バイバイマン(2017)

その名前を知ってはいけない

映画『バイバイマン』のフル動画を無料視聴する方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『バイバイマン』を見るなら動画リンクをチェック。

アメリカのホラー作家ロバート・デイモン・シュネックによる「The President’s Vampire」収録の短編「The Bridge to Body Island」を原作とした、不気味な都市伝説に基づく超常現象を描いたホラー。製作総指揮にはセス・ウィリアム・マイヤー、パトリック・マーレイ、マーク・D・エバンス、ドナルド・タンなどが名を連ねる。アメリカのウィスコンシン州。ある3人の大学生が、大学のキャンパスから少し離れた場所にある古い屋敷に引っ越してくる。その屋敷には絶対に明かしてはならない秘密があった。そして、その屋敷に巣食う謎の存在「バイバイマン」を解き放ってしまう。それが恐怖の始まりであった。バイバイマンは、その名前を知ったもの、そして口にしたものに死をもたらすという恐るべき噂があった。

原題:The Bye Bye Man / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年7月8日 / 96分 / 制作:Huayi Brothers Pictures / 配給: / 製作費:740万ドル / 興行収入:2400万ドル

「バイバイマン」予告

(C)2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『バイバイマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

その恐怖に耐えられるか
いつもの日常が一瞬にして恐怖に塗り替わっていく恐ろしいパニックスリラーはそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。いろいろなサービスがありますが、基本は同じ。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。双方ともにOKですので、自由気ままに確認してウォッチしましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
あなたは初めての利用者でしょうか? だとしたらそれは最大の利点になります。初回無料のトライアルが健在です。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「バイバイマン」の視聴はダメです。最近は厄介になる一方です。サイトを開くと困った事態が発生します。誰でも広告がしつこいほどに表示されるとげんなりですが、それで終わらず、さらなる深刻な有害性がある本当に頭にきます。これでは不愉快になるのは避けられないです。現実的に合法的にも理想的にも、最良の正攻法はいつでも変わらないので、過ちを犯さないようにしましょう。

どれを選べばいい?
劇場公開作品もいつかはネット配信になるものです。何気なく待っているうちにそのときはあっけなく訪れます。一方で、VODを取っ付きにくくしている難点として、複数社がサービスを展開していてどれが良いのかさっぱり見当もつかない状況になって結局お手上げになることも。「バイバイマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VOD自体が明快に配信通知システムを広く展開してくれると嬉しいのですが、現実的に厳しいので、まずはこのページで配信確認を補助して視聴の準備に使ってください。もちろんこのサイトは何も登録は求めません。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。配信サービスを示すアイコンがズラリと並べば、そのぶん選択の幅が多いです。その中でも未利用のものをセレクトして無料視聴へGOです。

邪魔な広告は無し!
いい加減に視聴中に広告が不格好に邪魔してくるのはうんざりではありませんか。そんなものに付き合っていたら最悪です。そもそもそういう広告はたいてい違法性の高いものであり、加担しようものならばあなたにもリスキーです。アクセス記録は残っているので足がつきます。綺麗な身でいたいならフルムビバースの安全空間にようこそ。「バイバイマン」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

パスワードは大事
バリエーションが売りとなるVODはとても魅力的。利用者も老若男女さまざまで、そのユーザー数も桁外れ。でも「何からすればいいの?」とオロオロしている人はいるでしょう。まずはアカウント作成が必要です。メールアドレスさえあれば簡単にできます。気をつけたいのはパスワード。安易に他サービスでも使ったパスを流用しないでください。リスト攻撃という種類の不正アタックで、大事なアカウントが乗っ取りの被害に遭う危険性があります。安全な「バイバイマン」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「バイバイマン」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「バイバイマン」も無規制で。

『バイバイマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バイバイマン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ステイシー・タイトル(関連作品:『最後の晩餐 平和主義者の連続殺人』)
脚本:ジョナサン・ペナー
撮影:ジェームズ・ニースト
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

★キャスト
ダグラス・スミス、ルシアン・ラビスカウント、ダグラス・ジョーンズ、キャリー=アン・モス、フェイ・ダナウェイ

★『バイバイマン』の評価

IMDbRTMETA
4.323%37
映画comY!FM
3.43.783.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『バイバイマン』の感想

●FILMAGA  
精神的に迫る怖さで、近年の洋画ホラーとしては面白かった。タイトルにもなっているバイバイマンという名前を聞いた人は幻聴や幻覚に襲われて絶対に死ぬという俗に言う都市伝説を元にしたホラーで、シンプルな設定がいい感じ。呪われると精神を蝕まれるような幻覚が見えるようになるのですが、主人公組が惑わされていく過程がかなりリアル。救いのない終わり方といい、結構、人を選ぶけど、好きな人は好きなんじゃないかな。
●ユナイテッドシネマ  
名前を言ってはいけないあの人といえば、某ファンタジーだけど、こっちはホラー。原題の『The Bye Bye Man』は作品に登場する”悪魔の名称”で本編でも主に「do’t say it,do’t think it」という不気味な用語が繰り返し多用される。中盤の家中に殴り書きされてる場面はさすがに背筋がゾッと凍りました。バイバイマンをやっつける唯一の方法はあまりにも悲しい結末だけど、それまでの攻防にはパニックスリラー感がすごいのでなかなかのスリル。
●DAILYMOTION 
君の名はバイバイマン。こういうルール性のあるホラーはリアリティを出すのが大変です。本作はバイバイマンの幻覚に翻弄されるばかりで、そのリアル部分にはだいぶ反則技で誤魔化してる気がします。序盤、偶然「言うな、考えるな」のフレーズがひたすら書き連ねられているナイトテーブルを見つけてから、実際に「バイバイマン」と言葉に出すまでがピーク。どちらかといえば短編向きだったと思うけど、たまに観る分にはいいホラーです。