おじいちゃんはデブゴン

年はとっても、まだまだ現役!

映画『おじいちゃんはデブゴン』のフル動画を無料視聴する有利な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『おじいちゃんはデブゴン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:我的特工爺爺 The Bodyguard / 中国・香港(2015年) / 日本公開:2017年5月27日 / 99分 / 制作: / 配給:ツイン

「おじいちゃんはデブゴン」予告編

© 2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『おじいちゃんはデブゴン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ワクワクはそこにある!
古くからファンに愛されている俳優の名演が光る想いの詰まった作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信はメリットも無数。例えば、店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業も必要なし。面倒な手間暇をかけている時間がない忙しい現代人にこそ、この映画視聴の絶大な味方になるサービスはオススメできます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料だし同じような映画ばかりじゃないの?」「旧作という味気ない退屈さでガッカリするならすぐにやめるけど」いいえ、そんなことはないです。配信作品数は1000以上は軽く超えることが普通。まず見きれないと思います。新作も順次追加されているのですから。サモ・ハン監督のアクション魂がある「おじいちゃんはデブゴン」もアリ。

ダメサイトは痛い目をみる!
なお、巷に溢れる恐ろしい異物がジワジワ攻めてくるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それでジャクリーン・チェン出演の「おじいちゃんはデブゴン」の鑑賞はダメです。動画が何度も連続的に停止するのは嫌でしょう。3秒流れてまたストップ、4秒流れてまた固まる…。全然完了する気配もないような…。そんなことになったら軽ブラウザを使えばいいのかと思うかもですが、危険動画ウェブサイトはそんな打開策は通用しません。使った時点で負けです。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。登録したくなりましたか? 動画を見るぞと思っても一旦ストップです。どのサービスが良いのでしょうか。映画でさえも配信のラインナップは毎日毎週容赦なく変わってます。チャウ・ユーチェン出演の「おじいちゃんはデブゴン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらのページは各VODの配信状況をできる範囲ではありますが、インフォメーションとして反映させるように掲示しており、更新も行っているので、ヒントにしながら確認作業を円滑に進行させることができます。ネットの検索に引っかかるランキングページやアンテナブログページへのリンクを張っている他サイト。あんな時間を無駄にする誘導コンテンツはここではノーサンキューです。無料体験の有無は常時確実性を保障できることはないのですが、というのも結局は権利などの兼ね合いになってくるのでサービス運営側の判断になります。利用者ができるのは飛びつくことのみ。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このジャンルがすごく気になっている」そんな興味関心に答えるように細かくカテゴリを用意しています。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。伝説的な実績がある「サモ・ハン」監督作を調べるも良し。客観的な分析に使えるレビューの評価得点を参考にするのも良し。独自のアプローチが光っている感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

パスワードは大事
バリエーションが売りとなるVODはとても魅力的。利用者も老若男女さまざまで、そのユーザー数も桁外れ。でも「何からすればいいの?」とオロオロしている人はいるでしょう。まずはアカウント作成が必要です。メールアドレスさえあれば簡単にできます。気をつけたいのはパスワード。安易に他サービスでも使ったパスを流用しないでください。リスト攻撃という種類の不正アタックで、大事なアカウントが乗っ取りの被害に遭う危険性があります。安全な「おじいちゃんはデブゴン」動画体験をするには必ず欠かしてほしくない大事な基礎ルールです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ウィリアム・フォン出演の「おじいちゃんはデブゴン」鑑賞完了後に解約もアリ。もし解約が困難な仕様だったら…と不安がるのも理解できます。けれども解約は1分もかからない短時間で完了します。各サービスによって細部は異なりますが、基本は同一。まず用意された解約ページにアクセス。登録情報を入力して本人確認します。続いて「契約を解除する」を選択。その後に本当にそれでいいのかと忠告が表示されたり、アンケートが画面に出たりしますが、テキトーに進みます。それで終わり。電話をすることもなし。あっという間です。

