エンシェンと魔法のタブレット もうひとつのひるね姫

ひるね姫の隠された裏物語

映画『エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~』のフル動画を無料視聴する方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~ / 製作:日本(2017年) / 日本公開: /  / 制作:シグナル・エムディ×IMAGICAイメージワークス / 配給:


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】一時停止可
VOD2【Hulu×】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『エンシェンと魔法のタブレット もうひとつのひるね姫』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなで使えばみんなハピネス
スピンオフ的な作品が制作されることはしばしばありますが、この『エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~』もそのひとつ。それはネット配信されているのか気になると思いますが、今作は『ひるね姫 知らないワタシの物語』のBlu-rayスペシャル・エディション特典というかたちで含まれています。もちろん本編だけを見たい場合は、本編を配信している動画配信サービスを利用すれば見ることが可能です。便利に楽しめます。

「無料」を嫌う人はいない!
追加でお得なものもあります。プラスアルファというよりメインかもしれません。初回無料トライアル・エントランスです。どんな場合でも始まりがありますが、これはそのあなたのサービス開始日を元に無料お試しの期間が始まるというもの。当然、個人によって状況は変わりますが便利さは同じ。「無料ホームシアター的な体験がしたいのだけど…」そんな要望にも限りなくお答え。視聴媒体を選びませんからどのような再生環境にも対応させやすいのが最大級の利点でもあります。「エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~」もあるかも。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~」の再生はダメです。問題点はそこかしこにあります。動画を再生することはできても唐突に広告が大音量で表示されて視聴を妨害したり、どこかをクリックするたびに意味不明なサイトにリダイレクトされたり、とにかく鬱陶しいです。無論、違法でもあります。ハイリスクなサイトの怖さはじゅうぶんわかったでしょうが、回避するのも簡単です。使わなければいいだけの話。単純です。

これに決めた!
「動画がズラリと並んだ壮観な光景はまるで巨大図書館に来たような気分!」そんな感激の声が各地で聞こえています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ひるね姫」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。一部の簡素なサイトは特定VODしかオススメせずに掲載情報は変わらないですが、フルムビバースは質と量ともに鮮度が命。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~」の動画再生シークエンスが頻繁に停止しまくる、字幕や音声が大幅にずれる、シーンがカクついて部分飛びする…こんなときはサイトが重いせいもありますが、通信状態を確認すべきかもしれないのです。無線LANは便利ですがその範囲は障害物に弱く、2階建てなどの建築物は行き渡らないでしょう。そうなると増設・中継・設定変更という試行錯誤を繰り返すと改善する場合もあります。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「神山健治」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

家族にバレない?
VODを個人で満喫するのもよいのですが、ファミリー利用を考える人もいるでしょう。その場合ひとりひとりでアカウント登録する必要性はないかもしれません。なぜなら家族共用の機能を持っているサービスもあるからです。つまり1アカウントでみんな動画を見れます。しかし、ちょっと子どもには見せられない、親には見せたくないということも多々あります。そういうシチュエーションでも使い分けができるのがVODのメリットであり、互いに不快な思いをしなくて済みます。ピースフルな動画鑑賞を家庭でもどうぞ。

動画はフルの方がいい
気づかずに動画を見ている人もいますけど、テレビ放送で流れる映画はフルではなく、時間の制約上、いくつかのシーンをカットして編集していることがあります。これが意外に重要な場面だったりして、作品の印象を大きく左右する場合も。これではなんだか消化不良です。しかし、VODならば完全なフル動画を提供しています。意図的な短縮版ではないのです。じっくり最後までの鑑賞を確約できます。「エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エンシェンと魔法のタブレット もうひとつのひるね姫』をさらに知る

映画『ひるね姫 知らないワタシの物語』のもうひとつの物語で、本編の主人公である高校生・森川ココネが見る夢の中に現れる、もうひとりの主人公・エンシェンの冒険を描く短編。本編の映画公開に先がけて、動画配信サービス「Hulu」で独占配信された。監督・原作・脚本を本編同様に神山健治が務め、キャストも高畑充希ら映画版と同じ声優陣が揃い、あの物語を補完するストーリーを彩る。女子高生ココネのみる不思議な夢に現れる少女、エンシェン。それはやがて高校生になったココネの夢にいつも現れる物語だった。それはどんな意味があるのだろうか。幼いココネが聞いていたおとぎ話に隠された、ある秘密とは? そして、その秘密に託された、父親・モモタローの想いとは?

★スタッフ
監督:神山健治
脚本:土城温美
音楽:下村陽子

★キャスト
高畑充希、古田新太、釘宮理恵、高橋英樹、江口洋介

★インタビュー
・高畑充希「ココネとエンシェン。二人の女の子を声だけで演じ分けると聞いた時はかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督が“そんなに無理して変える必要はないです”と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました。ココネにはココネの、エンシェンにはエンシェンの正義を大切に。楽しく演じさせていただけて、幸せでした」

★『エンシェンと魔法のタブレット もうひとつのひるね姫』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『エンシェンと魔法のタブレット もうひとつのひるね姫』の感想

●無料ホームシアター 
「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」は、映画にも出てきたおとぎ話の総集編+アルファって感じのお話。主人公・ココネの夢の中のお話の前日譚です。製作陣も本編と同じメンバーのようで。「ひるね姫」の補完が出来るかなぁ~なんて思って借りてみたんですけど、補完どころか疑問が増えました。オーソドックスなストーリーだったかも。高畑充希の声は好きなんですが、子どもの役だと違和感があったなあ。
●シネマトゥデイ
それにしてもこの作品の世界観では普通にタブレットもでてくるし、やっぱりイマドキの子にウケるにはベタな魔法中世世界じゃダメなんでしょうかね。そう考えると、映画「ひるね姫」では、その部分がカット、あるいは結構短くなるんじゃないかと思うんですよね。どうせならまとめてほしかったというのが正直な気持ちですが、そこは大人の事情があるのかな。観る人は少ないけど補足としてはそれなりに大事なので扱いずらいね。
●CRUNCHYROLL
「ひるね姫」を見に行く人は、「エンシェンと魔法のタブレット」を見といた方がいい作品だなーって思いますね。というのも、小説版では、現実の世界の話だけでなく。ハートランド王国の話も、結構ボリュームをもって書かれているんです。そして、今回の「エンシェンと魔法のタブレット」は、小説の序盤~中盤で描かれているハートランド王国を映像化したものなんですよ。そういう視点を理解したうえで見るのがいいと思います。