもどこでも一瞬で可能です。ページで契約解除に進むだけでOK。複雑な入力画面もないですし、英語などの理解困難な文章と向き合う必要も無し。この気軽さが大きな魅力です。

『青い欲動』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年12月23日時点での『青い欲動』の動画配信
  • 「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『青い欲動』をさらに知る

多感な少女たちの性と青春を鮮やかに描いたエロスドラマ。何かが私の体も心も変えている。フランスの小さな町に住む女子高生のジョルジュは代わり映えのしない退屈な毎日を送っていた。このままでは何も価値を見いだせない気がしていた。そんな中、親が長期の海外旅行に出かけた同級生のアレックスは、丸々独り占めすることになった屋敷へジョルジュを誘う。そこでは邪魔になる存在は何もなく、元々お互い気になっていた二人は衝動的に体を重ね、ジョルジュはその日を境にアレックスの家に入り浸るようになる。それは世の中への不満を、一時の感情で満たしていくような付き合い。そうして他の同級生も加えて夜な夜なパーティを繰り返すジョルジュたち。その交流はすでにコントロールも失っていく。酒、ドラッグと徐々にタガが外れていき、ついには欲望の赴くままゲーム感覚で体を求め合い、快楽に溺れていく未熟な若者たち。しかし、ジョルジュはこの淫靡な日々が彼女の運命を大きく変えていくことにまだ理解するどころか、気付いていなかった…。

★スタッフ
監督:エバ・ユッソン
脚本:エバ・ユッソン

★キャスト
マリリン・リマ、フィネガン・オールドフィールド、ロレンツォ・ルフェーブル、デイジー・ブルーム

★『青い欲動』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『青い欲動』の感想

●映画無料夢心地
フランスお得意のコケティッシュな雰囲気をまとう青春官能映画という感じのルックス。中身も実際そんな風なので、観る前と観た後の印象も似たようなものでしょう。「青い欲動」という意味深なタイトルも、いろいろな作品の邦題の数々を見ても、まだマシな部類。酒とドラッグに溺れ、後先考えずに行動してしまう若者たちの話。親が不在で広いお家でパーティ。それに加えて乱れまくり、あんなことまで。当然そうなるのも自業自得ですよね。
●DAILYMOTION
ドラッグ、お酒、セックスに溺れて過ちに気付き成長するという王道な物語。さすがフランスなのか、高校生でありながらやっていることは過激。日本人感覚的にはえっとなるけど、案外、これが向こうでは普通なのか。そのへんの事情はさておき、アダルト映画ではないので、そういう欲情目的で見るものではないのは言わずもがな。まだ過ちを知らない若き未熟者がそれでも前に突っ走っていくそんな姿を見守る映画として解釈しましょう。
●イオンシネマ 
いつも閉じ込めてる本当の自分が酒とセックスで解放されることを知って、ハマっていく。これと同じことをするかどうかは別にして、思いは理解できるのではないかなと。この時の時期は自らを解き放つものを常に探していますよね。それが部活だったり、音楽だったり、その他の趣味だったり、恋愛だったり。人によって違うでしょうけど。映画の冒頭に、啓蒙は闇を認識してから得られるというユングの言葉が出てくるのも、まさに言い得て妙です。