その動画サイトは使える?
ユン・ピョウ出演の「おじいちゃんはデブゴン」を無料で見れますと紹介するページはネット上にたくさんあるかもしれません。しかしその中で以下のような動画サイトサービスをレコメンドしているのなら要注意です。「miomio」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「vidoo」「openload」…これらは一例です。なぜこのサイトたちが問題なのかと言えば不法コンテンツの溜まり場だからです。利用規約風な文章を乗っけて自己責任を明示しているものもありますが、その違法性はそのようなテキストでは回避できません。動画のあるなしに関わらず立ち去った方が無難です。

『おじいちゃんはデブゴン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月26日時点での『おじいちゃんはデブゴン』の動画配信
  • 「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『おじいちゃんはデブゴン』をさらに知る

香港映画界の重鎮サモ・ハンが20年ぶりにメガホンを取り、主演も務めたアクション映画。製作にはアンディ・ラウ、ビル・コン、チャイ・プイワー、アイビー・ホーなどが名を連ねる。故郷の村でひとり暮らす66歳の退役軍人ディン。初期の認知症と診断されたディンが唯一心を許していたのが隣に暮らす少女チュンファだった。それくらいしか今この状態で信じられる人はいなかった。一方で、少女には彼女は彼女で問題を抱えていた。チュンファの父レイは、ギャンブルで中国マフィアから多額の借金を抱えており、マフィアのボスであるチョイから借金返済を待つ代わりに、ロシアのマフィアから宝石を奪うというあまりにもリスクのある危険な任務を与えられていた。ところが、奪った宝石を持ち逃げしてしまう。しかし、それは当然のように危険な状況に発展し、激怒したチョイは娘のチュンファ誘拐を画策するが、その計画をディンが老人とは思えぬカンフーで周囲を驚かせながらも阻止する。記憶は薄らいでも拳法の腕前は落ちていなかったディンは、マフィアたちを掃討するため立ち上がる。

★スタッフ
監督:サモ・ハン
撮影:アンディ・ラム

★キャスト
サモ・ハン、ジャクリーン・チェン、チャウ・ユーチェン、ウィリアム・フォン、ユン・ピョウ、ユン・ワー、ツイ・ハーク、ディーン・セキ、エディ・ポン、アンディ・ラウ

★『おじいちゃんはデブゴン』の評価

IMDbRTMETA
5.9??%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『おじいちゃんはデブゴン』の感想

●FILMAGA 
「燃えよデブゴン」シリーズではないのですが、リスペクトというか、懐かしさは感じる一作です。年齢を重ねたサモハンの言葉少なくして表情で伝える演技とカンフーにグッとくるのは記憶補正というやつですが、それでも良いじゃないかと思えるのも事実。関節技中心のアクションが大きな見所ではあるけれど、途中からコマ送り風の映像処理になるのはしょうがないとして受け止めつつ、老いても努力する姿勢に喜びと希望を感じました。
●ユナイテッドシネマ 
サモ・ハン・キンポーも年をとるんだな~という当然の事実を知ってしまったのだけども、元気そうだからいいか。さっき食べたご飯のことさえも忘れちゃう残念な姿でも、そこにいるのはあの伝説の人。派手なアクションは無理だけれど、圧倒的な存在感はさすがの貫禄。そして、強い。前から思っていたけど、アクション俳優は加齢で弱体化することはありえないですよね。シークレットで様々な往年のスターたちが出てるのも見どころ。
●イオンシネマ 
孫娘と認知症のサモ・ハンとの交流を描いたハートフルなドラマで、アクションは薄め。ドラマパートではボーッとしているサモ・ハンが、アクションシーンでは気持ち良いくらいバッキバキやっちゃってるので、そのギャップを楽しめるから、結果、オーライ。ユン・ピョウは警察官役。捜査会議などの場面でちょこちょこと顔を出していたので「なんだこれだけか」と思っていたら、終盤、そこでかよ!という登場。良いね~、これ。