シンドラーのリスト(1993)

スピルバーグが描く、ホロコースト

映画『シンドラーのリスト』のフル動画を無料視聴する便利な方法を一発でわかるように視覚的にレコメンドしています。
今すぐ『シンドラーのリスト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Schindler’s List / アメリカ(1993年) / 日本公開:1994年2月26日 / 195分 / 制作:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 製作費:2200万ドル / 興行収入:3億2100万ドル

映画「シンドラーのリスト」劇場予告
動画
▼動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 字幕or吹替

VOD2【Hulu】 ノイズ無し

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『シンドラーのリスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用している人も多く!
人類が過去に犯した負の歴史をまざまざと見せつける意味の大きい大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、昔の映画でも気軽に見られる手軽さが多くのユーザーをひきつけています。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それはすでに過去の手法。今後もこの流れは続くでしょう。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。スティーブン・スピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」もアリ。

それはひっそり迫ってくる!
不正な動画ウェブサイトはどういう事情が背景にあるにせよ適法性・実用性の二点で非推奨。リーアム・ニーソン出演の「シンドラーのリスト」はアウト。常設や市販のウイルス対策ソフトでなんとか危険は回避できるのではないの?と思っている皆さんは認識が甘いです。これはもう深刻な問題に直結します。こういう不利益をもたらすサイトを完全にバスターするなどはできず、たいていは防御システムの穴をすり抜けて、有害な影響を与えてきます。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

あなたの選択は自由!
作品のデジタル普及は近年になって著しく拡大し、VODはそのメインストリームとして市場を牽引しています。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。ベン・キングズレー出演の「シンドラーのリスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人の見たい映画は個人で違うものです。世間が騒ぐ作品を視聴したい要望も、マニアックな珍作を求める声も全部拾うなら、大変なことですが、VODの入り組んだ配信状況はここで確認してください。今日の状態の把握はさすがに反映しきれませんが(サイトが重くなるので)、可能な限りの情報更新をするので、配信を追いかけやすいです。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでそれらを制限してしまうシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

家族と仲良く
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「過激な内容とか、アダルトな映像だったら、どうする?」という疑念です。細かく設定可能なフィルターはないですが、その代わり、子ども仕様にアカウントを切り替えることができます。これで大人向けの作品が表示されることはなくなります。家族で好みも違うので、私はこれが見たいという需要があるときに、喧嘩するかもしれませんが、使い分けでトラブルも回避できます。逆に中には完全な大人オンリーの動画を集めたサービスも別個にある場合も。「シンドラーのリスト」は大人のサポート必須。

フェアにオススメします
他の配信動画紹介サイトでよく見られる光景は、サービスをズラリと掲載しつつも、結局はひとつのサービスだけに固執して推薦してくるパターンです。それは個別のレコメンドにまで配慮が行き届いていません。あまり倫理的にも喜ばしい状態ではないでしょう。フルムビバースの場合は、視聴可能なVODを情報に基づいて示して、該当動画リンクへと促すだけ。フェアであることを最優先にしているので、公正さについてはどこよりも自信があります。単純にレイフ・ファインズ出演の「シンドラーのリスト」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングして大満足につながるディープな出会いをしっかり届けていきたいと思います。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。キャロライン・グッドオール出演のホロコースト映画「シンドラーのリスト」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に絶賛されているインパクトのある映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
エンベス・デイビッツ出演の歴史大作としてもまず名前が挙がる「シンドラーのリスト」を無料で見る場合のよくある質問がこれ。「dailymotion」で見つかりますか?「Miomio」で探しているのだけど?「openload」で教えてください?「vidia」の動画はある?「clipwatching」の動画は発見できますか?「mixdrop」の動画を提示して? あらかじめ忠告しておきますがそういうものは意図がどうであれ極めてブラックに近い行為ですのでこちらは関与もしません。本サイトは合法かつホワイトなサイトオンリーでの紹介です。動画は健全なものに限ります。そのことはしっかり肝に銘じておいてください。

『シンドラーのリスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月2日時点での『シンドラーのリスト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『シンドラーのリスト』をさらに知る

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスによる組織的大量虐殺(ホロコースト)から救った実在のドイツ人実業家の姿を描いた大作。製作総指揮はキャスリーン・ケネディ、製作はスティーブン・スピルバーグ、ジェラルド・R・モーレン、ブランコ・ラスティグ。1939年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、一旗揚げようとこの街にやって来た。そこは戦争の中で混乱しているが、それでもいろいろなチャンスがあるはずだと思っていた。彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、上手い具合に自分の立場を手に入れて、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。

★スタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『ジュラシック・パーク』)
脚本:スティーブン・ザイリアン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★キャスト
リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドオール、エンベス・デイビッツ、マルゴーシャ・ゲベル、シュムリク・レヴィ、アンジェイ・セヴェリン、フリードリッヒ・フォン・サン

★『シンドラーのリスト』の評価

IMDbRTMETA
8.997%??
映画comY!FM
4.1???4.1
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『シンドラーのリスト』の受賞
第66回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、美術賞を受賞。

★『シンドラーのリスト』の感想

●映画無料夢心地
「紙の外は死の淵だ」それは壮絶な世界。一部の人間の命令によって大勢の人の命が取捨選択されていく。それを救えるのはたったひとつの書類。シンドラーのしたことは確かに凄いが、事務作業で人の命運が決まってしまう現実は恐ろしい。モノクロで3時間超の大作だが、何回でも観る価値がある。「あと1人、あと10人救えた、このバッチで人間1人だぞ」そのセリフが意味するのは、平和と戦争が隣り合わせに存在していることなのかもしれない。
●FILMAGA
当初は格安で人員を雇えるということでユダヤ人を雇っていたシンドラーであるが、徐々に救いたいという気持ちに変わってゆき、最終的に自分の全財産を使ってでもユダヤ人を1人でも多く救いたいという気持ちに変化していく。労働は人を救うというこの映画の示す概念は、ブラック企業が蔓延している日本に痛烈な皮肉として響く。企業は労働者を暴力や差別から救わなくてはいけない。決して企業が暴力や差別をする側になってはいけないのだ。
●ユナイテッドシネマ
これぞまさにスピルバーク監督渾身の力作でしょう。監督自身がユダヤ人であり、制作する資格と使命を持ち合わせていたと思いますね。「今ならユダヤ人を殺せるぞ。殺すか、人間として家族の元に帰るか、どちらかを選べ!」人間とは何ぞやを鋭く訴えかけています。モノクロ映像の中に、パートカラーがあり、一つの命をしっかりと視覚に訴えるところなんかは、言葉を失うぐらいのインバクトがあり、この監督は天才だと思いました。